プロフィール

Apia

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:931
  • 昨日のアクセス:2041
  • 総アクセス数:5379630

APIA Homepage

代替テキストを記述

もう師走ですね! 献上真也


おはようございます。

献上真也です。


気付けば12月!もう師走ですね・・・。

あれだけ釣りに行ったにもかかわらず、まだ少し物足りないような(笑)
僕の場合は魚種に拘らず色々な魚を追い駆けて楽しむアングラーですので、余計にそう感じるのかもしれません。


少し早いですが、今年を振り返ると、一番釣行回数が多かったのはメバルだったのかな?と。


瀬戸内海は大型メバルを釣るには少々難しい部分もありますが、生息域も広く個体数も多い恵まれた海域です。

cuimckv4xt74ggbvub54_480_480-537e2bac.jpg



続いて釣行回数が多かったのが、アジ。
堤防や漁港、磯やサーフ、ボートアジングと色々な場所へ出掛けて楽しみました。

前回の更新の時の様に、大型のアジに想いを馳せるのも好きですが、個人的に大好きなのは南蛮漬けサイズを超真剣になって釣るスタイル。

大型は遭遇する事が難しいのが魅力的ですし、豆アジは手軽な場所に沢山居ても、フッキングに持ち込むまでの繊細なプロセスに魅力を感じます。

vj9eueft4o9xwnt6it5j_480_480-22cd16f9.jpg

ROD:APIA Legacy'SC AIR STINGER 63ULS
                     Legacy'BLUE LINE 63.5LXS
REEL:SHIMANO ULTEGRA C2000S,C2000HGS
LINE:Rapala Rapizm-X 0.09号
          YGK AMBERCODE SG 0.3号
LEADER:Rapala Rapinova Shockleader 5lb
JH:TICT アジスタ0.6g~1.3g
LURE:STORM 五目ソフトストレート「UVクリアピンク&チャート」


63ULSは、1g以下のジグヘッドを使用して流れの中をフワフワと漂わせて誘う釣りで好んでセレクト。

63.5LXSは、1g~2gのジグヘッドリグでボトム付近を中心に攻める場面で登板率が高く、例えばテトラや敷石が張り出した堤防などでアジを掛けても安心してランディングに持ち込めるロッドの張りとバットパワーを信頼しています。

3dvt6wakwiirbb4mt2ry_480_480-54eaaf54.jpg

次に多かったのが、チヌ&キビレでしょうか。
この魚達も非常に魚影が濃いエリアに住んでいるので、

TOPゲーム、チヌパラドッヂやジグヘッドリグを使用したボトムゲーム、ドーバー120F、バグラチオン等を使ったプラッギングゲーム、青龍や炎龍といったメタルジグを使用したバーチカルゲーム等、様々なリグやアプローチで楽しみました。

o9s5uzkpxxua3cxoxdyw_480_480-4249f5d8.jpg

LURE:APIA bit-V32 ストリキ


3fgcko8yansbgza47mkt_480_480-387d1c53.jpg

ROD:Legacy'SC BULL FORCE 80MT

ライトゲームを楽しみに行っている最中にも時々ヒットしたシーバス。
釣れる魚種を選ばない点もライトゲームの面白さのひとつですが、80MTはこういった想定外をクリアする能力に長けており、何が釣れるか分からない場所で、ロッドセレクトに迷ったらBULL FORCE 80MTを手にする頻度が高いです。


r3vbkjuyn3r4u8nc8cey_480_480-5a7b6dc1.jpg

LURE:APIA bit-V32 キビナゴ一文字

プレッシャーの少ないスポットを打ち抜く遠投ゲームで投げ込んだのが、ビットブイ。
高潮位でレンジを深く刻みたい場面や河川のブレイクラインや淵のボトムをダイレクトに攻めて思い出に残る魚を沢山釣らせてくれました。

スズキを追い駆け始めたのは確か14歳か15歳の時からですが、その頃から振り返っても、今年は一番釣行回数が少ない年だったのかもしれないな?と。

それ程、ライトゲームに傾倒してしまったのですが(笑)

大好き魚であり、大好きな釣りですので、季節の移り変わりの確認という意味でも色々な場所へ出掛けて豪快なエラ洗いを楽しみました。


bm2a6cxted3sfg5bi4by_480_480-c97e29fb.jpg

LURE:APIA LUCK-V イワシ

河川やサーフ等のシャローエリアでローテーションの要として大活躍してくれたのが印象的なラックブイ。

当初はベイエリアのストラクチャー打ちからテストしておりましたが、河川のウェーディングゲームで水深1m前後のボトムを軽やかに転がしてリアクションバイトを誘う。
といったタイトバイブレーション戦略が加わり、ミノーやシンペンで散々撃ち尽くした場所から最後の1尾やランカーを抜ける力には大変驚きました。

また、今年一番大きなシーバスを釣らせてくれたのも、この
ラックブイでした。

h49m88enan2gfwgsoccf_480_480-a657f212.jpg

LURE:APIA DOVER 99F イワシ

120mmに続いて99mmが追加されたのが、ドーバー。
120Fの完成度が高く、それを継承した99F。
小粒になった99mmで#4フック搭載の安心感で更に戦略の幅が広がりました。

一番驚いたのは、美しい飛行姿勢とキャストしていて気持ち良い飛距離。
時には120Fを超える飛距離を叩き出し、頼りになるルアーがローテーションに加わりました。


tbk6y977seg37xifxiay_480_480-695909e7.jpg

LURE:APIA LAMMTARRA コットンキャンディ


日々のフィールドテストを通して今年も色々な魚に出会えましたが、タチウオの話まで出してしまうと、キリがなくなるので、この辺りで(笑)


今年も振り返ると自分でも呆れるぐらい釣りに出掛けたなと(笑)

大好きな趣味を通して、巡り会った多くの御縁。
皆様の良きフィッシングライフへと繋がるものづくりに少しでも貢献できることを目標にFULL FORCEで2015年を駆け抜けました。


2015年12月9日

ライトゲームプロスタッフ 献上真也


それでは、皆様良いお年を!




 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!