プロフィール

石川克明

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:21
  • 昨日のアクセス:85
  • 総アクセス数:973957

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

春一番直前


2月13日(土)

四国では気象庁から春一番の発表があった2/13。

ようやく釣りに行ける時間が取れたので、さっさと身支度を済ませて沖堤防へ。

早朝は気温9℃と高めながら、沖堤に渡ったときはまだ北よりの風。真冬のレイヤー装備は-1枚で来たがさすがに朝は寒かった。

取り敢えず、灯台で北風を凌ぎながら日の出を待つことにしたが…

ていうか、岸ジギ多いって(笑)

高台はシャカシャカ音のサラウンド。

今回は岸ジギがメインのつもりで来たが、これではちょっと無理そう。

自分は方向性を変えて移動することにしたが、その前に先端でちょこっとキャストさせてもらう。

すると、数回のキャストでフォールにコン!とバイト。

ピシッと合わせて速攻ランディング。

しっかり呑み込んできた、40m沖目の魚。



c49e5iydn5n89peyhoob_480_360-37d7f438.jpghu3tz7co8z9i2237b3zk_480_360-0278d459.jpg



50アップ。

岸ジギの方は、日の出直後に1本見れただけで、この時点では時合いっちゅう時合いはなかった様子。





AM7:00前。

移動した場所は、岸ジギの次の候補として、南風に変われば“風が当たる”と予測していたストレッチ。

イイ感じの貸し切り。

到着したタイミングで丁度風向きが変わり、シチューションとしても予想通り(笑)

しかし魚影は薄く、広く探るも出たのは1本のみ。

釣れなくもないが、キャストの方はまだまだこれから。

岸ジギは粘れば短い時合いがあるようなので、また空いている時にでもチャレンジしてみよう。



umjh8wvffgzxx6c6h7m8_480_360-533e54d4.jpg



広大なオープンエリアを目の当たりに、

引き重り系ブレードのモッサリ感では、初手としてつまらない。

かといって、普通の鉄板ではアピールとリトリーブスピードの噛み合わせ悪く、時期尚早。

そんなシチュエーションでは、スロー気味に強アピールできるルアーで「魚を寄せる」が有効。

シャクラの「ジャーク&フォール」がドンズバなので、ぜひお試しください。




それから、釣り仲間のATOLL滝田さんがブログを始めたのでご紹介します。

http://kouwantanbou.naturum.ne.jp/

昨年、この沖堤の岸ジギで31本出した方。(全キャッチで)

ちょい悪おやじって言葉が妙にしっくりきますが、ATOLLメンバーでは気遣い上手な年長者。

釣りログ、いい味出してます(笑)

ゆる~いログでニンマリしたい方はこちらもどうぞ。




 
【 TACKLE DATA 】

ロッド:DAIWA morethan AGS 85MLM
リール:DAIWA morethan BRANZINO 2508SH-LBD
ライン:YGKよつあみ G-soul X8 UPGRADE 1号(22LB) 150m
リーダ:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER PREMIUM FLUORO CARBON 6号22LB

ルアー:ATOLL「JJシャクラ」 30g(れもんいろ/極夜)
 
b97oacdghbgt6gafb525-0dd49bdc.jpg
7dijo63gwvck27bn8jzu-ed899fea.jpg
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!