リンク先


プロフィール

リレイズ・トム

徳島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/12 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:47
  • 昨日のアクセス:50
  • 総アクセス数:113722

QRコード

自分の釣りログを読んでました♪

  時間が自由でなくなり、あまり釣りに行けてないトムです。

こういった時に活躍するのが、過去の釣行を振り返ること

です。

自分の釣りログを、一番最初から読んで行きました。

  最初、トムの塾長釣行記は、釣りのスランプから

始まっています。そして、過去の釣りを思い出し、

釣れたときのことを思い出しながら、頭の中を

整理して行ってます。釣れるようになったのは、だんだん

道具をそろえていった所から、釣れるようになって

いました。そういえば、今年はそんなに釣りに投資して

ませんでした(笑)

  そして、初のコメントをもらったのが、第1号ソル友の

smitchさんなのですが、だれも、いつもコメントを書いて

ないから、かわいそうだと思って書いてくれたんだと

思います(笑)

  あと、面白いのが、大きな魚を釣った時に限って、

コメントがない所です(笑)

これは、釣り人のさがなんでしょうね♪

まとめると、魚が釣りたいときは、とにかく釣り具店に

通って、道具をそろえることです。

釣りのプロとも交流すると、大量の情報が

入ってきます。そのときに、けちらないことが、

釣りのプロが言っていることを的確にとらえる上で、

重要です。

  トムが地元の釣りのプロの、中山プロに照準を合わせて

最初は、メバルを一生懸命がんばりました。

フェイスブックで、中山プロのログが更新されるたびに、

紹介された釣り具をそのまま、同じものをすぐに購入して

同じ釣法を実践しました。すぐにしないと状況が

変わってからでは、プロの言ってる意味が全然とらえられ

ないからです。このとき、フェイスブック上では、次々に

新しい雑誌が紹介され、その都度雑誌も購入しました。

一気に10冊くらいは行ったと思います。

そして、釣りの集まりにも出席しました。最初は、香川で

開催されたSWAPです。そこで一気にプロたちと交流

することができ、いいものをたくさん教えてもらいました。

  そして中山プロとも会うことが出来、直接話して

こつを教えてもらいました。皆さん、プロの方たちと

会話するの、委縮してできないかもしれませんが、

共通の接点があると、リラックスしてしゃべれるものです。

それが同じ道具を持つということです。いろいろプロが

いいというものを購入していれば、使った感を共有する

ことができ、話もプロについていけるものです。

SWAPのときには、こわもての後迫プロがいろんなブースを

案内してくれました。下の名前が、釣り好きの弟と

同じ名前なので、親しみもわきました(笑)

ここから、トムの釣りも幅が広がり出しました。

  釣りといえば、トムにとっては、弟を理解するという

役割があり、トムは、もともと魚は好きなんですが、網で

すくったり、手づかみするほうが専門だったもんで、

釣り針で見えてない魚を広いフィールドから釣りだすという

行動は、トムには理解できなかった、そういう世界でした。

トムの家は、勉強ばっかり言う親が居て、あまり気楽に

子供時代を過ごすことが出来ず、特に長男のトムは、

目をつけられていたので、そこから脱出することができず、

仕方なく勉強を担当していました。

  その反面、弟たちは、双子ということもあり、同時に

2人で親の束縛に抵抗することが出来たので、

遊び方面担当に自然になっていました(笑)

自分で言うのもなんですが、トムは顔が男前タイプでない

(笑)、そして弟たちは顔が男前タイプです。

当然、母は、弟たちに甘くなります(笑)

だからと思いますが、弟たちには、高いおもちゃや小遣い

が支給されていました。そういうわけで、弟(釣り好きのほう)

は、だんだんいいタックルを手に入れて行き、よく釣る

ようになって行きました。

  トムの側からすると、そんなに高額な道具を持っても、

釣果なんて、変わらないんじゃないの、と思っていましたが、

弟は、常に道具にこだわり、少しでもいい物を、と

チャンスがあれば、手に入れていました。

  一方、トムの勉強の世界は、これは父から仕込まれて

いたのですが、いかにお金をかけずに自分でがんばるか、

がいつもテーマになっていたので、精神面の鍛錬にひたすら

取り組むというものでした。

  同じ努力をしても、トムと弟とでは種類が違う努力の

仕方なので、相手のことを理解するためには、弟の

まねをしないとなかなか分かりあえないものです。

一方、弟が勉強してこちらに歩み寄るかといえば、

お察しのとおり、勉強は、だれしもがきらいなものです(笑)

向こうから歩み寄ることは一切ありません(笑)

そろそろ話のおちを付けますが、道具が大事だということが

ここ2年ほどの釣りでよく分かるようになってきました。

確かに、トムの持っている根性論も大事なんですが、

どちらもそろってないと、なかなかいい結果は生まれない

ものです。そして、釣りといえば、運に左右される遊びです。

運を味方につけるためにも、道具は重要です。


 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ