モノコックカーボングリップとは?

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは。
スタジオコンポジットの矢野ザビエルです(^.^)

本日は前回、ちょこっとお話した、何故バイトが三段階渡って分かるのか?を紹介しますね(^.^)

通常殆どのロッドのグリップ部(リールシート部を除く)はコルク又はEVAで作られています。
 
では、モノコックカーボングリップとコルク、EVAの違いは何なのか?

モノコックカーボングリップはグリップ部が空洞で出来ているので感度がバツグンにいいのです。
878kgyhcnubdaj9fiovy_361_480-5130f220.jpg
※グリップ内部は見せられないので、すみませんm(__)m

では、どのくらい感度が違うのか?

PEライン(1号くらい)をリールを取り付けてPEラインを通し、尚且つラインを張らない状態でPEラインの先を持ちフワフワと揺するだけでロッドを握っている手に伝わるんです‼️‼️‼️

信じられないと思うかもしれませんが、本当に伝わるんです♪───O(≧∇≦)O────♪

次に、何故バイトが三段階に渡って感じるかを説明します。

シーバスが捕食に入りルアーが吸い込まれる瞬間、ルアーが通常と違う動きをします、その時が一段階目のフワッ軽くなる感じ、次に、二段階目はルアーがシーバスの口の中に入りに当たった感じのコツとかコンですかね、そして三段階目がシーバスが捕食し、反転した時の"ゴン"がはっきりと分かります。

これは自分が感じた感覚を表現してるので、皆さんが同じ感じ方になるとは限りませんが、モノコックカーボングリップは、今までに感じた事がない感覚を得られる事は間違いないです。

是非、試してみてください、ビックリしますよ(^O^)/

矢野ザビエル。

















コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!