プロフィール

山西雄太

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:24
  • 昨日のアクセス:32
  • 総アクセス数:281471

QRコード

魚釣りとは 我が人生最高の 楽しみだ

増水と爆風と埼玉河川





4月もいよいよ後半。


大学4年生という事もあり慣れない電車や都心に揉まれながら過す日々、、



都内へ行く時は、あっちこっちの釣具屋さんを巡り。



b6iku4d8g7shfm3cay5y_920_690-48027bee.jpg



サンヨーナイロンのナノダックス17.5lb。


少々摩擦に弱く、熱で癖がついたりしますが、、





細いうえに強度があり若干伸びるということもあり愛用しているショックリーダー


を買い足し!



hhxmm8v6i5rjwfpgisoe_920_690-a515362a.jpg



zfgenmmsgdpxj36t6c2p_920_690-ec8c10d3.jpg



そして、fimoフック。



ブローウィン80Sが発売されてから海、川で使用してきたのですが


サビもほとんどなく、ポイントも死んでいない為fimoフックを購入。



ラウンドタイプがリリースされないか待ち遠しい。。












体を壊さないように気をつけなければならない時期ではありますが、バカなので風邪は引きません(笑)



やっと時間が出来た為、埼玉河川へ。



【コンディション】
□風速10m
□雨
□やや強めの濁り

という感じ。



GWの初日という事もあり、雨の中でも釣りを楽しむアングラーさんで賑わいを見せている。



小潮ではあるが、雨という事もあり流れは速い。そして風速10mの風もあるため



釣りが非常に厳しい状況。軽いルアーだと何処に飛ぶのかさっぱり分からない。



増水時は流れがヨレていてシャローというシュチュエーションを探してエントリーをしている。



完全にナマズ狙いです。




ポイントにエントリーすると、いつもの立っている釣り座にはナマズの姿があった。



しかも、1匹だけではない。



ジーッとしていて、真上をハクが通過すると『ボシュ』っと捕食する。



鯰「今日は楽チンに捕食出来ていいなー」

と、でも思っているのではないだろうか。

ハクの通り道の下にはナマズがずっと口を開けて待っている感じ。




ナマズがいるポイントにGaboz‼!90Fを流し込んでいく。




口元に持っていき、鼻上で焦らして誘う。



鯰「ちょっとデカイけど、食べちゃお♪」



『ボシュ』!!



水面が爆発!



rwe7twxd293tdwzaevtx_920_690-538818b0.jpg
BlueBlue Gaboz!!!90F


ハクを捕食していても、このサイズでもしっかり追ってくれるナマズ。


面白い、楽しい!!




vd8sp5xbu9h5wdhawdh3_690_920-62d12326.jpg


60upでお腹もパンパンだった。



かわいい!!r(≧ω≦*)


飼っていいですか??








ポイントを移動。








満潮時ですら水位の届かない場所に生えている
雑草はハクの格好の隠れ家になる。



だが、逆にフィッシュイーターも格好の捕食場にもなるため、こういう場所は比較的にルアーへの反応は良い。



水面爆発系、Gaboz‼!90Fを岸ギリギリにキャストして上流に立っている私の方へ巻いていく



背後からV字でチェイスする!!



ナマズが『ボシュ』『ボシュ』と吸い込むが乗らない。。




このポイントはナマズのサイズが少し小さいように思われる。





色々な角度で狙ってみるが、ルアーには反応をしてくれず







ルアーをイマカツのジレンマポッパーをセレクト。



雑草周辺でナマズ特有の吸い込み音が2回。



そこにキャスト。



若干のポッピングをした後にV字でただ巻で誘う。



『ボシュ』!!



っとヒット!!


fgx6r8i95jiktyg658w5_690_920-84247f94.jpg
イマカツ ジレンマポッパー。



いい感じでフッキングをしていました。



68jauthvs9o98o8t498c_690_920-f3a6c3c5.jpg
イマカツ ジレンマポッパー。


サイズダウンさせたのが良かったみたいです。


針が小さいのが難点。。






【シーバス狙いにシフト】




まずは、ボイルを探す。


川の流れが速いため単純な明暗部ではなく、橋と橋の隙間から光が水面に照らされている[暗明暗]を攻める。



フラットラップ、ガボッツ、、ブローウィン。



様々なルアーを使って攻略を試みますが反応はなく、私を嘲笑うようにボイルが起こる。



こういう時は観察に限る。。。






うーん。。



うーん。。



すると…



数匹のハクが下流へ流され、暗明暗に入ると『ボン』!!


と食われた。



泳いでいた、というよりは流されていた。







ハクが流されていて、明かりの部分に差し掛かった時に下層にいたシーバスはシルエットを見て捕食したのだと考えた。



「トップウォーターを巻かずに流してみると釣れるかも」という考えが浮かんだ。



早速、検証だ。




「浮力」「シルエット」を考えると、先程釣ったイマカツのジレンマポッパーがいいのではないかと思い、こいつを投げてみる。



巻かずに、流してみる。




しかし、川の流れの速さよりも速く下流へ流されてしまう。







同調させ、流したい。



なかなか、思い浮かんだようには出来ない。





トップガイドから30cm先からはラインを水面に付けて風の抵抗を受けないようにしてみた。





凄く基本的な事なのだが、、しばらく思いつかなかった…





暴風の中、やっと上手くいきウキが流される様な感じで流す事が出来た。




『ボン』!!『ボン』と二回ジレンマポッパーへバイトしたが乗らず。。





おおおおおおおお!!




新たな発見に出会った。トップウォータープラグ巻かない、波紋も出ていなくても釣れるんだ。


風や流れもあったのでルアーが若干フラフラと、揺れていて「バコン!」と出たのかもしれませんが。



ブラックバス釣りにおいては、トップウォータープラグを巻かないで波紋で寄せ食わすという釣りを成立した事は合ったのだが



今までシーバス釣りでは成立した事はなかった。



再び、同じ様に流し直す。



10投目位だっただろうか?



『ボン』!!


と先程よりも、大きな吸い込み音。


ドラグをゆるゆるにしていた為、弾くことは無くスズキの薄皮1枚の所にしっかりとフッキングをしていた。


uv2f433k3dsgxuspac4f_690_920-37542e9a.jpg



4hy8w29ywwoky6atsmdz_690_920-a9e6e2c2.jpg



50cmほどのシーバス。新たな発見をさせてくれて感謝。



思いっきりフィーディングテーブル上でヒットさせてしまったので、一気にボイルはなくなってしまった。



朝日が私を照らし始めてきたタイミングで納竿しました。









[タックルデータ]

□ロッド
メジャークラフト ,PEエボリューション86L

□リール
シマノ 15ツインパワー4000XG

□PEライン
山豊テグス ストロング8 1号

□ショックリーダー
プロセレ ナノダックス17.5lb





コメントを見る

山西雄太さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!