プロフィール

TICT

高知県

プロフィール詳細


TICT HP

webshop

twitter

facebook

studio

Az-ing lab

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:410
  • 昨日のアクセス:643
  • 総アクセス数:2447966

QRコード

TosAz-ing ラボ。

  • カテゴリー:釣行記
土佐アジ、(少し)釣れています 笑

春シーズンの高知は、

●一部沖合からの回遊で釣れる良型のアジと

●湾内に居着いたアジが(少し)釣れる時期です。

前者はかなり突発的。エサ釣りの方でも回遊のタイミングとポイントを把握している方だけが釣られていて、毎年狙ってはいるものの、なかなかアジングでは思うように結果が出ません…。
こちらは釣れたらサイズは大きいということが多いので、引き続き狙っております!

後者は、高知の生態系の中では弱い部類に入ってしまうので
あまり数は望めませんが…
ここ最近ポツポツと釣れております。



潮の動きによって、ワームのアピール力を調整するため
ジグヘッド自体を変えて狙っています。

流れているときは、ブルヘッド0.6gといった軽いところを潮にのせ、トゥイッチでリフトし、ドリフトフォール。(流れに合わせて竿先を追従させます。)

あまり動いていないときは、ダートジグヘッド1.0g・1.3gで左右にダートさせ、スイッチを入れてからの、食わせの追従フォール。(ラインを張らず緩めずぐらいでジグヘッドの沈降に竿先でついていきます)

多用したアクションはだいたいこれぐらいですが、

高知アジのように数の少ないエリアでは、一番はこれにつきると思います↓



潮は左から右に流れているという仮定の図ですが、
バイトチャンスの少ない高知では「ここで食わすんだ」という
イメージ位置をつくってからのリグの投入、

そして、その位置にリグが入ったときに素早いフッキングをするための準備と言いますか「集中する」☆

これ大事です(笑)


今回は明かりの中というよりは、明暗の境目付近でバイトが多く、一匹目を釣った後も同様のパターンで続きました。




なので、リグが明暗にさしかかる付近では毎回「心の準備」(笑)

ルアーフィッシングは、「待ち」ではなく、いろんな部分でアングラー側から仕掛けていく「攻め」

アジングしかりで、ほんと楽しいですよね♪



また別の日にも行きましたが、状況が変わっていてアジはボウズ…

そのかわり、いろんなゲストが迎えてくれました!







企画開発 小松

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!