プロフィール

オーパ☆★

大阪府

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:6
  • 総アクセス数:65479

QRコード

二兎追うものは一兎をも得ず

釣り好きは色好きが多いというのは、どこかで聞いた事があるような言葉だが、今回はそんな言葉を体現しているようなメンバー四人での釣り。

小生はAと二人で淡路島へ向かう。
今回はいつもより頑張って早起きし、六時半頃に淡路島へ到着した。

BとCとは現地で待ち合わせ。
二人が2シートの車で釣りへ来ていたのには驚いた。

yupwj3xwymka742z5isf_480_640-0ea1d354.jpg

雨が降ろうが槍が降ろうが、オープンにすれば1ピースロッドもノープロブレム。

朝一、とてもいい感じで潮が流れて、釣れそうな気配がムンムン。

小生とAはコブダイの仕掛けを投入。

BとCは青物狙い。

投入してすぐにAのコブダイ仕掛けにヒット。
だが、Aは離れた所におり、戻ってきた時にはバレていた。
その後もすぐにまたAの仕掛けにヒット。
なかなかのサイズのようで、ロッドが引きずり込まれそうになっている。
しかし、Aは鯵を釣りに行き不在。
小生が代わりに竿を持った時は、すでにはりつかれていた・・・

この感じだと、今日は結構な数のコブダイが釣れそうだと思い、小生も少し場所を変えて、コブダイの仕掛けを投入。
ぶっ込み仕掛けなので、竿先に鈴をつけ、待っている間は青物狙いでジグをキャストしてしゃくる。

そうしていると、小生のコブダイ仕掛けに強烈なアタリが。
アタリの出方からみて、雄に間違いなさそうである。
しかし、そんな時に限って、ジグをキャストしてすぐの時だった。
ジグを回収しなければ、かなりの確率で根掛かってしまう。
大急ぎでジグを回収し、コブダイタックルを手にした時は、既にはりつかれて手も足もでなかった。

二兎追うものは一兎をも得ず・・・

コブダイ様、本当に申し訳ない・・・

その後もチョコチョコアタリはあるが、雌なのか、なかなかヒットしない。
そうしている内に潮の流れがどんどん悪くなってくる。
次第にアタリすら無くなり、釣れる気配ゼロ・・・

この日は簡単に釣れるだろうと、甘くみていたが、こうなってくると確実に獲っておかなかった事が悔やまれる。

青物狙いのB、Cもこの日は回って来ていないようで、反応がない模様。

とりあえずライトタックルに持ちかえて、ベラやガシラ、アナハゼ等に遊んで貰う。
投げる度に反応はあるが、すぐに飽きてしまう。
z3aoi3knzafaisuz7y3e_480_640-55270497.jpg
9xohav8tjx8ybbfvbx2b_480_640-68fb1388.jpg
この時期、色々な魚が狙えるだけに、色々と手を出してしまい、全てが中途半端になってしまうという典型的な駄目パターン。

だれてくる・・・

そして至極当然の如く、下世話な話が始まる。
このメンバーはコンパという名の戦場へも、よく一緒に行った戦友。
自分達の事を棚に上げ、あの時のモンスターがどうのこうのと、散々悪態をつき、キャッキャッキャッキャッと喜色満面。

こうなってくると一種の病気である。

しかし、楽しい、非常に楽しい。

おそらくスイーツを頬張りながら、男子をこき下ろす、女子会とはこういうものだろう。

そうこうしている内に青物もコブダイも釣れず納竿。

日が暮れてから、小一時間ほど太刀魚も狙うがそれも全員無反応。

罰が当たったというか、神様が鏡を見ろと言ってるような気がした。

コメントを見る

オーパ☆★さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!