プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/11 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

アーカイブ

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2514
  • 昨日のアクセス:3664
  • 総アクセス数:3116272

阿賀野川遠征その2

  • カテゴリー:日記/一般
阿賀野川遠征その2

さて新潟県は阿賀野川に来ております。

遠征初日のAM10時。ソル友ninjaさんとの待ち合わせの時間。


今回互いのスケジュールの都合で初日に会うことになっているのだけど、3日も阿賀野川に滞在するのだから初日でガイドを受けてしまうのも何だか勿体無い。
願わくば自分で見て考え阿賀野シーバスに辿り着きたい。

そんなことを事前に伝えていたので今回の待ち合わせ場所も僕がこの日の朝車で走って気になった場所にして貰いました。


集合場所でninjaさん、てるぽんさんと合流。二人とも阿賀野川ランカーをバンバン釣る阿賀野川屈指のエキスパート。
今回の釣り旅で最もありがたく、そして申し訳なくも感じた事は、このエキスパート2人が僕の選んだポイントで僕の自由な釣りに付き合ってくれるということ。

今回が初見の阿賀野川でのポイントセレクト。彼らから見れば『え~この場所?』『そこじゃないんだよな~』と思うことも多々あると思います。

しかしそこは一切触れず僕の選んだポイント、立ち居地で僕のわがままな釣りに付き合ってくれる。これって凄く贅沢なことですよね(^^)

 

僕の指定した駐車ポイントで3人が合流。

地図上で見る2次元的に変化が多いのでセレクトした場所。

ここで僕なりの全くの初場所河川でのシーバスのポイントを探す場合を簡単に書くと、
まずシーバスが釣れ易い、狙い易いのは地形の変化と流れの変化。地形の変化があるから流れの変化があるので同じことを言っているようにも思うけど初見の場所の場合はちょっと違うんです。
地形の変化はブレイクラインなどはある程度予測できるけど、シーバスがボトムステイしているようなピンポイントにルアーを送り込もうとすると当然ロストのリスクが高まる。
ある程度のリスク承知でボトムを探るのだけど、そうして見つけたピンポイントの根、仮にシーバスが着いていたとしても根がかりをさせてしまいその処理をしている間にシーバスは散ってしまう確立が高い。

すると時間を開けて再び攻めなくてはいけないけど、超ピンポイントの場所を初見の場所で山立てで覚えておくのはなかなか難しい上、必ずしもそのエリアにシーバスがいるか分からないので短期決戦の遠征釣行では向かない。
このエリアだという確信がない以上はせいぜい周囲と比べてシャローエリアになっている位の探し方が良いと考えてます。


もう一つの探し方としては流れの変化で探していく。
容易にウェーディングが出来てシャローエリアを探しやすい河川ならいいのだけど、全く知らない初見の河川でいきなりウェーディングというのはかなり危険な行為。
緩やかな傾斜なら摺り足で進めば何とかなるが、中には粘土質の急斜面や砂が削られた急斜面も河川には存在します。
こういう場所は摺り足だろうが一歩踏み出すと滑るように水中に落ちてしまう。特にこういう地形は流れがキツくぶつかり地形をえぐっているので流されたら一大事です。

なのであまりリスクを負わずに流れの変化を見て考えて探していく。
橋脚や河川の中洲、別河川との合流点、河川の蛇行部などなど。


そういう流れが必ず変化する場所である程度水深を把握しながら狙っていく。

 

点で食わせるべき場所なのか面で待つべき場所なのか、この辺りをハッキリ意識して探っていくのが僕的の初見河川のポイントの探し方。
この辺りは次回の東中スポーツでもう少し分かりやすく書く予定です。

 

話は反れたけどそんな感じで僕が選んだポイント。

後で話していて分かったことだけど、この僕の選んだ場所はお二人も定期的に足を運ぶ場所。
なのでログではどんな場所とかの写真の掲載は控えておきますが、流れの走る筋、それが生む反転流、そして夜になればきっと鮎が集まってくるであろう程よいシャロー帯。
そんな変化に飛んだ場所。


僕が選んだ立ち居地の邪魔にならずに話が出来る距離をninjaさん、てるぽんさんが取ってくれてシーバスの反応を待つ。
点を探すべくボトム調査をしてみたが根がかりでルアーを2つロスト。


途中で阿賀野川にも増え始めてきたというスモールマウスがヒットするがランディング前にポロリ。


僕がスモールに浮気心をくすぐられている後ろで、やはり浮気心をくすぐられたninjaさんがニゴイ(笑)

sx7dz2biccp8dygiog23_480_480-2ffa642a.jpg

遠く離れた地の友人達との時間はあっという間に過ぎていき、あれだけ肌を焼いていた太陽も沈み気付けばPM9時。
炎天下の中朝早くからずっとポイントに立ち続けていたのでここで釣りは終了。初日はノーキャッチ。


自分のノーフィッシュよりも僕のわがままに付き合ってくれたninjaさん、てるぽんさんに非常に心苦しい。
でも自分の力で阿賀野川に挑めたし、ノーバイトの時間もお二人と話していたので最高に楽しめました!!


ninjaさん、てるぽんさん。本当に本当にありがとうございました!!

 

この日は体力を使いすぎたので公園の水道で水浴びをしてそのまま就寝zzz。

 

続く。

 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ