プロフィール

シノビー

秋田県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:40
  • 総アクセス数:411018

QRコード

5xjyxxwdjaom348y3chd_180_240-abfda3be.gif banner_w10.jpg

aventura!

  • カテゴリー:釣行記
「来年は、もう一人連れて来まっセ~」

そう言って別れた昨年。

秋晴れの空の元、年に一度訪れる「西」の 仲間が秋田の地に降り立った。
7idxckbrg46xa8dyjykf_920_690-bb84388e.jpg

今回は約束通り、crazy&coolな仲間を連れ て来た。

ここまで、crazyな連中が集まると、釣りは 確実にcrazyなものへとなって行く。

「普通じゃない。」

そんな釣りがとても好きな私達は、全員サ ラシを好む。 釣れても釣れなくてもサラシが有るだけで 興奮するし、その中にルアーを通している だけでも、楽しいのだ。

そんな我等は、キャンプ場に本拠地を置き 、磯を歩く事にしていた。
yaugousye2fdgw5tar9w_920_690-a5f08a9e.jpg

その前に、私の隊長に会わせなくてはと、 皆で飯を食った。 変わり果てた隊長の姿に、ビックリしてい たようだが、元気な姿に胸を撫で下ろして いた。

地元の人に会って地元の釣りを感じる事も 遠征での一つの楽しみだと思う。

到着直後、楽しい時間を過ごしたが、あっ という間に夕方になってしまった。

テントを急いで張る。
tucsek9f93yfcvau2xdm_690_920-73f11b8c.jpg

明日は強風の天気予報。 ペグをしっかり打たなければ、飛ばされて しまう。

そう。

今回、天候が不安定で、いつまで釣りが出 来るか分からない情況ではあった。

テントを張り、軽くナイトシーバスへ向か う。

ノーバイトだったが、明日へのいい準備体 操。
rtttpd97wyad8ebrmtnr_920_690-bcb472a4.jpg
t2po39t5x4r24e488d5j_920_690-2d5a22fe.jpg
激安のきりたんぽ鍋を食べ就寝。 翌日に備えた。

翌朝。

天気予報は、2m→5m。

確実にどこかのタイミングで急激に天候が 変わるような予報。

早い段階で結果を出さなくてはいけない。

サラシのエキスパートである彼らは、良い 場所へ導かれるように進んでいた。

すると、いきなりロッドが曲がる。

いきなりやってくれた。
etig7eienrkz9zbmmru6_920_872-da180c85.jpg

こちらの磯鱸は、ヒラ鱸に近い動きをして いる。

そう彼は言っていた。
2uthzvmehwnjww333fdt_834_512-988daa79.jpg

この魚を釣った後、反応が無くなった。
5x4a2kos35ayueg4ws7m_837_576-7a24578f.jpg

天候がみるみる変わり、非常に釣りにくい 状況となっていた。

波も高くなり、表ではもう釣りにならない 状況。

裏側のサラシ。

私の思うコースに投げ入れトレースしてみ る。 巻き返しの波が落ち着いている所だ。

応答は早かった。
7c5o586apmfrfdibavcz_510_558-76593237.jpg

ラインスラッグが張り、、バイトだと確信 した。

高い磯をかわしランディンング体制に入る ・・・・・・・・・・・が・・・・・・・ ・・・・・・・・ p7vfg3ow9js6ox3u33o4_450_329-7a5c808c.jpg

後はご想像にお任せします。


そうこうしている内に、ドンドン波は高く なる。

防波堤を越える波しぶき。

立ち位置を飲み込むウネリ。

そんな中見えた一筋の光。

「ラストチャンスや!」

そう言って磯を駆け抜け、生命の渦にルア ーを放つ。
kasp6oeb2tbyxy62v5tc_460_304-86fbcfc0.jpg

大きく曲がるロッド。 「遂にやった!!」

そう言って、僕ら二人は自分の事のように 喜び、ガッツポーズ。

魚が吸い寄せられるような感覚を覚えるや り取り。

あんなにきかん坊な、ワラサをコントロー ルして、スリットやハエ根をを交わす、流 石のやり取り。
r9jvog56o9mjixrw9vsg_920_744-c17b09a2.jpg

見事な魚だった。

暫く経つと、またチャンスが訪れた。 一撃。

暴風の中のキャスト精度と、魚を反応させ るアクション。 そして、流れるように寄ってくる魚。

見とれてしまっていた。
fsr3wm5tf9v7pc9hgtau_920_562-99d63eab.jpg

この日は、この魚が最後。

キャンプ場に戻り、有り難く頂く事とした 。
86cdr9mu838ze3octvv8_920_690-cfb3e830.jpg
tjz9jcbnnu2yd6pcz8v5_920_690-52d3c22c.jpg

刺身、鍋と、秋田の海の幸を堪能した。

楽しい夜。

しかし、長く続かないのが、自然の中の旅 。

風が回り込み、突風が吹き荒れ、キャンプ 場の管理棟に避難しなければいけない状況 になってしまったのである。

この日は、管理棟で一夜を明かした…

続く。




Android携帯からの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!