プロフィール

まさみね

長崎県

プロフィール詳細

検索

:

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:15
  • 昨日のアクセス:20
  • 総アクセス数:471167

入魂し損ねた!

五島地方は年末からずっと時化だったんだけど,今日は久しぶりに風がおさまったので,ずっと行こうと思っていた場所に行ってみた。

車を降りたらまずは山登りから始まる。

山頂に着くと,今度は急角度に獣道を下っていく。

帰りのことを考えたら恐ろしくなる。

降りていくときは,後ろを振り返らないこと。これ大事。


さて,釣り場に着くと昨日までの時化の名残が思った以上に残っていて,時折大きなうねりが押し寄せてくる。

持ってきた道具は青物ベイトタックルなんだけど,浮気心がムラムラと…


で,まずはミノーをキャスト。


足下では,はい上がった波が一気に落ち込み,真っ白なサラシを形成している。
沖目から引いてきたミノーに,ヒラスズキがもんどりうった。


「いるいる。」



スレさせないよう間をおく。別のサラシを攻めてみる。

3,4投してみたが,反応はない。



もう一度さっきのところ。

今度は岸に沿ってキャスト。


ゆったりと巻いてくると,もう一度足下で出た。

でかい! おそらく80はある。

しかし,ルアーにかすかに触ったのみ。


うーん…


すぐに投げ直したい衝動を抑え,もう一度間を開ける。



そしてもう一度岸際に沿ってキャスト。


今度は20mほど先のサラシの中で



「ゴン」



確実に乗った!


ヒラスズキでリールに入魂ってのもいいかな?

まあ,道具が道具なだけに,いじめっぽいな~なんて思いながら,ゴリゴリと巻き寄せる。



水深があるところでは,ヒラスズキって結構引く。

サイズもよいようで,なかなかの抵抗を見せてくれる。

せっかくだからこっちも楽しむ。


3回程ツッコミを見せたけど,やがて銀色の魚体が浮いてきた。

足下まで誘導し,どうやって取ろうかと考えた瞬間に,えら洗いをかまされた。


「あっ…」





哀れ,振り飛ばされたミノーが波間にゆっくりと沈んでいく。



「あぁ…ま,しょうがないかな?」



獲れなかったのは残念だけど,ま,不思議と悔しくはない。
どうせなら,ちゃんとした道具でやりたいし,今日のメインターゲットはあくまでもヒラスだからね。



気を取り直してペンシルにルアーチェンジをし,本来の釣りを始めた。


そこから3投目ぐらい。

ペンシルの後ろに

「モワン」



最近は,本当にこればっかり。

何だろう。活性が低いのか? アプローチが悪いのか?

なかなか答えを導き出せないなあ…



そして,そろそろ帰ろうかという気持ちになり始めたとき,


「パンッ!」




なんと,バックラしてキャスト切れ。

気に入っていた自作のペンシルが,遙か向こうの波間に飛び込んだ。


はあ。
ヒラスズキをばらしたことよりも,こっちの方がショックでかい。


そして上を見上げると,帰りの山道がそびえ立つ山のてっぺんまで続くのが目に入った…



タックルデータ
ロッド:BVGS-96XH(改)
リール:SALD20HS
ライン:ウルトラジグマン#5
ルアー:BKS175SW,自作ペンシル

コメントを見る

まさみねさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!