プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/12 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:84
  • 昨日のアクセス:107
  • 総アクセス数:982677

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

コノシロ絡みの湾奥河川

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
前回までの潮回りはサイズに数にとまだまだ魚も残っており、秋シーズンらしさを感じられる内容となった湾奥河川。


そんな中、いよいよシーズン大詰めとなる12月にまたぐ潮回りがスタート。


当日はまだ本格化とはいかない前中潮といったタイミングではありましたが、仕事も休みであった為、そんな潮回りの動向を把握するべく下げ上げとダブルヘッターにて。


まずは日没後数時間でソコリを迎えてしまう下げのタイミングは陸っぱりでオープンエリアの状況チェック。


当日は無風といった生憎のコンディションではありましたが、その分ベイトの存在は目視で確認し易くコハダサイズながらコノシロの姿も。

yyi5axhfxzvs9phc4d5u-b7f6ffc7.jpg


なかでも岸寄りのシャローではその姿もコンスタントに見掛ける事ができ、それを捕食する単発のボイルも何度か。


しかし、流れは殆ど効かずに潮が滞留してしまうスポット、更にはシーバスも常に定位している訳ではなく、一時的に差してくるだけとあって上手い事パターンにはハメられず・・・


それでも、辛うじて流れが走っており、コノシロの姿も少なからず確認できていたファーストブレイクでなんとか2バイト得られたものの、フッキングまで持ち込む事はできないまま下げの釣りは終了。




そして、一旦帰宅してから再度トライした上げのタイミングは下げの状況から可能性を感じられたポイントで仲間とウェーディングゲーム。


こちらは明暗部となり、シーズン中に何度か足を運んではおりましたが、なんだかんだ先行者の姿があったりと釣りをするのは今秋初となるポイント。


現着した時が丁度潮効きのタイミングであり、風は変わらず無風といった中、実釣を開始。



まずは手前のシャローにやる気のある魚が差してきてないかソーランリップレスミノー90Fでチェックしていくも反応は得られず、早々に狙いをより速い流れが抜けるブレイクより先の面へ。


すると、明部ではコンスタントにベイトの姿が見られ、その動きからは時折シーバスの気配も感じる事ができた為、早速そのラインをチェック。


ルアーは飛距離が必要であり、ボイルは出ないまでもベイトが上ずっていた事もあってエスクリム139Fをセレクト。


そして、明部に着水後、ベイトの逃げ惑う姿が確認できたラインへとルアーを送り込んでいくと数投でゴンッ♪


フッキング直後から手応えを感じられる1本ではありましたが、少し寄せたところで痛恨のフックアウト・・・



その後、潮が満ちてくるのにしたがって沖の太い流れが徐々に寄り始め、そんな流れの中で確認できていたベイトの正体は下げで入ったポイントと同じく10cm弱のコノシロ。

crtmgnonsdppv8hdro5v-0365ec40.jpg


しかし、魚からの反応は続かず、上げの潮が馴染んでしまうとベイトが広範囲に散って狙い所も絞りづらくなってしまうといった展開・・・



それでも、魚が回遊してくれば一時的にでも定位してくれる可能性が高いブレイクライン、更には橋脚周りを釣り分けて探っていき無事に1本目をキャッチ♪

8th6o6vyispmjjwdsme2-ae25841e.jpg
sd5mjs3kxxpbty54563t-1eeb77df.jpg
(エスクリム139F)


その後もルアーローテーションしながら探って、そんなラインからもう1本♪

2o6oxspifn8gj3a65w53-73729653.jpg
oi38ujjrgwnv2jcefyvv-c449b9e6.jpg
(サイレントアサシン129F)


こんな感じで開始序盤に掛けた魚よりもサイズは大きく下がってしまったものの、無事に魚の顔は見れたところで翌日も仕事の為、2時間程の実釣にて納竿としました。





そして、その翌日もコノシロが絡んでおり、惜しくもフックアウトしてしまったサイズを再び狙って仲間と同ポイントへ。


この日は上げの流れの向きと逆ではありましたが、北寄りの風が良い感じに水面を波立たせるといった申し分ないコンディションであり、前日と同じく潮効きのタイミングから実釣を開始。


しかし、期待していたコノシロの姿は前日程ではなく、時折確認できる程度。


そんな中、ルアーローテーションしながら探っていくも開始序盤は空振りに終わり、早々に上げの流れも馴染んでしまったところで前日同様ブレイクラインと橋脚周りに狙いを絞って2ヒット1キャッチ。

6bacucacbx294nsguukf-abc96d4d.jpg
(サイレントアサシン129F)


残念ながらサイズは期待通りとはいかなかったものの、師走を迎えても連日コノシロの姿は確認できており、タイミングにハマればまだまだ良い釣りができそうな湾奥河川でした♪






TACKLE

ROD:エクスセンスS903ML/MH(以上 シマノ)  

REEL:17’エクスセンスC3000HG(以上 シマノ) 

LINE:オクタノヴァ1号(以上 ラパラジャパン) 

LEADER:ラピノヴァリーダー22lb(以上 ラパラジャパン) 

HOOK:VMC7554トレブルフック(以上 ラパラジャパン) 

LONDING TOOL:アルマプログリッパー6インチ(以上 ラパラジャパン) 

LURE:
CDAL7・9(以上 ラパラジャパン) 
ソーランリップレスミノー90F(以上 ストーム) 
エアオグル70SLM(以上 ノースクラフト
サイレントアサシン129F、エスクリム139F(以上 シマノ) etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ