プロフィール

ピュアフィッシング

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:390
  • 昨日のアクセス:1107
  • 総アクセス数:1628901

QRコード

開発秘話・新潟フィールドテスト編

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは!トモ清水です。
今週日曜日、リール担当のMacと新潟能生港の金栄丸さんにテストに行ってまいりました。
船長も非常に協力的でとても親切な方でした。
我々の為に、船を貸し切りにしてくれ、大きな船を2人で自由に使わせて頂きました。
タイラバにひとつテンヤ、そしてスロージギング、夜はひとつスッテとロッドとリールのテストにはもってこいのシチュエーションでした!
午後2時出船10時揚がりという事で、朝はゆっくりと起床。高速で片道3時間と東京からのアクセスは良好。



今回清水が一番テストしたかったのは、SWベイトフィネスでひとつテンヤが可能かどうか、前回のひとつスッテに続き試したかったわけです。
早速ひとつテンヤにガルプのプロトワームを付けて実釣開始。


するとすぐに反応!良型のキジハタでした。幸先のよいスタート♪

ガルプ恐るべし!



Macも良型のキジハタゲット!
ロッドはKR-Xタイラバを使用。
リールは秘密のプロトタイプ使用。新機構搭載で、すこぶる好調なので乞うご期待!来年発売予定です。

テンヤは5号と8号を使用していたが、レボLTの回転性能のお陰で、非常にフォールがスムース!
全くストレスなくベイトタックルでひとつテンヤが出来てしまう!

これは40オーバーのクロダイ。
ベイトフィネスタックルでのひとつテンヤ、超楽し~!!
まずダイレクトな操作性、そして何より着底がわかりやすい!
船長曰く、底を取れないお客様が多いとの事。ひとつテンヤは底取りが重要なので、この底が取りやすいメリットは非常に強力。



冷凍エビも試しました。さすが新潟、その後もコンスタントに
釣れ続け満足したところで、夜のひとつスッテに突入。





大小交じりでたくさん釣れました♪
Macもひとつテンヤをベイトタックルでトライ。コツを掴んでからは、入れ乗りでした。



ベイトタックルおすすめですよ!



サビキで釣れたアジを泳がせていると、きました~ヒラメゲットん♪



クロダイとヒラメは昆布締めにしました。美味でございますぅ~。

帰りは眠い目を擦りながら安全運転で帰りました。
See you again!
Best regards,
Tomo清水

■ひとつテンヤおすすめタックル
ロッド:Abu Garcia SaltyStage KR-X Baitfinesse Custom 732LT、782LT(8月末発売)
リール:Abu Garciaアンバサダー・Revo LT
ライン:Berkley ファイヤーラインプロト0.8号+フロロ、バニッシュウルトラ7lbルアー:テンヤ5と8号+ Berkleyガルプ!プロト

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!