プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:14
  • 昨日のアクセス:36
  • 総アクセス数:1063889

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

ニコ生ダイジェスト&御礼

  • カテゴリー:釣行記
  • (OTHER)
まず初めに先週25日に放送させて頂いたfimoニコ生釣り実況をご視聴頂いた皆様、長い時間お付き合い頂き誠にありがとうございました。


また、番組中に多くの応援コメントも頂け感謝の気持ちで一杯です。



今回のfimoニコ生釣り実況、昨年の秋に引き続き自身2度目の出演となりましたが、今回も生放送中に納得のいく結果を出すという事の難しさを改めて痛感する内容となってしまいました。




それでも、fimoスタッフの大西さん、永野さん、フィールドサポーターとして共に出演して頂いた小沢さん、また多くの仲間の支えもあって今回もなんとか番組を成立させる事ができました。





ここからは簡単にですが当日の模様をダイジェストにて。




やっぱり生放送の取材となるといつも通りとはいかず、独特の緊張感に包まれながらオープニングがスタート。

cefd5uhuxarupiduf3a8_480_480-5be7e8db.jpg



バチ抜けシーズン最盛期を迎えた都内河川、潮回り的にも最もバチが抜けるであろう後中潮初日という事もあり、番組開始1時間前に現地入りした上げのタイミングからバチの姿もチラホラと確認できるといった状況でした。



そして、番組開始15分程前の下げの効き出しからバチを捕食するシーバスのモジリも何度か確認できるといった中での実釣スタートとなり、直ぐに反応が出せてもおかしくはないタイミングではありましたが、まだまだ緊張感が抜ける事はなく、説明に手一杯といった感じで完全にリーリングスピードが早くなった序盤(笑)

374wyxhn6xnyxr2fa9uw_480_480-8e6555d0.jpg



それでも徐々にペースを戻していって少し時間は掛かりましたが、本日1本目をキャッチ。



アベレージを下回る40cm程のサイズでしたが、撮影時の1本目となると気持ちを落ち着かせてくれるといった意味でも自分の中では非常に大きな1本でした。

zysn9wfxmzrp72fxnpcx_480_480-b488a842.jpg



ヒットルアーは河川のバチ抜けパターンにおいて毎度主力として活躍してくれているソーランミノー95Fが当日もいい仕事してくれました♪

495ieuiu9oizonz9u4m9-73afb556.jpg
【スペック】
サイズ:95mm
ウエイト:11g



そして、共演者の小沢さんも独自の観点から河川のバチ抜けパターンについて分かりやすく解説頂きました。

5ye3td7damjp9dzpzj6g_480_480-7679aa44.jpg



そんな中、サイズは変わらずでしたが2本目をキャッチ。

vksmhchnfdb5ymhtki6f_480_480-2279e951.jpg



ヒットルアーは1本目と同じくソーランミノー95F。

fg4bpzjxh6zijpyddeem-d99c4d65.jpg
【スペック】
サイズ:95mm
ウエイト:11g



その後、予想はしておりましたが実釣開始から30分程が経過したところで最盛期らしく夥しいまでのバチが流され始めるといった展開・・・



条件的にはマイナス要素とはなりましたが、バチ抜けシーズンという臨場感を視聴者様に味わって頂くにはいい絵になったかと思います♪


お食事中の方には申し訳ございませんでした(笑)

ntr7hu26mwmetz32awyy_480_480-aa0e8b64.jpg



そして、そんなタイミングにはバチの密度が高い水面直下から若干レンジを下げて探り、リーリングスピードをご覧頂こうとカメラマンの永野さんが手元をピックアップ。

s6o87cku87opnk2x5kd5_480_480-fcd9fb88.jpg


そんな瞬間にタイミング良く3本目となる50cm前後がヒット♪

cx3odz2gzvctj6ve9wur_480_480-a51feed4.jpg




ヒットルアーは前日のプラでも活躍してくれたCDAリップレス7。

t88e6txo6ckp9s9t9j6j-c47e5d69.jpg
【スペック】
サイズ:70mm
ウエイト:10g



しかし、その後は反応を得られず、ポイントの移動を決断。



後中潮初日という事もあってバチが抜け過ぎる事が予想できていた為、歩きで別の河川へと移動できるポイントを予めセレクトしておりました。

nr5i54owbjaw373hpvyd_480_480-78289675.jpg



前回の潮回りでは移動先の河川の方がバチの量も少なく、このタイミングからでも十分釣りが成立。



現着するとバチの量は多くもなく、少なくもなくといった程よい感じの中で実釣再開。

uyi4b22v2yvpwy2ncowz_480_480-d4d814c9.jpg




しかし、一向にモジリは確認できず、ノーバイトにて終了となりました。



後から聞いた話ですが、移動先の河川もこの潮から本格化してしまったそうで、早い時間帯には最初にセレクトした河川と同じくバチだらけになってしまったとの事。



残念ながらポイント移動が功を制する事はなく、盛り上がりに欠けるラスト1時間となってしまいましたが、可能性は捨てずに最後まで精一杯やり切っての結果。



納得のいく釣果、見応えある映像とはなりませんでしたが、今回の放送でバチ抜けシーズンを楽しむアングラー、更にはシーバスフィッシングを新たに始めるアングラーが増える一つのキッカケとなってくれれば嬉しいです。



また、そんな釣りを楽しむ道具としてラパラルアーも選択肢に入れて頂ければ幸いです。



改めて今回の放送をご覧頂きありがとうございました。






そして、来月も同じくチームラパラから千葉の凄腕、fimoでもお馴染みの吉田隆さん、更に自分と同じく湾奥エリアをホームグラウンドとし、過去の釣り実況でもしっかりと結果を残している杉本親重さんが下記日程にて釣り実況に出演。





3月11日(金)20:00~
 






自分と同じく、最盛期を迎えている河川のバチ抜けパターンをまた違った観点から攻略するとあって見応え間違いなしとなっております♪




生放送をご覧になれない方は事前にタイムシフト予約をして頂く事で後からでも番組視聴が可能となりますので、是非来月放送の釣り実況も宜しくお願い致します。




 

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!