プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:505
  • 昨日のアクセス:824
  • 総アクセス数:1784632

QRコード

作っておきましょう

  • カテゴリー:日記/一般
PM2.5がスゲぇな。

空が霞んでいるのはその所為だろ?

ゲフンゲッフン・・・妙に喉がイガイガするんだけど関係あるのか無いのか?
いや、気のせいでしょ。

穏やかな一日と見せかけて風強かったなぁ。
勿論のこと、釣りには行きません!もうね、釣り辞めるわ・・・位の気持ちですから。

ああ・・・でも、新鮮なアジ喰いたいよねぇ。
一昨日のボート釣行で釣れた唯一のアジ。

dt62vbrmspm2fw7a4zk7_480_480-0929e035.jpg
ホンマに・・1匹しか釣れへんかったw

愚猫の晩御飯にと思って持って帰ったんだけど、飢えたゴッドマザーと、私、そして猫の熾烈な争いが (笑

1匹のアジを獲り合うと言う情けない話。
まぁ、半分ずつ人さまが食べて、愚猫は中落ちとスキ身だけあり着けましたが?

情けない話やね。


さて、昨夜は部材不足で作成できなかったリクエストの有った4gタイプのキャロを作っておきましょう。

材料は

tp672nz8nc9tzz7z43pj_480_480-a48dcecd.jpg
シンカーが一番高いんだよな。バレットウェイツが一番安くて作りも良いんだけど・・・

・1/16のバレットシンカー
・7mmの硬質発泡棒
・0.6mmの硬質カラミ止めパイプ
・ゼリー状瞬間接着剤
・熱収縮パイプ
・ライター

の、6点。

今回作るのは標準的な4gの40mmタイプ。
まず硬質カラミ止めパイプを100mmでカット。
次いで、硬質発泡棒を40mmでカット。

9ug3wtiiwrxgwm4oo2hi_480_480-d79e766a.jpg
硬質発泡はカッターの刃を当てて転がすとポキッと折れます

後は順番に組んで行くだけ。

先端側のワームシンカーに硬質カラミ止めパイプを数ミリ出して接着。

567ibw7uicej2vsuj9vy_480_480-1265a6a2.jpg
軽くシンカーに差し込んでから接着材を注入、パイプをグルグル回して行き渡らせます

硬質発泡棒を接着。

yv43zzjxyas7zpkcgh7w_480_480-ad90943e.jpg
真っ直ぐ向くように位置調整。たっぷりと、はみ出さん程度に厚盛りの接着剤

後端のワームシンカーを接着。

ffztai9tzpmmntysymub_480_480-55001383.jpg
明後日の方向を向かないように良い位置で固定

熱収縮パイプを圧着する前に本体に重さと長さを記入。

2xyeksn2an3bha6o6vpo_480_480-65d8a02b.jpg
これ、書いとかないとどれがドレか分からなくなるよw

熱収縮パイプを圧着。

ankbxdxugw4v5tia67bn_480_480-304d7b7d.jpg
熱収縮パイプは透明をおススメする

最後に硬質カラミ止めパイプの切断面をライターで軽く炙って角を落としたら完成!

57faxjeoihvrrjiambea_480_480-67e1bd73.jpg
底を掻くと簡単に壊れちゃう消耗品、見た目は二の次ですよw

見た目は・・・んん~・・・格好悪い (笑

まぁ、素人の手作り小道具ってこんなもんよ。



この自作キャロ、今回は標準的な40mmタイプを作って見たんだけど、この浮力体の長さを調整してユックリ~超ユックリ!までの物が作れるのが自作の醍醐味。

ホント、テンション掛けたら沈まんよ?なヤツまで思うがままに作れるもんね。

アジングで使うなら4gタイプなら30mm、40mm、50mmの3種で良いんじゃないかな?
メバル用に浮力材の直径を上げた沈むの?な仕様まで作っていますけど、この手のヤツ、作り出すと止まらなくなるのが難点。

ココ暫くは県南まで下ってアジングする事も無くなったのでキャロを使う事も少なくなりましたが、広範囲を探れるキャロは利点も多いからね。

一時期ほどアジング=キャロな風潮は薄れてきましたが、キャロはエエぞぉ~。

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!