プロフィール

小川健太郎

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/3 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

QRコード

ogawakentarou twitter

ツララjp

小川健太郎釣りペイジ


counter_img.php?id=89031498

内湾内湖で気になる立ち位置

  • カテゴリー:日記/一般
夜のお話。

時期に関わらず、釣り場で思うことがあります。
水路の釣りなんですが、人気のスポットは常に黄色の●のところ。
小型ラッシュが起きたりしますが、大概スレてます(笑)。


常夜灯があろうがなかろうが
水の流れが大きいほど、ピンクの●のところが
デカイ魚が多いと思うのですが。いかがなものでしょう。
さらに内湾全体で水の動く量が多いほど、
ピンクは奥の角に押し込められるイメージです。

※もちろん橋が掛かっていたり、
 場所の特殊事情、ベイトなどの特性はあります。
 全国的な視点で考えて下さい。

確かに黄色の立ち位置の沖合にピンクに相当する部分は
存在する場合があります。
しかし、確率的に大物祭りが多いのは確実にピンク。
例え黄色に大型が並んで見えているような状態でも、です。

これは角の存在が大きいと思います。
水平面を垂直にすると、この水路出口の角は
流れの中の岩みたいになります。
岩のツラのところに居る魚はザコキャラと呼んでませんか?
岩の下の方に大型がたくさんウロウロしていませんか?

なので、いつもブログ等で見かける、ちょっと違うぞ?と
思っていたことを書いてみます。
エキスパートの人がいう、「流れを読む」というのは、
見えているような流れではないと思います。

見えている=その場しのぎ
なのです。

この話が上げ潮条件のみ、なのもこの理由があります。
下げはその場しのぎでも、入れ替わり魚が入りやすく
ラッシュしてもサイズを絞ったりしにくい場面が多いのです。
大型を上げ潮待ちで釣るのは狙っている証。
下げ潮で釣るのは釣りたい欲求の延長。
釣果でどっちがいい、というのはありませんが、
下げだと誌面にあるような内容が見たまま活かせるので
今回の話には絡めにくいのです。

話をイラストに戻します。
もちろん初めての釣り場等はこうした水路の出入り口的な場所が
わかりやすく、入りやすいのは間違いありません。
しかしこれは単なる目安なのです。

地元アングラーならお判りだと思いますが、
次第に、ここに立つ必要が減ってきますよね。

ワタクシはエキスパートではなく、記者の延長なのですが
エキスパートの皆さんが水路に立つ際、
こうした水全体の動きを観察されています。
で、数投の流量チェックののち、水が動いていないような場所に投げます。
これは一見するとルアーチェックに見えますが、ここが本当の『流れを読む』チェック。
繊細どころか普通なら流れなんてまったくわからないのです。
そこで、この場所で投げるルアーはその人にとってスタンダードな
使い慣れたものが多くなるわけです。
コモモやワンダーのように巻き心地のないもの。
リップ付きならルアー断面が三角、五角形のもの。

ある人は水の重さを感じます。
ある人は本当に微細な流れを感じているかもしれない。
この感覚は皆ちょっと違います。
しかし、そこに大型ラッシュのカギがあることは知っています。
タックルもルアーも、いつもの道具。
だから違いがわかる。
ここを含めて『流れを読む』としているのです。

動画だと釣れた際、「ありゃ、こっちで出たよ」というのがコレです。
思いもしなかったところで出たわけではなく、
ラッシュ開始か?の「ありゃ」だと思います。

このような人間の行動パターンは誌面にあまり出てきません。
流れを読むというのは実は非常に感覚的なもので
文章にしたところで、誰もわからないでしょ?と
一蹴される部分なのです。

エサの動きを見ると、流れの下流から上流に向かってダッシュするボラや
流れの中の壁面や底面にベッタリつくハゼがいます。
これらを襲う姿が常夜灯等で丸見えになると、
釣れるんじゃないか?という気になりやすいですね。
しかし、見えているほどにやりにくくなるため
これらはSIN-ZOに任せてバッサリ切った方がいいです。

本チャンのエサの群れはピンクの位置と黄色の位置の間にいます。
これも反転流という見えやすいザコキャラ的な場所。
で、それでも大型が狙うのはよりピンク側のエサ。
イラストで言えば、もっと壁側の場合すらあります。
なんで?

ひとつは間違いなく『浅さ』があるからです。
なぜ浅くなるのでしょう。
ひとつはルアーだから、というのもあります。

これ以上はたくさん行って調べて下さい。
ワタクシはまだ5%も理解していませんし、
原稿ではないので。スンマセン。

これからの寒くなる時期、
他の人が釣れていない中で釣果を上げる人ほど
このピンクの場所に相当するところで釣ってますから。
以上、釣りの話終了。

コメントを見る

登録ライター



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!