プロフィール

大森崇弘

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:142
  • 昨日のアクセス:177
  • 総アクセス数:1023868

QRコード

極寒青物釣行!

  • カテゴリー:日記/一般
1月24日、青物釣行に行く計画を立てました。

が、和歌山では、非常に珍しく事なんですが、

雪による高速道路通行止め。

年に1回あるか?無いか?の状態。

それだけ、雪に弱いんですね。

結局、当日中は、通行止めが解除されることは有りませんでした。


仕方が無く、翌日の暗がりから家を出ました。



当然、高速道路の路肩は、雪掻きによる雪だらけ。

年に1回あるなしの事だから、子供が見たら喜ぶだろうな~?

なんて考えながら走るも、外気温は氷点下。


現地には、朝マズメ前から準備を済まし、

山下り、磯歩きをしましたが、

山には、雪が残り、磯のタイドプールには、氷!


子供が喜ぶ状況が満載ながら、私は、こんな状況は苦手。(汗)



とりあえず、海を眺めると、程よい波気に、綺麗な潮目。


これは、いい感じ~。



で、まずは、最近、チョコチョコと使っているプロトペンシルから。

いよいよ最終段階になってきました。(笑)



これで、私がよくする使い方が、

ピンポイントのチョンチョン釣法。


軽いトゥイッチだけを、スローテンポで繰り返す。

これで、前進移動は少なく、

ルアーは、左右の首振りだけしている状態になる。


意識しているのは、潮目の中での滞在時間。


どちらかと言うと、攻めの釣りよりも、待ちの釣りですね。



今回、幸いにも、

潮目の中には、きらきらと光るキビナゴの群れが居ました。


これは、いつ出てもおかしくないという状況。



朝マズメは、完全にノーバイト。

カモメも、まだ、ベイトを意識してない状況だから、

これは、仕方が無いですね。


しかし、朝7時半。

朝日が強く、かなり眩しくなって来た時、

潮目でゆっくりと探った後、少しハイピッチで移動さし、

サラシの際に持ってきたとき、バシャ!と出た~!


バッチリとフッキングが決まったものの、

掛けた場所が悪い。


強引に、引きずりだそうと思ったら、ドラグが滑り出した。


ハマチと思っていたら、全く違うサイズだったので、

ちょっと焦りました。


何より、このルアーだけは、まだ切られたくない!

1個しか持っていないプロトだから。


ハンドドラグで、強引に根から引きずり出して、

余裕が出来た所で、ドラグ調整し直し、ファイト開始。



最後、磯際でもう一回突っ込んだが、

ハンドドラグで、リフトアップ!


u6ikb2n2u5e233bi74e6_480_480-b4fae034.jpg

70後半くらいのグッドサイズでした。

スリム体系ゆえに、そのファイトは、アスリート。

思った以上に走りました。(笑)




続けて、同じ事を繰り返し。

もちろん、潮目のチョンチョン釣法。



このタイミングは、ボイルや、鳥山と言ったものが無いけれど、

突然、ドバッと出るので、ビックリする。



更に、もう1本!

29hv8ubpyemnipm2sw46_480_480-9516d717.jpg

朝日が眩しすぎて、カメラのピントが合わず、

いい写真が一枚も無いけれど・・・・・・


本日初公開。

wg6pssg44u8wzjvuc354_480_480-608bb3f2.jpg

ラピード F130  30g仕様。


ラピード F160の発売以降、秘かに開発が進んでいたらしい。

ラピード F160は、垂直立ちをするダイビングペンシルで、

左右の首ふりも大きく、アピール力抜群なルアーですが、

そのサイズゆえに、出たのに、乗らない!なんて事が、

チョコチョコありました。

ラピードF160の発売当初から、ずっと欲しかったこのサイズ。

やっと形になりました。


また、30g仕様と言うのが良いですね。

シーバスや磯ヒラをやっている時の、

突然のナブラにも対応可能ですね。(笑)




その後、10時ごろ、一瞬ですが、ナブラ発生。

こんな時も焦らず、マイペースなチョンチョン釣法。

狙って、撃つと、失敗したり、スカしたりするけれど、

進行方向を読んで、待ちの釣りをすると!

引っ手繰られる!

h4guii95u32iziz4pddp_480_480-5eb68bc7.jpg

これは、ハマチの群れでした。


そして、振り返れば、かなり遠くで鳥山が形成されていました。

かなり速い通過やね。

一瞬のタイミングをものに出来て良かった良かった。(笑)







さて、昼で一旦磯上がりをし、

その後は、ちょっとパトロール。


上げ潮のタイミングで!とは考えていましたが、

何処も静かそうだったので、ちょっと仮眠。




そして、ナイトは!

dor4mi8xiftkyy2aoxi7_480_480-433e3452.jpg

1杯釣ったら、ココロオレル!

寒すぎて、足の感覚がおかしくなって、粘れない。

下げ潮干潮付近の潮の変化のあるタイミングを意識していたけれど、

そこまで待ってられへん。

早々に退散ですね。


お疲れ様でした。








タックルデータ

b2d3iyxi4n9k67jajwsz_480_480-7adaff0a.jpg

ショアスパルタン コースタル 100H 

ソルティガ 4000

剛戦ジギング8ブレイド 2.5号 300m

剛戦XリーダーFC 42LB

ラピード F130






uiexhnohuhosyj5rxeki_480_480-ed6b815b.jpg

エメラルダス AIR AGS 86MH

セルテート 2500R

えぎ人SP 0.6号 150m

エギファイヤーリーダー 3号

エギ王K 4号 黒潮スペシャル



 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!