プロフィール

小川健太郎

南極

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

QRコード

ogawakentarou twitter

ツララjp

小川健太郎釣りペイジ


counter_img.php?id=89031498

わたしの食べ物

  • カテゴリー:日記/一般
  • (生活)
写真は飛騨神岡にある『峡や』の永尾さん。



最高級(五等級といいます)の飛騨牛、



そして白エビの天ぷら。



上の写真のサバは刺身です。漁師か釣り人しか食べれないお味。
よそとは完全に味の次元が違うのです。

彼が修業時代、お店を開く前から泊めていただいて
食事をいただきますが、
生きててよかったようなものを作ってます。

ちなみに3000円~5000円もあれば、レア焼酎だらけのチョイスと
死にそうなほど旨いものばっかり食べれます。
どこぞの料亭だと2、3万円以上かかる構成ですが、
サバの刺身はないでしょう。

こういうのが年に何回か食べられるから、
三日断食とか何とも思わないわけです。

峡や
0578-2-5218
岐阜県飛騨市神岡町船津1171-1

コメントを見る

小川健太郎さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!