プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:113
  • 昨日のアクセス:516
  • 総アクセス数:1843443

QRコード

ロックショックス

  • カテゴリー:日記/一般
もう使わなくなったアクションカムが有るから要りますか?

なんて有り難いお言葉。
丁度アシストフックが必要になりそうなので、アシストフックと交換で如何?
って御提案。ハイハァ~イ!アシストフックな。OK~、おk~!!

ライトなPE2号前後のタックル用のアシストフックな。
もう、イッパイ作って有るもんねぇ~。

押入れをゴソゴソ・・・・ガラクタ然とした道具箱をガサガサ・・・。


無い。


作りだしたら止まんないのでイッパイ作った筈なんだが、何処に行ったんでしょうか?

またしても内職する夜が続くのでしょうかねぇ。

おかしいなぁ。山ほど有った筈なんだけど。
こうなったらね、探すより作る方が早いのですよ。


さて、何だかねぇ。自転車が欲しい気がしないでも無い。
今時の進化したMTBをね。

ロードレーサーって20数年前にデュアルコントロールレバーがシマノから発売されて変速機構の一大変化が起きたんだけど、それ以降は殆ど変化なし。
もちろん変速数は9速から10、11、今じゃ12速って事だけど、大きな構造的な変化は無かったんだ。
それだけ27インチの700Cホイルのロードレーサーって完成されたデザインって事。

所がね、MTBは80年代の世界的なブームから留まる事を知らぬ進化、細分化が未だに続いているようですよ。
自転車店で勤めていた90年代の初頭、重くなるから有り得ない!って事だったMTB用サスペンションフォークが登場します。
アメリカのロックショックスが発売した確か

”RS-1”

っていう商品名だったはず。
作っていたのは東大阪のヨシガイってブレーキメーカー。
定価が7万数千円だったっけ?
もちろん直ぐに購入しましたよ、ええ。

kvmnwh877aosjrjfizjm_480_480-c9c0f1f2.jpg
長野県、白馬のダウンヒルレース。まだまだ珍しかったロックショックスのフロントサス。

オイル&エアーのサスペンションだったんだけど、サスペンションフォークのノウハウも少ない時代、オイル漏れするトラブルが頻発しましたが、この革新的、意欲的な商品のロックショックのフロントサスペンションが今のマウンテンバイクの原型を作ったと言っても過言ではないのです。
ストローク量が70mm程度のオモチャみたいなものでしたがダウンヒルレースでは圧倒的な差になるのでした。

ux5jso94k6d4t3ypy3r2_480_480-41508c6f.jpg
思い、壊れる、動かないの3拍子w これ、今でも手元に残ってるw


おっと、書きだしたら脱線転覆が著しいなコレ。

まぁ、当時から進歩と革新が止まんないMTBシーンが世界的な視野で見ると大きな潮流になっておるようで、日本にもまた昔のような熱いMTBブームが来てくれる事を願って止まないのです。

だから、今時の前後共にディスクブレーキ化されたフルサスペンションのフリーライドモデルが欲しかったりするのです。



 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!