プロフィール

丹羽 喜嗣

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:60
  • 昨日のアクセス:78
  • 総アクセス数:373005

QRコード

検索

:

B系 その2

ブリームなんですが、ベイトタックルでの釣りのこと。
スピニングがゼネラリストとするなら、ベイトはスペシャリスト
という言葉がマッチする気がしますねー

ブリームゲームを突き詰めるうえで、ベイトリールでしか
なし得ない戦略が存在すると判断しちゃってます。

それは、攻め方の特異性に尽きると思います。
一見すると攻撃的タックルと思われがちですが、実はリグの
操作系においては、真反対と言えるのかな。

私の場合、あくまでざっくりとですが・・・

●スピニングは面の釣り
●ベイトは点の釣り

つまりですね、ブリームゲームでのベイトの強みとは
明らかに魚が存在し、局所的な攻めを必要とする場合の
一連のリグ操作に秀でていることだと思います。

事実、数センチ単位でリグを操作する場合、スピニングでは
操作感がぼやけてしまいがち。低活性時にその傾向は
釣果の差として表面化してきます。
また、ソフチューブTOPのティップ特性を活かした攻めは、
ベイトリールのためにあると言ってもいいじゃねーかと。

fj74wuze4z8i5ev5z2bv_480_480-80397a0b.jpg

この日、魚はたくさん入っていましたが、極小ばかりで
良型のバイトは稀にあるだけで、そのタイミングを伺って
たんすけど、その攻略にあぐねいてやしたんです。

やがて、活性の高い小型のバイトは激減し、何となく終了の
ゴングが鳴りそうな予感に包まれてました笑

たまたま、リールのドラグが気になり、リグが放置状態の
時間が生じたんすよ。そしたら、ゴンっ!って

はぁーーー、これじゃが笑
しかも、再現性の高いウルトラピンスポットを発見
アップクロスでそのピンを攻めてくワケです。
で、そのピンに入ってからが、このタックルの利点が
如実にあらわれるわけですよ。

ブリームキャッチャーが流れに揺られるワカメのごとき
操作をしていくっちゅう攻め。ボトムの起伏をホンマ1㎝
単位で感じながら、揺らしていく感じ。
ソフチューブが効いてるが悶々と笑

こういうときが気持良さを痛感するときです笑
個人的な釣りの醍醐味っ

で、やっぱり見事なバイトが出るわけですねーー

小型の活性が落ちてからのわずかな時間でしたが、
ココ最近歯車が噛み合ってなかったブリームのアジャスト完了

ラインがPE0.4号なので、どこか解放的なキャストに至っては
いないのですが、ここが克服できればちょっとヤバい釣りに
なりそうな予感でございますっ

eor8k7fw9pm2ct7bprfh_480_480-34fad13f.jpg

体型みればわかるように、ややお疲れモードな感じ。
魚食ってるやつはブリンブリンになってる模様ですが、
シャローボトムの魚は、いま一歩ですね。
もう少し水温低下が進めば、良いゲーム展開が期待できそっ

B系なかなかやりますぜ♡


タックル
ロッド ブレニアス B704L
リール ブレニアスLEFTハンドル
ネガカリノタテ7g + ブリームキャッチャー

コメントを見る

丹羽 喜嗣さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!