プロフィール

大森崇弘

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:6
  • 昨日のアクセス:175
  • 総アクセス数:1023907

QRコード

釣れない時こそ条件設定を。

  • カテゴリー:釣行記
最近、青物釣行が多いのですが、

連週の撃沈釣行を味わいました。(汗)


青物は、元々当たり外れの大きな魚。

だから、私は、釣り方よりも、むしろ条件を意識しています。

平均して、凪の日は、撃沈率が高く、

こうなれば、潮目が出来るところや、

潮通しの良い場所の方が、

その回遊に出くわす確率は増すと思います。

確率の話ですが・・・。

逆に、磯ヒラが出来るくらい荒れている時は、

かなり岸寄りに接岸している事が多く、

容易にヒットに持ち込めたりしますが、

波が高いと危ないし、釣りの成立が難しくなるので、

安全で、且つ、釣果が期待できるポイント選びが

有効になってきます。

これに、当日の潮位なども考慮したポジショニングが、

一番釣れるコツかな?とも思います。

この辺のことをいつも考えているヒラ師は、

ほんま凄い人達だな~と改めて思います。



で、先週の釣行は?

fewyjwzwoav3xv9gpftu_480_480-03d55b0d.jpg

7日に行ったのですが、大荒れの予報。

8日は、危ないけれど、

7日なら、湾内で岩陰にポジションを取れば、

安全を確保したうえで、有効なサラシだけ打てる!

これは、釣れる条件と思ってワクワクしておりました。



ところが!

現実は!

o5tre5k8ojo4z6zka3r4_480_480-59eec628.jpg

べた凪・・・・・汗。

更に、潮位も思っていたよりも、低い。


結果は、もちろん全くダメ。

条件設定が何から何まで釣れない設定でした。

青物釣りで、釣れないのは仕方が無いけれど、

釣れる気持ちで釣りが出来なかった事が悔しいです。

こんな事もあるんですね。

この天気予報で、この状況は、全く予想していませんでした。






さて、次は、そろそろエギングの予定も入れてみました。

とはいえ、これは、黒潮が離岸している今年に限っては、

水温が14℃台と全く釣れない条件。

水温14℃台は、過去に釣ったことがある水温だけど、

通常16℃あるエリアの14℃台は、期待薄。

でも、新しいロッドを使って、

気分的にやってみたかったから、

色々と考えてみました。

幸い、風が控えめだった11日。

狙うなら夕方の下げ潮のマズメ時がチャンスかな?

と予想しました。

そして、潮が速くなる干潮時刻までが期待が持てるかな?

とも考えました。

その後の上げ潮も期待出来るかも知れないが、

闇夜の磯は、辛く感じるころかな?

と止めるタイミングまでの予想でした。


で、釣り方ですが、低水温期なので、

ボトムの釣りになるだろうけど、

3月のボトムは、変な藻がいっぱい。

着底後のひとシャクリ目は、藻がかりして、

釣れる確率を大きく減らすだろうと考えました。

だから、ソリットティップのロッド
(エメラルダスAIR AGS 83-S)と、

シンキングPE(ワイルドジャーク 0.6号)を

使ったショアティップランの釣り。

エギ王K 4号を、中層で5回程度シャクリ、

後は、カーブフォールで、底付近までじっくりと沈める。

拘りは、ラインテンションのみ。

ソリットティップなので、潮の効いている時は、

クッと沈み、効いていない時は、軽く感じる。

繊細で良く曲がるティップだから、

感じ取れる感覚ですね。

これで、底付近をじっくりと誘う。

エギが底に付いて、

ボトムの藻がゴリゴリと当たる感触があったら、

釣れなさそうなので、回収。

メインはシャクリでは無く、

底付近の、フォール。

すべて、感覚の釣りですね。



でも、色々と拘っては見ましたが、

毎回、冷たいエギを触るたびに、

やっぱり思いましたね。(笑)

「今日はアカンわ!」


そして、夕マズメは、安定の何も無し。

これが現実ですね。

でも、潮だけは、何となく効いている。

ティップにグ~ンと重さが乗っているから。



だらだらと、地味なエギングをやり続け、

気が付けば、辺りは真っ暗。

しかし、幸いしてか、風は、ピタっと止んだ。


だから、ティップの重みも潮の流れであることは明確。


潮的には、釣れそう。

と思い続けて、迎えた干潮時刻。

ずっと待っていたカーブフォールで、

藻がかりのような違和感を感じた。


とりあえず、引き離すためのシャクリを入れたら!





ヒット~~~!






id8b2jjwm3juet4k63m7_480_480-0cb8be22.jpg

この1杯は、嬉しいわ。(笑)

7tujnrg9znaiu5xzsv3e_480_480-48ce481d.jpg

闇夜の自画撮りは、ピンボケ多発で、

イカの色合いも悪くなり、残念な写真になったけれど、

キロぐらいの納得サイズ。


今まで、やってもアカンと思ったから、

やってなかったが、アカン状況でも、

タイミング次第で釣れるとなると、

またやりたくなってきますね。


これから、忙しくなりそうだ。(笑)







 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!