プロフィール

久保田剛之

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

アーカイブ

2018年 3月 (7)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (13)

2017年12月 (10)

2017年11月 (10)

2017年10月 (8)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (10)

2017年 7月 (12)

2017年 6月 (7)

2017年 5月 (7)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (16)

2017年 1月 (6)

2016年12月 (10)

2016年11月 (19)

2016年10月 (12)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (11)

2016年 6月 (16)

2016年 5月 (24)

2016年 4月 (13)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (6)

2015年12月 (14)

2015年11月 (5)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (13)

2015年 8月 (12)

2015年 7月 (11)

2015年 6月 (9)

2015年 5月 (14)

2015年 4月 (14)

2015年 3月 (21)

2015年 2月 (25)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (10)

2014年11月 (6)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (13)

2014年 8月 (10)

2014年 7月 (7)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (15)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (11)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (15)

2013年 8月 (16)

2013年 7月 (25)

2013年 6月 (32)

2013年 5月 (14)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (4)

2013年 1月 (6)

2012年12月 (14)

2012年11月 (17)

2012年10月 (12)

2012年 9月 (11)

2012年 8月 (13)

2012年 7月 (3)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (5)

2012年 3月 (4)

2012年 2月 (8)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (15)

2011年11月 (11)

2011年10月 (8)

2011年 9月 (7)

2011年 8月 (16)

2011年 7月 (9)

2011年 6月 (12)

2011年 5月 (9)

2011年 4月 (4)

2011年 3月 (9)

2011年 2月 (16)

2011年 1月 (18)

2010年12月 (12)

2010年11月 (9)

2010年10月 (10)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (12)

2010年 7月 (2)

2010年 6月 (2)

2010年 1月 (1)

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:2259
  • 昨日のアクセス:2583
  • 総アクセス数:4177306

ガチキン2回戦近づく

  • カテゴリー:日記/一般

台風後の釣りログを書いてたんですが・・・
 

ラトさんがガチキンについて書いていたんで僕もガチキンについて♪
 

ガチキン2回戦の日程が決まりました。

僕の2回戦はかくわいさんとrattleheadさん。
9月17日の夜に2回戦のボートに乗り込みます。
 

お二方ともお会いしたことはないですが、僕の印象ではお二方ともとても理論派。
が、ガチキンという同ボート上での戦い、同じ時間を、同じ場所を共有して勝負するとなれば理論派だろうが直感派だろうが関係ない。

 

時間の限られたボートシーバスというものでは自分の引き出し以上の物では勝負が出来ないのです。

 

今日は調子が悪かった・・・

 

潮が悪かった・・・

 

船長がもっとこういうところを周ってくれれば・・・


 

そんな言い訳一切無用、全員が同じ状況なのだから全く関係ない。
たとえ初めての環境だろうが誰かが釣ればそれを参考にルアーを真似、リトリーブを真似れば後に続くことができる。
そこで引き離されるようならそれは残念だが自分にその釣り方の引き出しがないだけなのだ。

 

今回対戦のお二方。安心してくだされ。
もし僕が負けた時に一言も言い訳が出ないように僕も準備を進めています。
 

湘南のシーバスゲームをメインに置いたときボートシーバスでまず苦労するのはロッドの長さの違い。
夏休み前から定期的にボート用のショートロッドを握り、長さの違いによるキャスト精度の低下をできるだけ出さないようにも調整している。
全盛期までとは行かないまでもナイトゲームで必要な精度程度ならば感覚は取り戻している。
 

使用するルアーもある程度は万全に整えた。
使い慣れないものは勝負の場には用いない。あまりにも予想しない状況に備えて船上には持っていくが、自分の中のベーシックスタイルの引き出しで勝負するつもりだ。
 

右手の切れた靭帯も問題ない。初戦の時にはまだまだ動きに制限があったが、今は痛みを感じることもなく釣りに全く支障をきたさない。

 

万全の状態で望めると言って過言はない!
 

1回戦で僕と対戦したサバボウズさん!ちゃり林さん!
あなた達の分まで僕は頑張ります!!
僕の2回戦に応援という力をお貸しください!!



え・・? あ、サバボウズさんはマグロに夢中?orz




じゃ、っじゃあ!ちゃりさん!応援よろす・・・



 

 

力抜けた・・・orz

 (ちゃりさん写真借りました)

 
 


とはいえ・・

勝つ自信はあるのかと問われれば『ん無い!』と元気良く答えちゃうだろう。

僕は湾奥アングラーを決して侮らない。
過去湘南アングラーの中には『東京湾は魚が沢山いるから釣れて当たり前』と言う者もいた。
でもそれは逆で『普段魚を釣っているからこそ上手い』のだ。
シーバスは何処にでもいるわけではないのは十分知っている。シーバスの数が多いこともわかる。
だからこそ精度の高いトライ&エラーで磨きがかかった湾奥アングラーは上手いのだ。
 

rattleheadさんは地元湾奥で年間1000本のシーバスを釣り上げる腕前、かくわいさんにいたっては何千本釣るのか全くの未知数だ。
そんなバケモノがどこのメーカーにも属さずに野放しで毎夜シーバスを飽食しているという。

その点僕なんかは頑張っても地元でもMAXは年間250本・・・。
 

どんなに頑張っても彼らの4分の1程度・・・




契約=プロという定義があるなら僕もプロなんだろう。
プロとしてのプライドなどは何一つ無い。

しかし愛してやまないザウルスとOak design lures から推された身。
両メーカーに恥をかかせない戦いをしたいと思っています。

 

何一つ後悔の残らないように全力でいく!

 

というわけで・・
船長ゆ~いちさん、rattleheadさん、かくわいさん
宜しくお願いします!!


以上、なんとなく潔さや爽やかさを演出しつつお二方にもプレッシャーがかかればいいな~とドス黒い計算を発するログでございました(笑)

 


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!