プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

twitter

studio

facebook

Az-ing lob

カレンダー

<< 2017/8 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:170
  • 昨日のアクセス:539
  • 総アクセス数:1849677

QRコード

EXR64S-Sis

cwxn6go986duhkdumk88_480_480-8c785727.jpg


EXR-64S-Sis


vi5crkr9zcx3ma9edjor_480_480-1e188c44.jpg

http://tict-net.com/product/sram_exr.html


●ティップタイプ:0.7mmカーボンソリッドティップ
●レングス:6フィート4インチ(194cm)
●仕舞寸:100.5cm
●標準自重:60g
●先径:0.7mm、元径:7.2mm
●リグウェイト: 0.2〜3.5g
●適合ライン: 0.8〜2.5lb(MONO)

※元径はフロントE.V.A前の数値




64Sといえば、、、


py3eotco3jf753yam3uw_480_480-0217ec6e.jpg

tz2hy46uuymbrrvisjz3_480_480-7af06100.jpg

記憶に新しい?

昨年末のトミー敦、ギガアジングの時の

相棒でした(もちろんプロト)




u3kbni2evyxcidjixcax_480_480-af898f8f.jpg

まあ、このときのプロトはまだかなりパワーがあって

なおかつ、超先調子(エクストラファースト)なテーパーでしたから

かなり尖っていたという表現が正しいかな?!   笑

したがって、それほど参考にならないデータなんですが^ ^;




weg6f4f2ozgi7s82g5hp_480_480-fe577463.jpg

最終的には、もう少し扱いやすいように落ち着いて

若干のパワーダウン、

なおかつエクストラファーストをファーストレベルまで落としました。


これにより、アクション的には

かなり UTR-61に近い仕様になっています☆


もちろん、カーボン構造などが違うので

粘りやトルク感といった部分で相違はありますが、

操作感としては近い印象になるかと思います。



パワーダウンというのに語弊があるかもしれないので、、、


デカイの獲れなくなったの?と言うとそうでもなく、

もちろんフィールド環境に左右はされますが、

純粋なファイトだけで言えば、しっかり粘って溜めて対応すれば

十分獲れる能力は残っています^ ^

(プロト時ほどの、強引かつスピーディには無理かも)




bvgzgmyzbnwpgj8my2kc_480_480-8f5f256e.jpg

まあ、

より尺〜レギュラーサイズが楽しめるようになった

お伝えする方が伝わりやすいかもしれません。



tg457xhupy2ctk273kmz_480_480-f845feda.jpg
vol.35


usbw2rhc8xic6frha7io_480_480-cb4566f2.jpg
vol.36


ここ最近のエージングラボでは、64Sのほぼ最終のものをずっと使っていますので、

ご覧いただける方は、ぜひ番組もチェックしてみてください☆



基本的な特徴としては

60Sよりも、もっとオールラウンドに使えるジグ単ロッドで

アンダー1gの軽量ジグヘッドから

Maxでは3.5gといった少し重めのウェイトまでカバーできますが、

一番扱いやすいのは 0.8g〜2g辺り になります☆



2pr9yhu7bsf38ntjcyvr_480_480-b5299666.jpg

漁港内はもちろん、外向きの常夜灯、少し足場の高いポイントなどでも

6フィート4インチというほど良いレングスが、

飛距離をある程度稼ぎながら

繊細な操作も可能、

また、アジを掛けてからは取り回ししやすい やりとりと

三拍子揃って実現します!




60S同様に0.7mmの極細カーボンソリッドティップを持ち、

fsg9m3omuiw3mm45t29o_480_480-4c05dd01.jpg

トップ〜ティップガイド群は番手3の極小ガイドを採用。


ティップセクション(#1)だけの重量では、5.3g と60S同様の軽さ!

60Sと変わらない軽快な操作感を筆頭に


1gのJHでもしっかりと反発を使ってキャストでき、

繊細な操作はもちろん、速めのリアクション、

慎重な寄せから、トルクを使った大胆なやりとりまで


4mkrjae74xxtsj87zymt_480_480-fc2c5bfc.jpg


ジグヘッド単体の釣りにおけるあらゆる操作を

高次元で実現できるロッドに仕上がっております^ ^



TICTロッド初めての方なんかにも

ジグ単なら真っ先にオススメしたい一本ですね♪



企画・デザイン 土居




--------------------------------------------------------------------

9482ts5u5otfcefi2iyp_75_75-cf89280a.jpg「TICT Facebook」
ページ検索「ティクト」or「TICT」で検索

www.facebook.com/tict.kochi



f9fn8ev2wpxtcifvgd8m_75_75-39354cb1.gif「TICT Twitter」
http://twitter.com/TICT_Kochi


fez5288zeuvrakx53n4d_75_75-389e7ad3.gif「Studio TICT」動画
http://www.youtube.com/user/studioTICT

コメントを見る

TICTさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ