プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:890
  • 昨日のアクセス:1251
  • 総アクセス数:1759521

QRコード

突きこむアタリ   ~ティップランエギング ボート 

気が着けば朝、枕元の目覚まし時計を手に取って寝ボケ眼で見ると8時20分・・・

良く寝ましたぁ!

昨夜は例の如く、道具の準備しながらの深酒だったんだけれど、寝落ちは回避。
キチンと布団に入って就寝したまでは良かった・・・

目覚ましかけ忘れてますが?

いや、端から起きるつもりもないと言うのが本音。
寝るだけ寝て、起きた時の模様次第で出ちゃおう!って、感じのやったるでぇ!な、意気込みの微塵も感じられない朝。

遅めの・・て、言いますか・・・ゴッドマザー並びに愚猫2匹共々朝寝坊。
どうしようも無い一家で御座います。

遅めの朝食。テレビで ”アッパレぇ~!” なんて言うのをボンヤリと。
チョイチョイっと家事を手伝ってから外を見ると風無しの曇り空。
イイねぇ。曇ると気温が上がらないから風が吹かないでしょ。
道具一式は準備出来ているので車に放り込み、今週も行ってみますか!


と、家を出たのが既に10時前。
「やる気有るの?」 って言われそうですが、やる気は無い!キッパリ

出れるなら出てみようか?って感じの、完全に抜け殻状態。
釣れても釣れなくてもエエねん。折角の休日なんだから出てみた。な、感じでしょうか。

出港したのが10時半。田の浦に向かいます。

無風ベタナギの海上、ひょっとしたら湧くかも?と期待させる海況。

いざ、田の浦に着いてみると誰も居ませんよ?

ab3denkof9c2utbky7g5_480_480-56b598b4.jpg
正に貸切

ソナーの反応も寂しいもんでベイトの反応は一切無し。

しかも堤防沿いの20~25mラインに漁師の網が入っているのでショアジギは全く釣りにならない状況ですな。

可能性は低いけれど取りあえずジグを落してみましょう。

ライトジギングタックルは サーベルダンス SDS-60UL に、フリームスKIX3500 の、何時ものヤツね。

wzihjhbhf89j24fcmrmj_480_480-ec0ca86d.jpg
ジギングで良い釣りした事あったっけ?

3~4回流してエソもアタって来ないので場所移動。

白木沖の瀬周り、漁礁を見て回りますが先週とは打って変わってベイトの反応が凄く少なくなっており、いよいよ青物は終了なのでしょうか。

白木沖に移動した事も有り、可能性の凄く低くなったナブラ待ちのティップランに変更。
いや、もとよりメインはティップランエギングだったんで見切りは素早かったですが?

ティップランエギングのタックルは新参者で初っ端から良い釣りした験の良い テイルウォーク・ティップランナー510M に、暫定固定になった ケンクラフト・エクシアMX2000初号機。
PE0.6号にフロロ2号のリーダーを3ヒロ。

6i2iapf5s2sjcx2g6kw7_480_480-30f0d46a.jpg
短い方が船上で扱いやすいよ

底の起伏の変化の有る15mライン前後を流して行きますが、如何せん風が全く吹かずティップランには難しい状況。
船を漕ぎながら時折吹く風で釣りやすい状況を挟みながら方々を流しますが風の向きも一定せず、瀬の上を上手く流せねぇ。

良い感じで風が吹き始め、狙いどうりに瀬周りに流しこめて行くと ”ポンッ!” と、ティップを突き戻すアタリ!
釣れずに集中力の途切れていたタイミングなのでアワせる事も出来ず。

ビックリアワセ入れちゃうとイカが逃げちゃうので呆然とアタリを逃す方がヨロシイ事が多い。
ポンッ! っと、突きこむアタリ。その直後に引きこむアタリが出やすいんだけど引きこんで来なかったって事はエギを離している証拠。

即座に落とし込んで誘い直し。
アタリが有った事で集中力倍増。

誘いあげの後、竿先に ”シワリ・・” と、エギの重みが乗ってきた瞬間に

”ピッン!”

穂先を叩く明確なアタリで即アワセ。

”ドスッ!・・・・クィ~ン、クィ~~ン!!”

船と逆方向にイカが走るので取りえずドラグをチリリと解放。
大きくは無いとは分かってますが、最初の一杯目は大事に行きたいからね。

慎重に浮かせて見ると足先にチョンと掛かる、正にティップラン掛かり。
大事にタモで掬いあげ成功。

p8je8mmixg2ukhjbzj2d_480_480-84897ce3.jpg
勝手の分からんティプラン、釣れるとウレシイです

200gクラス?
ボウズ逃れで一安心。

白木沖を暫くウロつきますがソレからはサッパリで徐々に母港に向けて北上を開始。

田の浦沖、消波ブロックに続く駈け上がりの18mライン。
船の行き足の弱いので風上側に軽く放り込んだエギ、着底と同時に連続巻きシャクリで誘い上げ! の、途中で ”ゴツンッ!” っと、何かアタッタ?

エソとは違うアタリなので直ぐにエギを落して底取り。

その直後の誘いあげからの竿先にエギの重みを感じた時に ”ピンッ!”
絵にかいたようなティップランのアタリ。
もちろん即合わせで ”ドスン!”

2mwiskxh4netm2ys95rn_480_480-68cbb5ad.jpg
途中から全く引かなくなり・・・コウイカ?と錯覚しましたが

kcx4tcpvxzgsuy93mcn3_480_480-c247afef.jpg
ウカレまくりで写真撮りまくりw



チョイとマシな600gクラス?

ズンドコと北上、ウミタマゴ沖の12mライン、これまた突き戻すティップが戻るアタリ!
空アワセになってしまいましたが、直ぐに底までエギを落して誘い直しで即乗り。

sd4mmm44bufyzkvbrrif_480_480-d3c0ff36.jpg
こんなに釣れて良いんでしょうか?

道路沿いの護岸に続く駈け上がりの12~18mラインを母港に向かいつつ流して行きます。

”モジョジョ・・・トンッ!”

っと、触ってからの引きこみアタリ。

”ドスッ!” と、即アワセが決まりますが全く引かず重たい・・・・クルンクルンと回転しながら上がってきたのは予想通りのコウイカ。
しかし残念な事に良型のシリヤケイカですか (泣

hzehp72mte3enyvn7vag_480_480-fafd992f.jpg
イカスミブッシャー!が、恐ろしいんです

順繰りに上って行き、突き戻しアタリからの誘い直し。
2度触りに来たので一旦回収、アタリの有った場所の向こう側に投げ込んで誘い直すと一発に乗ってきたのが1杯。

43nkoz3j9vixjcwfujtn_480_480-bb97a11c.jpg
こんな釣れるなら早起きすれば良かったよw

気が着けば16時。

良型シリヤケイカ1杯に200~600gクラスのモイカが4杯。
何とはなしにティップランの過去最高記録?

やっぱりティップランエギングは面白いなぁ。
釣果で言えば岸から釣るのと大差は無いような気もするけど、慣れない釣りで釣果が上がると言うのは嬉しいもんだ。

510M 汎用性の高い初めの一本はコレでしょう!なんだけれど、よりライトで曲がる 510ML/L が欲しくなてきた私はビョウキでしょうか?





    中潮
干潮(時間)潮位(cm)
    4:01(8) / 16:43(100)
満潮(時間)潮位(cm)
    10:57(223) / 22:05(193)

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!