プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:103
  • 昨日のアクセス:264
  • 総アクセス数:1050711

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

湾奥河川小潮回りも数釣り成立

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
ランカークラスを視野に入れての釣りが続いた今回の潮回りでしたが、前回の釣行で無事に90cmをキャッチする事ができ、数日空けた小潮回りは残り少なくなってきたシーズンの状況把握も含め、エリアを変えて河川各所をランガン。


潮回り、更には時期的にもアングラーは少ないだろうと当日は状況把握もし易い明暗部をセレクト。



丁度、満潮から1時間後といったタイミングから仲間と合流して最初のポイントへ。



当日は終始風が殆ど吹かず、水面は鏡といった状況で浮いているベイトが居れば目視でもしっかりと確認できるコンディションではありましたが、一箇所目は生命感を感じられず早々に移動。



そして、隣接する別河川の様子を覗いてみるも先行者の姿があった為、更にエリアを変えて三箇所目のポイントへ。


こちらは先行者の姿はなく、川がカーブするアウトサイド側に位置している事もあり、小潮回りにしてはしっかりと下げの流れも走る中、サッパの姿も時折確認できるといったコンディションであり、まずは魚が定位するラインが絞れている分、答えが出るのも早い潮下の橋脚ヨレからチェック。



狙いのヨレまではそれなりに飛距離も必要であり、まずはシンキングペンシルで探っていくも流れが速く着水直後にしっかりと水に馴染ませる事ができなかった為、数投でバイブレーションへとシフト。



ルアーはBTバイブ78Sをセレクトし、着水後ロッドをリフトさせながら誘ってなるべくレンジが入らないようトレースしてくると1投目からヒットするも敢え無くフックアウト。


更に連発といった感じで反応は続いたもののバラシも連発・・・



そして、一通り探り切って反応も悪くなってきたところで場を休ませる意味も含め、ここで潮上の明暗部をチェックしてみる事に。


こちらもそのままBTバイブ78Sで探っていくと2投続けてラインに魚が触れた為、直ぐにCD7へとローテーションしてレンジを上げて再度チェックすると数投で♪

ma2bnnipaidhp6wvibvs-fc299efa.jpg
(CD7 HOOK:VMC7554 ♯10)



連発といった感じでもう1本ヒットさせるもこちらはバラしてしまい、数回ショートバイトが続いたところでルアーローテーション。



当日は魚のコンディション的にナチュラルにトレースできるシンキングペンシルやローリング主体のミノーより、しっかりと水を動かすウォブリング系のルアーに反応が集中するといった展開でエックスラップCD7に変えると直ぐに♪

88mj66ft38vxyvah7b5c-bb00ffc9.jpg
kde2ssudh2evnhgj4y3g-f70a3952.jpg
(エックスラップCD7 HOOK:VMC7554 ♯10)


その後もコンスタントに反応は得られ、何本かバラして反応が続かなくなったタイミングには再びCD7に戻し、先程とカラーも変えて♪

e44hm3nj8hspex24mw8d-eec5ec94.jpg
3xtf7t23nxg58b97o6va-4447416e.jpg
(CD7 HOOK:VMC7554 ♯10)



ここで暫し休ませていた潮下の橋脚ヨレを探っていくと一発♪

76cirey2xsz93juoe27z-beb192b8.jpg
e8effmoc7kxj9fpak42p-63a818c9.jpg
(サルベージ70S)



更に場を休ませながら上下流交互に探って変わらずバラシはありましたが、再び潮上の明暗部ではしっかりと水を動かしてくれるエックスラップCD7にて♪

gxp8wpisxp46o4ocwbjn-6e3bf476.jpg
(エックスラップCD7 HOOK:VMC7554 ♯10)


潮下の橋脚ヨレでは着水直後からしっかりと水に馴染むバイブレーションを使用して♪

xngws333o9n4bycf3kxm-da60b7ef.jpg
(サルベージ70ES)




こんな感じで休ませ休ませ釣りをすれば続きそうな感じではありましたが、翌日も仕事の為粘らず納竿としました。



11月下旬のシーズン終盤といった中での釣りではありましたが、ポイントとタイミングさえ合わせる事ができればまだまだ数釣りも十分成立する湾奥河川でした♪






TACKLE

ROD:エクスセンスS903ML/MH(以上 シマノ)  

REEL:17’エクスセンスC3000HG(以上 シマノ) 

LINE:オクタノヴァ1号(以上 ラパラジャパン) 

LEADER:ラピノヴァリーダー22lb(以上 ラパラジャパン) 

HOOK:VMC7554トレブルフック(以上 ラパラジャパン) 

LONDING TOOL:アルマプログリッパー6インチ(以上 ラパラジャパン) 

LURE:
CD7、エックスラップCD7、シャドウラップ11、リップストップ9(以上 ラパラジャパン) 
ソーランリップレスミノー90F(以上 ストーム) 
エアオグル70SLM、アドラシオン125F(以上 ノースクラフト
サルベージ70S・70ES(以上 シマノ) etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!