プロフィール

工藤昇龍

青森県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:134
  • 昨日のアクセス:176
  • 総アクセス数:569129

QRコード

予定は崩れるもの

予定は夕マズメスタートのはずが、虫除け忘れたなんだで、結局現着はほぼ暗くなった頃。


灯りひとつ無い、完全なる暗闇に濃霧が加わり、一層薄気味の悪い夜の十三湖。


最初入る予定だったポイントに先行者と、後続で入っても釣れる魚を残さないような方がいらっしゃったので次のポイントへ。笑

予想より横風が強く、シャローゆえに釣りづらそうだったので断念。


そろそろ予定通りに進まなすぎて。。笑



結局3カ所目、横風だが水深もそこそこあり釣りにはなりそうなポイントにようやくエントリー。


同行者は最近良く釣りに行くホ的言動さえ無ければイイヤツで、まだ十三湖のシーバスは都市伝説だと思っている系の後輩。


そう思っていた時期も長くあった自分がいたからこそ釣らせてあげたい想いは大きかった。


一通りポイントの感じを伝えた直後の1投目、そんな想いを捨て去るかのような後輩のヒットコール。


エラ洗いの音量が良型を確信させたが、空気を読んで?惜しくも?フックオフ。


次は自分の番。

フローティングミノーを風上にキャストし、ラインスラッグを取るだけ。


いつもの流れの向きは風に打ち消され、風による流れを感じていると、今度は自分のヒットコール。


u7avm2sf64vrw687aw43_480_360-5f4f2e02.jpg
【ブローウィン125F-slim】

幸先良すぎる展開に、予定ではこの後無反応だが、今日は予定通りにいかない日。


いきなり時合突入、ただバイトの数の割にフッキングまで持ち越せない。


後輩はたまにエラ洗いさせているが、バラシの神様が降臨中らしく、、、



ルアーのカラーを変えても変化が無いので、サイズを落として応戦。


バイトの数は格段と増え、結果としてようやくヒットまで持ち越せるように。


eag4nvgbm68u6avw6xx4_480_360-b13cd407.jpg
【ブローウィン80S】

ただし、サイズはセイゴ~フッコになりたてのような感じ。

同じ釣り方で釣っていたアイナメと比べても。。


サイズに欲を出し、再び最初のルアーへ。


休憩がてら場所を冷ましながら続行。

80Sよりはバイト数は減ってしまうが、サイズアップを目指す。



6iavcsjtd28desn45ttr_480_360-8849e43a.jpg

ようやく掛けてもテールフックにちょん掛かりのギリギリスズキサイズ。

ん~難しい。。。



冷ましながら騙し騙し釣りをしていたポイントも明らかに反応が悪くなり、未だにバラシ病に悩んでいた後輩の鈍っていたフックをチェンジ。


これで変わるならバラシの神様ではなくフックのせいだから、、、としばらく見ているとしっかりキャッチ。


5zyo9yhr38cggfx9pccp_480_316-6ad6cec7.jpg

十三湖のシーバスは都市伝説じゃないことを無事証明。


後輩よ、バラシの神様が憑いた時はそんなもんじゃない、、、笑



とりあえず2人とも釣果を得られたので、近くのコンビニで男の浪漫を探しがてら腹ごしらえした後、何カ所か回って無反応。


日の出まであと1時間というところで朝マズメの本命ポイントへ移動。


気掛かりなのは岸際のハクが全く見られず、代わりにエンピツサヨリが数匹。



7amc9pv7kb7szpne5arr_480_360-91fa66ab.jpg

後輩にボイルを見せたくて来たが、霧の立ち込める、いかにも出そうな雰囲気でも沖でボラショーが開催されるだけ。


ボイルショーは涼しくなってからまた。。

最後の最後まで予定通りにいかない今回の釣行であった。



ミッドナイトジェッティー932PE

15イグジスト 2510RPE-H

スーパージグマンX8 0.8号+フロロ16lb

コメントを見る

工藤昇龍さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!