プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:606
  • 昨日のアクセス:850
  • 総アクセス数:1756046

QRコード

ルアーの結束

  • カテゴリー:日記/一般
ルアーの結束方法ってどうしてますか?

むか~し隅から隅まで穴が空くほど熟読してた”琵琶湖101シークレットタクティクス”
バス釣りにハマってた頃、20年以上前の本なんですが、監修したバスプロのチーム、ライン系メーカがメインスポンサーだった事もあって、面白いラインの結束強度の記事も記載されてました。

簡単に書くと「8lb以下のラインはユニノットが強くて、それより太くなるとクリンチノットのほうが強度が出る」と言う内容だったはず。

それを読んでからは結束する際、8lb以下はユニ、それ以上はクリンチと頑なに守って来たのですが、最近は海での釣りしかしなくなり、使うラインもどんどん太くなってきました。

ナイロンやフロロの5号、6号程度ならクリンチで充分に締めあげて結束できるのですが、ジギングやそれこそ昨日行ったショアジギングなんぞで使う80lbや100lb、120lbになって来るとクリンチノットじゃ充分満足できる結束が出来ずに、太糸の結束はTNノット+編み込みに落ち付いてきました。

基本的に太糸を良く使うオフショアではスナップ等は使わずに直結が基本だったんですが、ジギング並みのライン使うショアジギング、初めは直結してたんですが、2度3度とルアー交換すると当然リーダーが短くなってくる。
ジギングではキャスティングする事も無いのでリーダーは7~8mは取るので、ルアー交換時に結束し直してもリーダーが短くなりすぎ事は無かったのですが、キャスティングするショアジギングではリーダーの長さをルアーの垂らしを取った状態でリールにリーダーが1~2巻きする位に調整、結束時にラインが短くなってくると都合が悪い。

友人を見たらスイベルにリング装着でリング部でルアー交換。こんな方法もあるのね~知らんかった(俺だけか?)
早速スイベルとリングごっそり購入でいつでもリベンジOKです!って行く気満々かよ(^^;)


友人はウレタンチューブ使ってフリーノットにしてましたが


そうそう、昨日の話なんだけど、ジグ放り込んで底まで落とす時にボケケ~と沖を見てたら遥か遠くに三角のヒレが「ペタ~ン・・・・・ぺた~~ん・・・」と潮に乗って流れて行きます。
イルカかとも思ったんだけど、呼吸で潮を噴き上げないし、じ~っと見てて気が付きました。マンボウですね。
蒲江沖まで下った時に何度か見た事がありましたが、こんなところにも居るのね。
で、その後お約束のイルカの大群も見れましたが。

それはそうと、釣具屋情報によるといつも行くアジングのマイポイントで週末に45cmが上がったそうな。ただ、サビキ仕掛けに掛かったとのことで、目撃したルアーマン、ルアーには全く反応せずにボウズで退散したそうです。

今週末どうしようかなぁ~、マグロかデカイアジか迷うねぇ。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!