プロフィール

石川克明

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:73
  • 昨日のアクセス:159
  • 総アクセス数:946918

QRコード

ATOLL

WITH

釣り助・オンラインショップ

山本釣船店

第7回本牧フェスタ


1月24日(日)

日本最大級のシーバスフェスティバル「第7回本牧ルアーフィッシングフェスティバル」が本牧海釣り施設で開催された。

数十年ぶりの大寒波接近中ということで中止も心配されていたが、寒波の影響は殆どなくフェスタ開始間際には多くのアングラーが本牧海釣り施設を訪れた。

5:30になり受付の行列に並ぶと、少し遅れてATOLL滝田氏から「着きました」のLINEが入る。

恒例のくじ引きは…

700か!最悪だ!!

…と一瞬思ったが、よく見れば007やないかい(笑)



zeau2j353g4xhen6fj6i_480_360-8ace8107.jpg



開会式開場に向かうと、真っ先に目に付いたのはATOLL高橋氏。

長身だから雑踏の中でも一目でわかるって、便利だー(笑)

それから、久しぶりの参加らしいfimoネーム「岸壁ジギンガー」さん。

たまたま受付の時に私の前に並んでいたので挨拶は既に済ませていた。

ここではかなりリラックスモード。沖堤へ行くときの緊張感のようなものを感じさせなかった。

それから、fimoネーム「J.BOY」さん。

職業柄かは不明だが、相変わらず頼りがいある雰囲気を醸し出していた。

それから、自分の列の方へ歩いて行くと「石川さん!」と声を掛けてくれたのはfimoの大西さん。

直接お会いするのはニコ生以来。

何でも、ガチ参加らしい(笑)

この方、肉食男子でないことは確かでしょう。

相変わらず「いい味」出している(笑)




7:00になり、いよいよスタートフィッシング。

釣り座は新護岸を選択した。

やはり大寒波の接近を意識しての場所取りだったが、天気予報が見事外れたことを実感出来たのはスタートフィッシングからある程度の時間が経過してから。

潮があまり流れないのは最近のこのフィールドの特徴だ。

ここの潮は数年前とは違う。

しかし天気予報は普段から宛にしてないのだが…

爆風予想だったのに、いくら何でも凪はないでしょ凪は(笑)

前半は「ポッコーン」の1バイトのみ。これはヒットせず。

自分のことながら予想とは間逆のゲーム展開に戸惑っていたのかな、ふと気付けば“無心”でキャストしていた。

これ、ダメなパターンだ(汗)

我に返り、一旦、間をおくためにトイレ休憩を挟む。

「運」を付けてこよう(食事中の方失礼)

釣り座に戻ると2つ隣のカマボコ(釣り座)でロクマルが1本出ていたが後が続かず、護岸一帯に雰囲気のないまま後半を迎えた。

釣り座の移動も考えたが、居着きを出された後の護岸に入ってもあまり期待はできない。

ただ、沖桟橋に関しては潮位が下がり始めてからの回遊と岸ジギにチャンスありとは思ったが、移動した途端に爆風に変わって、行動が“裏目”にでるという最悪の事態だけは避けたい。

結局、新護岸続行を決意。

普段ジャーキングで成果を上げているシャクラは、タダ巻きスローで漂わせて「可変リトリーブ」で見せて食わす釣りに専念した。

得意のルーティンを挟みながら。



5pio3vsavrc5pe9dgyux_480_360-03d078a1.jpg



ストップフィッシング1時間前。

ここまでウェイインされた魚は全体でまだ6~7本らしい。

いい感じの渋さだ(苦笑)

既にロッドを置く人もチラホラ出てきてはいたが、9:00にロッドを置くにはまだ早いっしょ。

最終局面は、続ける「意地」と信頼するシャクラ「極夜」があればいい。

そしてようやく動きがあった。

中層のスローリトリーブに極小の「コン」というバイトに電撃合わせで対応。

ヒット!

バーブレスだからね、いつもよりやや時間を掛けながら無事キャッチ。



c22jnm6vrr4pppn7vtkb_480_360-f4260aec.jpgrw2ndgnbhrhsd46hd3g7_480_360-d5e14af2.jpg



叉長で47cm

多分、前半のバイト「ポッコーン」の方がサイズはありそうだった。

このサイズでは入賞争いに参加できなかったが、まあ約200人の総ウェイインが7~8本であることを考えれば価値ある1本だ。




最後に楽しませてもらって、第7回本牧フェスタは終了した。

本大会の優勝者は叉長78cmだったかな。

全長で測ればランカーサイズが飛び出したらしい。

例のあの場所でね。

ただ、今回は護岸ではなく沖桟橋側だったらしい。さすがでございます。

実は、西風のときは優勝者が出た場所が「正解」なので、ある意味これはセオリー通りの結果。

ただ、自分は入らなかった。

自分にとって誤算だったのは見事に外れた爆風予報だ。

沖桟橋と西側は釣りにならないくらい風の影響を受ける予定だったからね、くじ運がよいと逆にあの場所はとても選択できない。

何ちゅうか下駄を履くまで分からないのが釣りなんだよね。

今回もいい勉強になりました。

第7回フェスタも実に盛り上がったイベントでした。

参加された方、そして施設の方、寒い中本当にお疲れ様でした。

(※本文に登場する釣果本数、参加人数は公式発表された数ではありませんのでご了承ください)




yghkzdb6ytsyyfh6uetk_480_360-f4190175.jpg


<大会成績>

出場5回(第3回~第7回)

第1回 -
第2回 -
第3回(新護岸) 53cm
第4回(旧護岸) ノーフィッシュ
第5回(沖桟橋) 61.5cm(2位)
第6回(沖桟橋) ノーフィッシュ
第7回(新護岸) 47cm




 
【 TACKLE DATA 】

ロッド:DAIWA morethan AGS 85MLM
リール:DAIWA morethan BRANZINO 2508SH-LBD
ライン:YGKよつあみ G-soul X8 UPGRADE 1号(22LB) 150m
リーダ:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER PREMIUM FLUORO CARBON 6号22LB
ルアー:
ATOLL「JJシャクラ」 30g(極夜)

 
7dijo63gwvck27bn8jzu-ed899fea.jpg
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!