プロフィール

しまっ

香川県

プロフィール詳細

本館は↓コチラです

深夜釣行.com

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:72
  • 昨日のアクセス:47
  • 総アクセス数:312832

検索

:

QRコード

巨大魚ピラルクー(後編)

  • カテゴリー:釣行記
  • (怪魚)
(前編からのつづきです)


右へ左へといいように走られながらも、時間を掛けてやっとこさ近くまで寄せたが、ここからが大変だった。


目の前にやっと浮いたかと思えば、ものすごいパワーで反転。

 

必死で腰を落としていなす。

 

ラインはPE4号にリーダー90lb、その先にはワイヤーリーダーも付けてある。

 

それでも不安になったので、ドラグを少し緩めて魚が弱るのをじっくり待つ事にした。



グリップエンドを下腹に当て重量感タップリの引きに耐える。
(ヘッピリ腰で)
 
 
 
その巨体を見てちょっぴりビビッてしまう俺。

 


こんなのどうやって取り込むんだよぉ・・・
 
 
 



巨体を半分ぐらい水面から垂直に立ち上げての激しいエラ洗い。
 


しかも目の前!


これはモノ凄い迫力だった。


どうやらルアーは丸呑みにされているようだ。
 
 
 
 

必死の攻防の末、ついに力尽きた様子のピラルクー。
 
 
しかしこれ、そのネットに入るの?
 
 
ピラルクーの頭をネットに誘導。
 
 
頭が入ったところでリールのベールを起こしラインを緩める。
 
 
入った! やった!
 
 
ファイト時間は4・5分か?
 
 
意外と早く勝負がついた。 
 


やりぃ♪
 
 
疲れた~
 
 
ってか・・・
 
 
 
デカイぞ、コレ 
 



人間サイズの魚なんて、もちろん初めて。
 
 
思わず添い寝で写真を一枚。 
 


腹周りの太さもスゴイ!
 
 
俺のたるんだ腹周りよりさらに太いんじゃね?
 
 
それに古代魚さながらの姿形。
 
 
大昔にこいつが進化して恐竜になったんじゃなかろうかとも思える大迫力の巨体だ。 
 


赤くて大きなシッポも大迫力 
 

”お姫様抱っこ”でブツ持ち写真を撮りたかったのだが、重くてとても持ち上げられない。
 
 
それでも無理やり抱き上げようとしたら、魚が大きく暴れて自分が後ろに吹っ飛ばされた(怖っ)
 
 
横殴りの頭突きでアバラ骨を折られた例もあるのだとか・・・
 
 
 
 

なんとか頭だけを抱え上げて、エイジ君に写真を撮ってもらった。
 
 
 
ちなみにピラルクに使用したタックルは以下の通り
 
 
 

ロッドは7フィートの古いジギングロッド。(結構硬い)
 
リールはツインパワー8000PG(旧モデル)
 
メインラインはPE4号
 
ナイロンリーダー90lbにワイヤーリーダーを接続
 
ワイヤーリーダーとルアーはスプリットリングで接続した
 
ピラルクーのヒットルアーは、STORM Kickin' Slab
 
フックはカルティバST-66 #2
  
 
エイジ君にひととおり写真を撮ってもらってからリリース完了。
 
やったぜ、ありがとう!
 
この一匹だけでも、タイまで来た甲斐があったヨ^^
 
もう満足!
 
 
見たかゲンキマン
 
これがピラルクーってヤツだぜ~(^-^)v
 
さっきゲンキマンが釣ったのは雷魚じゃね?(^皿^)
 
どうやら今回の遠征は俺の圧勝のようだな。
 
 
 

 さぁこの魚が出た事で心中穏やかでないゲンキマン。

 
一人で向こう岸に行って黙々と釣りをし始めた。
 
 
 

ふっふっふ、分かりやすい男だ。
 
背中から焦りのオーラが噴き出しているぞ。
 
 
そんなに焦っていたら、釣れるモンも釣れねぇだろ。 
 
 


しかし、それでも釣りのリズムを組み立て直して魚を掛けてしまうあたりは流石だ。
 
 
 
しかしこれは大型のピラルクではなさそうだな。  
 
 
 

尻尾が見えた!
 
 
 
この赤い尻尾は、レッドテールだ! 
 
 
うん、間違いない。
 
 
 

レッドテールキャットフィッシュというナマズの仲間だが・・・
 
 
 
なんか様子がおかしくないかい?  
 
 
 

 出た~
 
 
 
ゲンキマンの得意技
 
 
アナルフoキング~(爆) 
 
 
この技は誰にでも真似はできない。
 
 
さすがはゲンキマン (^m^)  
 
 

 エイジくん、写真撮ってー♪
 
 
って
 
 
どうせならケツの穴にルアー刺さったまま撮ろうよ(笑) 
 

 

さてと、ゲンキマンがナマズのケツの穴掘って遊んでいる間に、トドメの一撃を狙うとするか。
 
また見えピラルクーが居ないかなーと探しながら、一人で池を一周してみる。
 
すると、背後でなにやらものすごい水音が聞こえた。
 
今まで釣りをしていた池ではなく、すぐそばにあるクリークの方からだ。
 
何事かと思い振り向くと・・・
 
 
 
 
 

 
ドバシャン!
 
 
 
 
 
 
何者だこいつは! デカイぞ!
 
 
 
 
 
 
そんな水路の隅に隠れていやがったのか!
 
 
 
 
 
 
ロッドを持って恐る恐る近づく
 
 
 
 
 
 
見失わないように
 
 
 
 
 
 
謎の巨大生物
 
 
 
 
 
 
その正体は
 
 
 
 
 
 
 
 

モゥモゥさんでした
 
 
 
 
 
ははは、暑いからね・・・





つづく
(続きは明日アップ予定)

コメントを見る

しまっさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!