メバルdeフレンチ♪

  • カテゴリー:日記/一般
  • (Cuisine)

フランス料理でメバルってどう?料理するんですか?

なんて質問を良くされるので今日は、メバル料理の紹介です!

今回紹介するのは骨の髄まで調理した2品!

まず1品目は、

Escabeche エスカベーシュ

これは、スペイン発祥の地中海イメージのあるフランス料理で、

フランスのお惣菜や保存食として知られている庶民的なものです。

日本でも馴染みのある南蛮漬けみたいなものですね




(材料)

・メバルフィレ(3枚に卸したもの)
玉葱・パプリカ赤・黄(5mm幅に目切り)
・ヴィネグレットソース(自家製ドレッシング)
 
※ドレッシングは市販物でも可・フレンチ・イタリアンドレッシングがおすすめ



①180℃のサラダ油でAの野菜を食感が残る程度揚げる


②野菜の香りが移ったサラダ油で軽く粉を付けたメバルを揚げる


③ ①と②をボールで合わせヴィネグレットソースで和える


④容器に移しラップで落し蓋をして冷蔵庫で一晩寝かせる


⑤器にサラダ等を敷き、盛り付けたら完成!





そして2品目が


Soupe de Poisson
 スープ・ド・ポワソン

メバルから出たアラを使用したメバルの凝縮スープです♪

フランス料理では定番のスープの一つ!プロヴァンスの代表料理で

ブイヤベースから派生したと
言われています



(材料)

・メバルのアラ(血合いを取り除く)
・ミルポワ(玉葱・人参・セロリ・ニンニクの薄切り)その他ハーブ
・オリーブ油・塩・トマトホール・サフラン・ペルノー

※ペルノーが無ければ白ワインで代用


①トマトホール以外の材料を鍋に合わせて30分馴染ませる


②水でのばしたトマトホールを加え、中火にかけて熱する


③まめにアクを取り除き沸騰したら弱火にして40分ほど煮込む


④すりこぎで潰しながらシノアで漉し塩・胡椒で味を調える


⑤バケットスライス・ルイユ・グリュイエールチーズ(粉末)を添えて完成

※ルイユは、ニンニクマヨネーズです。

※甲殻類なんかがあれば更に深みのあるスープに仕上がります


バケットにルイユを塗りチーズを振りかけ、スープに浸して食べるのが

フランス流の食べ方です♪ 具材を入れたらブイヤベースに大変身(笑)



と、まぁ~調理例の一部を、紹介してみました。スープ・ド・ポワソンは、

時間と手間が掛かるので、家庭では
難しいかもしれませんが

エスカベーシュなんかは、簡単なので、ご家庭で作られてみてはいかがでしょうか? 

メバルに限らずどんな魚でもおいしく作れるのでおすすめですよ♪

コメントを見る

テルさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!