プロフィール

のりZ

和歌山県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:77
  • 昨日のアクセス:127
  • 総アクセス数:2017775

QRコード

イナッコの群れの中で魅せる

  • カテゴリー:釣行記
個人それぞれの鉄板パターンがあると思いますが、僕もこの時期独特のパターンもあって・・・

イナッコパターンでアンチマッチザベイト(笑)

5~7cmのそろそろ釣りやすくなってきたかな~というベイトの大きさの時に、サイズをかなり大き目のミノーにしてしっかり見せてバイトさせるというもの。

とある河川の中流域でシャローに群れるイナッコを狙うシーバスをターゲットに下げ潮の時間に。

潮位がさがると居場所がなくなったイナッコはブレイク付近に近づく。そしてブレイクにはシーバスが・・・

ミノーをリトリーブだけで強弱とスピードの変化、ストップ&ゴーをスローテンポで見せると

gz67dj29ygx58pvzoes9_480_480-9c375342.jpg

メチャイージーにヒット。

さらに続けて・・・

6gtxfffxhbyetj6rtitr_480_480-274d41eb.jpg

サイズダウンですが・・・

そこでもっとしっかり見せることができるカラーに変えて

xtuyzyavfup9dgxjwnzb_480_480-0ba9ce3c.jpg

ちょいとサイズが戻ったが、まだまだ満足できるサイズではなく、それでもコンスタンとにバイトがあるので、そのまま続けるが、やはりサイズはそのまま。

そこでさらにスローテンポで攻めると

6yn22iv9ecsuie3hvavu_480_480-68db5988.jpg
v55h4vjoakm3y7kw28hr_480_480-a3839226.jpg
やっと60UPの納得サイズ♪

この釣りのコツは、我慢してミノーをできるだけスローテンポでストップ&ゴーをすること、そしてロッドでキレのあるジャークをくわえると、イナッコがスレ掛かりしてしまうので、リトリーブだけでヌメリ感のあるアクションをさせること。

今回、使用したのは
morethan ウィンドストーム135F
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_ws/index.html

ヌメリ感を意識したタイトミノーなのと、飛距離も出るのでブレイクに接近しなくても攻めることができるので、プレッシャーをかけずに済みます。
また、レンジも浅いのでシャローエリアにはピッタリ♪

これから秋口まで、このパターンではまることが多いので、是非試してくださいね。

≪使用タックル≫
・ロッド
morethan AGS 810MB
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/salt_rd/mt_ags_bait/index.html

・リール
morethan PESV
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/bait_rl/mt_pe_sv/index.html

・ライン
morethan12braid #1
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/line/solt_li/uvf_mtsensor_12ex/index.html

・リーダー
オーナーばり ザイト磯フロロ5号


・ルアー
morethan ウィンドストーム135F
http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/sea_le/morethan_ws/index.html
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!