プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:5
  • 昨日のアクセス:596
  • 総アクセス数:1799720

QRコード

掛けたらダメな奴   ~ティップラン・オフショアキャスティング

久しぶりに天気の良い、模様の良い日曜日。
午前中に家事手伝いを済ませ、昼食を摂ってからノンビリと釣りに行ってみるか。

気温が上がると風が吹きだすので昼位に出るのが丁度良いティップランエギング。
予想どうり良い感じの東の風 (笑
東の風なのでウネリが入っていますが、日が傾いて気温が下がりだすと西風になって凪ぐはずよ。

13時に出港、一気に南下して白木沖を目指します。
今回は3セットの持ち込み。
ティップランエギングがメインなのでティップランエギングが2セット。

dd24jwbzwzyz8dmf6w8s_480_480-5468ae6e.jpg
この二本が有れば大丈夫!

テイルウォーク・ティップランナーの510M と、510ML/SL。
リールはどちらもケンクラフト・エクシアMX2000、PE0.6号。
510ML/SLにはエステル2号のリーダーを2ヒロ。
510Mには何時もどうりのフロロカーボン2号、8lbを2ヒロ半。

残る1セットはナブラに期待してのナブラ撃ち用のウルトラライトクラスのオフショアキャスティングタックル。

4v7jttniic7ko4yj4isr_480_480-4399be9f.jpg
ビッグチャンスをモノに出来ないインケツ竿w このオシペン風のルアーがまさかの・・・・

テイルウォーク・スナッチS70MHテクニカルキャスト に、ケンクラフト・ゼスターVX3000 に、PE1.2号。
ナイロン35lbのリーダーを2ヒロ半。

港を出て幾らも走らないうちにナブラ発見!

早速風上に着けて投げ込んで見たんだけど、慌ててるとダメね。
いつもと違うタイミング、投法で投げたんでしょうね・・・・

”パチッ!”

と、数投で滅多にやらない投げ切れ。
ガックリですよ。
しかも投げ切れたルアーはシンキングタイプなので回収不能。
トホホな出だし、ナブラも沈んじゃってね。

取りあえず予備のリーダーが20lbしか無かったんでFGで組んでおきますが、1.2号のPEに20lbじゃチョいと頼りないな。

ナブラ撃ちの準備はしておいてまずはティップラン。
白木沖まで移動、GPSに打ちこんである小さな瀬周りでまずは1流し。
3度目か4度目の誘いあげで

”・・・トッ!!”

っと、触りに来たので直ぐに底を取り直し。
次の誘いで乗らず、その次の巻きシャクリに少し変化をつけて見ると気持ち良くティップがラン!

一流し目でボウズ逃れの300g。

2hpx97gv6mitmre5g2ij_480_480-33d7f9a3.jpg
白木沖の瀬で連発した事ないんだよなぁ~

幸先良くスタートしたんだけど、コレからが大変。
点々と在る瀬周りを流せど全くアタリ無し。
良い具合に風が吹いて気持ちの良いティップラン日和なんだけど、釣れなきゃどうしようもねぇ。

風が少し強まり波頭が砕け出したので釣り戻る事にして田の浦方面に戻り出した時、沖で盛大なナブラ発生!
沈む前にナブラに辿りついたのは良いんだけど、湧き方が半端じゃねぇよ。
海面が真っ白に湧きたつ程の盛大なナブラ!
ボイル・・・・沸騰したような海面に呆然ですよ。
しかも湧いてるのがデカイ・・・ブリ!

取りあえずメタルジグを着けてあったのでそのまま逝ってまえ!

いつもの如く、ナブラに取り囲まれて廻り中ブリだらけ。
完全に目の色を変えて湧いてると船が有ろうが無かろうが関係なく湧くんです。

表層を飛び跳ねながら高速で巻いてくるメタルジグの後ろを猛烈な引き波を引きたてながらブリが追って来るものの最後の一歩でルアーに喰いつかず。
そんな事が3、4度続いてましたが、ボート近くまで回収してきたメタルジグに巨大なブリが3匹着いて来た!

もうね、一瞬の出来事なんですが、心臓がコレ以上ない位に高なる瞬間です!

回収直前のメタルジグに1匹が横面から猛烈にアタって来ましたが残念ながら口に入らず手元にガツン!と、来ただけ。

それでナブラも沈んでしまい茫然自失。
まったく、本当にナブラ撃ちは心臓に悪いわい。
兎にも角にもルアーには反応するのが救い、次のナブラはプラグで挑むべくマリアのミスカルナに交換しておいた。

nawbj7whoy32t84hj4ob-0df7368b.jpg
コレは過去写真。フックサイズは若干変更してあった筈?前後自作のシングル地獄針

ナブラ撃ちがメインではないのでナブラが沈んだら直ぐにティップラン。
田の浦沖~ウミタマゴ沖の10~12m、12~15mラインを流しながらポツポツ。

”・・・ボスッ!” っと、一気に押さえ込みアタリに即アワセ。
チリリリ!と良い具合にドラグが出て本日最大、今季最大の800gクラス。

p7vm97uhkt8fm4zg6ttk_480_480-7891b4f7.jpg
ML/SLで掛けると良い具合に曲がってくれます!そろそろ・・・・kg超え居るんじゃないの?

暫くするとまた湧いた!

秋のナブラって夏のナブラと違ってカモメが上空で舞うんですよ。
カモメがソワソワと舞うその下の水面がまっ黒!

vc5jhuwj3xu53ra4xov3_480_480-d7eec626.jpg
秋のナブラはカモメを見てると良く分かる。湧くところに着水して湧き待ちしてるもんw

上手く風上に廻りこんでナブラ撃ち開始。

「撃ちぃ~かた、始めぇ~!」

着水したら即早巻きで表層を飛び跳ねるようにすると一発で

”ザッフゥ~ンッ!”

っと、ルアーが大きな波紋と共に消えた瞬間、手元にガツン!

”チィィィィィ~~~~~ッッ!!!”

っと、気持ちの良いドラグ音を響かせながら一気に持って行かれます。
追いアワセを2、3回入れて限界より弱め設定のドラグを手ドラグで補助して行き足を止めに掛かります。

cdgnv83jxjfyif3vu6to_480_480-0de3d38d.jpg
コレはまだほんの序の口・・・・本気で突っ込むと写真どころじゃねぇよw

ああっ・・・分かってはいたけどコレは掛けたらダメな奴を掛けてしまったようです。

PE1.2号なんだけどリーダーが投げ切れて20lbになっているのが悔やまれますが、こうなったら仕方がネぇ!
絶対に獲ってやる!
チラリと時刻を確認したら16時15分。
さてはて、今回は何分で上がるのでしょうか?

一回目の突っ込みは意外と簡単に止まったんでそんなに大きくは無さそう。
それでも、そこはそれ青物ですよ。
MHクラスとは言え、所詮はボートシーバスロッドなんで突っ走るとバットまでカチ曲がり。
エエでぇ~、エエ仕事しとるで~。

10分も経たずにリーダーが入ったんで意外と簡単に仕留められるのか?と思わせながら、水面に出てからも何度も突っ込むので油断できません。
が、手ドラグでジワリと締めあげると簡単に止まる。

何度もタモ入れ出来そうなタイミングが有ったのですが、そこで獲り急ぐと失敗するのでタモ入れも慌てずにチャンスを窺い一発でタモ入れ成功!!

捕獲時刻は16時35分。
暴れると危ないから取りあえず〆てからの記録写真。

ex8zrfatmp3n2n2vhafc_480_480-2e1a6775.jpg
慌ててたんで・・・・水を流してから写真を撮れば良かったと今頃思いましたw

血まみれで凄惨な写真になってしまいましたが、実測6.8kg。
8kg超えないとブリと認めないのでコレはアレだ、メジロだな。

6685e57u7tvp88r8bxhx_480_480-f99f14ea.jpg
・・・・綺麗に写真を撮れば良かったと後悔していますw

口角のカンヌキ?にチヌ針7号の地獄針が地獄掛かり。
良い所に良い掛かり方してます。

はぁ、めっちゃ満足したのでまだまだ湧いてるけど、ナブラ撃ちはもうエエわ。

ティップランして帰ろう・・・・

護岸の駈け上がりを流している時も沖でメッチャ湧いてんだけど、ブリはなぁ・・・・ヤズかサバ、マルアジなら良いんだけどね。

2杯ほど追加した17時を少し過ぎた頃に終了。

モイカは800gクラスを筆頭に200~300gクラスが中心に6、7杯?
数は数えていないけど、水揚げ量が2,7kg。
マズマズじゃないかな?

久しぶりの日中釣行でイカもソコソコ、ブリ?も釣れたし満足できた釣行。
インケツ街道まっしぐらだったテイルウォーク・スナッチS70MHテクニカルキャストも最高のヒットを飛ばしたしね。


ナブラ撃ちは楽しくって良いんだけれど、出来れば私は・・・・ヤズで良いんだけど (笑








    大潮
干潮(時間)潮位(cm)
    1:52(50) / 14:09(82)
満潮(時間)潮位(cm)
    8:16(220) / 20:01(214)

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!