プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:228
  • 昨日のアクセス:66
  • 総アクセス数:1063823

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

7/2 (荒川)

  • カテゴリー:釣行記
  • (RIVER)
満潮のタイミングからmasa氏と下流域の明暗部へ。




手前のシャローでは9cm前後のイナッコの姿が確認できる中、下げの流れが効き始めてきたところで実釣開始。





まずはファーストブレイク周辺をボラブレス→鮎河港と探っていくと早々にショートバイトが出るも、その後は反応も続かなかった為、手前の面は見切りセカンドブレイクに狙いをシフト。




そして、流れに合わせて立ち位置を調整していき、サンダーブレードでレンジを刻んでいくとボトムを取ってからの巻き始めにバイトが出るもフッキングまで至らず・・・





その後、大潮という事もあって短時間で流れが勢いを増してしまうと15gのサンダーブレードではボトムを取るのが困難になり、ウエイトを上げて24gのマールアミーゴにシフト。




先程と同様にしっかりとボトムを取った後、リフト&フォールでセカンドブレイクにコンタクトさせながらトレースしてくると数投でゴンッ♪




フッキングした直後に潮上に立ち位置をずらし、橋脚に巻かれないよう強引に寄せてくるもジャンプ1発フックアウト・・・





その後、同パターンで数回ショートバイトが続き、1時間程が経過すると流れも徐々に緩まったので再びサンダーブレードにシフト。




そして、反応が出ていたセカンドブレイクを引き続き探っていくと再びショートバイトがあった為、ルアーの波動が大きくなり過ぎないよう立ち位置を潮下にずらし、バイトが出たラインにルアーを送り込んでいくと1発♪



サンダーブレード70


更に数投後に同パターンでヒットさせるもこちらはフックアウトしてしまい、その後は反応を得る事ができず、予定もあった為に粘らず納竿としました。







thanks:masa氏




TACKLE

ROD:ブラックアロー93ML

REEL:モアザンブランジーノ3000

LINE:Sufix832 ADVANCED SUPERLINE 1号(以上 ラパラジャパン

LEADER:モーリス シーバスショックリーダーフロロ25lb

LURE:
エックスラップ8(以上 ラパラジャパン
サンダーブレード70(以上 ストーム
ボラブレス鮎河港(以上 リトルジャック
KRC(以上 HAMAZU
ZBLシステムミノー9Fタイダル、レンジバイブ70ES、マールアミーゴ80 etc.

コメントを見る

佐藤宏憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!