プロフィール

大森崇弘

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/10 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:188
  • 昨日のアクセス:187
  • 総アクセス数:1017613

QRコード

求めたシイラと、求めないシイラ!

  • カテゴリー:日記/一般
久しぶりの大雨を記録した南紀地方。

偶然にも、その翌日に南紀釣行に出かけました。

狙いは、地磯での、青物・シイラのキャスティングゲーム。

荒れた後で期待するべきか?

濁りが入って喜ぶべきか?

水潮の影響で苦労すべきか?


考えることは、多々あるけれど、

まぁ~、1尾釣ったら満足なゲームなので、

どんな条件でも、忍耐のキャスティングは覚悟の上。



さて、今回は、そのエリア選択が、

非常に難しかったんだろうと思います。


明るい内に、ぶら~と海沿いの道を走ってみて思った。

川の影響を受けている所は、何処も抹茶~真っ茶色。


それがいいのか?悪いのか?は、

やってみなければ判らないけれど、

今回は、川の影響を受けそうなところは、

止めときました。(汗)




さて、青物・シイラの釣れ始めている南紀の地磯は、

平日とはいえ、朝マズメは、必ず釣り人が居るもの。


だから、朝一は、有名ポイントを避けました。


選んだポイントは、人の来ないポイントとあって、

当然、地形的な条件は、悪い。


正面に大きな沈み磯が、水面ツライチであるので、

ファイトするときの、難易度はちょっと高い。


でも、そんなポイントのファイトシーンを

イメージしてみると、ちょっと楽しかったりして。(笑)


妄想癖全開ポイントの攻略はいかに?





とりあえず現地には、夜明け前に到着。

先発ルアーは、もちろん ローデッドF140。

フルキャストして、チョンチョンチョン、ぷか~~~。

数回の軽いダートを入れて、浮くまで待つ。

極めてスローな探り方をしました。

と言うのは、出来るだけ長い事、沖で滞在したいから。

アピールは大きく、移動距離の少ない、このアクション。

実は、体力的に一番楽チンなメソット。

一日をやり抜くためにも、必要不可欠。(汗)


まぁ~、そんな拘りの効果もあって、

案の定、朝一は、何も無し。

アタリも気配も、何も無い。

釣れる時は、案外イージーな魚だけど、

気配の無い時は、ホンマに何も無い。(汗)




結局、ファーストヒットがあったのは、8時半。



開始から、実に4時間も投げ続けての事でした。

それを、長いとみるか、短いとみるかは、

個人差があるけれど、朝マズメくらい、

何かの期待感を見せて欲しいものである。(笑)




もちろん、ファーストヒットは、シイラ。



妄想トレーニングバッチリだったので、

冷や冷や・ドキドキ、めっちゃ楽しいファイトでした。


シイラの泳ぎを確認しながら、

止める時は、必死で止めて、

巻くときは、高速ゴリ巻き、ガチンコ勝負。



で、無事キャッチしたのは!

utw5wc3d8ja2bdxhyj7n_480_480-2e10ae97.jpg

メスのまずまずサイズ。

シイラの一人撮影は、ほんまに苦労するよ。(汗)

釣りあげた時は、綺麗な色した魚なのに、

陸上で暴れすぎて、ボロボロになってしまった。


一応、コレは、ローデッドS140でのヒット。

F140よりも、飛距離がちょっと増し、

水面ちょい下のレンジをトレースすることが出来る。

そのかわりに、スプラッシュ音は、無くなる。


状況に応じて、優先順位をつけてもらえたらと思います。




その後は、やっぱり、何も無い状態。


だから、ジギングしてみた。

すると、ヒット~~~。

yeexodbcgvxn8eivfy4v_480_480-0b430335.jpg

ショアブルーEX 60g で、でっかいオジサン。(笑)

これは、なんなくキャッチしたけれど、

ちょっと反省点がある。


ヒットした瞬間は、そこそこの重量感があったので、

すぐに、ガチンコ・はやびきゴリ巻きファイトをした。


すると!


肝心の沈み磯付近は、腕がバテて、スローダウン。

70m程向こうでのヒットなので、

最初からの全力は、失敗ですね。

もし、青物だったら、根に巻かれていたことでしょう。

沖で、もっと様子をみるべきでした。(汗)



そんな感じで、午前の部は終了。





少しの休憩をして、気分転換に、

ちょっとポイントも変えて、再び、チャレンジ。




午後の部は、2時頃からスタート。




で、到着するなり、一人居た先行者がハマチをヒットさせた。

これは、チャンス到来か?


と思っていたら、

少し離れた所のサラシで、ボイルが多発しだした。

多分、その様子から、小さい魚を食っている様な感じ。



だから、焦って、手が震えていたけれど、

ブルースコードⅡ 110 シラスカラー 

に付け替えて、キャスト!



すると、早々に、ヒット~~~。

で、ハマチ抜きあげ。


まだ、ボイルは続いている。


これは、カツオの一本釣り釣法か!

とすぐに、キャスト。


そして、すぐに、ヒット~~~!


で、無茶苦茶、強引にファイトしたら、バレた。


素早くルアーを回収して・・・・・?


何か知らんけど?

どっかから、シイラが飛んできてヒット~~~。

そんな事をしている場合やないので、

強引にファイトしたら、

めっちゃ引く、このシイラ~~~。(汗)



そんな訳、時合を逃してしまった。

wx5vehsmnucjf86dmuwb_480_480-9620faea.jpg

まぁ~、ええ~っか~~。(汗)

楽しんだし。


今日の釣りは、そんな感じ。


その後、ええ流れが出ていて、潮目もくっきりやったけど、

全く気配がなかったので、

夕マズメを待たずに、早上がり。


お疲れ様でした。




タックルデータ

sagzhsmi6fyeyizgr6ak_480_480-60d6a777.jpg

ハンタウエイ HT-962MH

旧ソルティガ Z4000

PE Jスクエア 2号 300m

剛戦Xリーダー 42LB

ローデッド S140

ブルースコードⅡ 110









 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!