いつも危険が隣り合わせ

こんにちは,キャンです!!


台風のせいで

釣れそうな雰囲気が作り出され(でも思うように釣れない)


寝不足を抱えているます…



台風前に怪我を負いながらもいい魚に出会えたときの話です






「最近あのポイントの地形やベイトどうなっているのかな~」


なんてふと頭をよぎった午後3時


本業を抜け出して車を走らせる




釣りはせずに下見だけのつもりが


たまたま,シーバスタックルとシードライブ(尻尾無し)

だけが車に積んであったので持って行くことに

勿論ライフジャケなどは無しです

スナップもいらずの直結www





流れの緩むところで鳥を発見!!

こういう情報が欲しかった




ぷらっとシードライブを流しながら歩く…



シードライブが足元の流れ込みを通過した




そのとき




ブラックバスの如く姿を現したシーバスが


俺のシードライブを加えて反転した…猛汗




きつめに締めたドラグを滑らせ走っていく


寄せるのは難なくできたがここで問題が


・ランディングツールがない

・水面までがバスボート並の高さがある

・引っこ抜けるサイズではない



さてどうしよう?

術は3つ

1. 50mぐらい下流の階段まで散歩させてる

2. バサーの如く体を投げ出してランディング

3. 膝上ぐらいの水深に飛び込む





キャンは2番を選択した



膝をつき手を伸ばすがギリギリ口に届くか届かないか


もう少し,もう少し








ぶすっ










俺の親指にシードライブのフロントフックが刺さってしまった






ikobb6fv44vuhdnxxudi_480_480-18470434.jpg
↑こんな感じwww


シードライブによって俺の親指とシーバスが連結されてしまったのである






ここからは気合で乗り切るしかなくなりました


空いている右手でシードライブを掴み


全てを持ち上げる



なんとかランディングは成功




親指への刺さり具合を確認


爪の付け根から爪の1/4ぐらいまで刺さっているwww(笑い事ではない)


よくある貫通させてカエシをつぶす的なことは不可能


刺さった方向に抜くしかない




変なアドレナリンが出ているせいか痛みはあまり感じずに


ぶっち


という嫌な音を立てて針は抜けた(超絶安堵)




何とか最悪の状態は抜け出したが

俺の爪が心配である…


このまま腐っていくのか…


病院に行かねば!!


はて?何科?


急いで納竿し,向かったのは


以前行ったことのある皮膚科



俺の心配をよそに病院の先生はいたって冷静


先生「抗生物質塗って,飲み薬飲んでればすぐよくなるよ」



キャン「爪の下に刺さりましたけど…俺の爪大丈夫ですか…?」



先生「大丈夫!大丈夫!,もし膿んでくるようだったらまた来てね~」


いやいや膿んでからじゃ遅いでしょ~


とか思ったが,こっちも冷静を装い帰宅です



実際痛みは翌朝には無くなり

3日後には水作業も絆創膏なしで大丈夫

今は傷跡が少しあるだけでほぼ完治しました


めでたし,めでたし.



長くなりましたが以上です












あ,シーバスの写真忘れたwww


psmmw2sdper9tdd5tehn_480_480-0b81e818.jpg


黒金に輝いたいい魚でした
もちろん,メジャーも無し,何かで代用する余裕ないのでサイズ不明www






 

コメントを見る

キャンさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!