プロフィール

佐藤宏憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:4
  • 昨日のアクセス:66
  • 総アクセス数:1063599

契約メーカー


ラパラジャパン

SPECIAL THANKS


ノースクラフト

シマノ

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

CHARTER BOAT


アングラーズスタッフ

LINK


爆釣速報

検索

:

QRコード

1/18 (荒川)

  • カテゴリー:釣行記

masa氏、岸氏と荒川に行って来ました。





仕事後でも、ようやくベストであろうタイミングからポイントに入れる潮時になってきただけに魚は確実に出していきたいところ。




下げ二分に現着するも流れは弱く、ベイトの姿も確認できず・・・




とりあえず、レンジを刻みながらブレイク周辺を一通りサーチしていくも、ニゴイ・マルタのボディータッチが何度かあったのみ。




そして、ようやく流れ効き始めると、良い感じにヨレが差し始め、流れにコントラストが出来たタイミング。




予想外に魚のレンジは上ずる事はなかったが、ローリングベイトのドリフトでゴチンと出てくれました。

クリックすると元のサイズで表示します
(ローリングベイト77 75cm)


その後は再び流れに勢いがなくなり、マルタ・ニゴイのライズが出始め、シーバスからのコンタクトはないまま1時間程が経過。




そして、北東の風が吹き始め、流れと同調して勢いが強まると、ブレイクの手前と沖に再びコントラストができ、そのタイミングでゴチンと60UP。



このサイズで3kgオーバーと、グッドコンディションの1本でした。

クリックすると元のサイズで表示します
(エヌシコRMフィン15g 65cm)


バイトしてきたのは先程の魚と同じ、ルアーの軌道が変わる一瞬のタイミング。




その一瞬のタイミングを、ヨレの中にしっかりと持ってくる。




決して魚は多くない1月というシーズン。




だからこそ、状況が変化する一瞬のタイミングを逃さない事が重要になってしまう。





今日の釣果は、自分の9年分の経験から導き出した1つの答えでした。




経験に勝る教本なし・・・




これからも、渋い中での1本と出逢う為に、1日1日経験を積んでいきたいと思います。





thanks:masa氏、岸氏


TACKLE

ROD:風神号 ナイトホーク91ML

REEL:イグジスト2508R
   
HANDLE:RCS 55mmマシンカットハンドル

KNOB:RCS T型ラージノブ仕様

LINE:東レ シーバスPEパワーゲーム1号

LEADER:東レ トヨフロン スーパーL EX6号

LURE:ローリングベイト77、エヌシコRMフィン15g、にょろにょろ12,5、サスケ裂波120、コモモ130スリムトマホーク etc

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!