プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:910
  • 昨日のアクセス:1251
  • 総アクセス数:1759541

QRコード

過ぎてるやん

  • カテゴリー:日記/一般
穏やかな朝、船出せばよかったなぁ~何て思っても後の祭り。
前夜は深酒&夜ふかしでお約束の寝落ち。

それでも7時半には勝手に目が覚めると言う・・・

午前中は家事を消化、昼前からブラッと釣具屋に。
行っただけでなぁ~んにも買いませんでしたけど。

久しぶりの大分の釣具屋、別府と違う品そろえで面白いね。
気になっていたデュエルの新製品ライン ”アーマードフロロ+PRO” が早速入荷してましたね。

アーマードフロロプラスの0.1号は取り扱いに気を使いますが、概ね好感触。
低伸度から来る高感度な所は気に行っている所。
CQC55との相性も個人的には気に入っているんです。


新たに追加されたアーマードフロロ+PRO。どう違うのか?って思ったら、スレに強くなりましたよ?って事か。
スレに強い=摩擦系のノットを組む時に劣化が少なくてヨロシイって感じましたが、最近アーマードフロロプラスのリーダーの結束はライトボビンノットで組み上げ、極力ライン本線を擦らないようにしているので擦れ強度はアジングに関しては必要ないかな。

同番手で強度UP!したって言うのなら興味有りましたが、強度は変わらずね。

アーマードフロロプラスは廉価な所も気に入っていたんですが、PROは結構良いお値段で買う事は無さそう?
0.1号より更に細い番手が出たようですが・・・・ちょっと手が出ませんね。
モニターの募集が有れば応募してみたいところですけどね。

昼を過ぎても穏やかな海況。
夕まず目狙いで船出して・・・・噂によると相変わらず10kgクラスのブリが徘徊しているという情報も耳に入って来ているので15時頃から行ってみるか!

タックルはどうしようか~、ラインは・・・・ルアーは・・・

出るにはチョット早いから昼寝しよ。


あれ?起きたら17時過ぎてるやん。
駄目だコレ。

まぁ、潮が・・・潮位が・・・夕方になると風が・・・言い訳は一生懸命考えてたくらいだから、心のどこかで行きたくねぇ!なんて思っていたのかも知れませんね。

さて、まさかの昼寝の寝過ごしで船を出せなかったんですが、10kgクラスのブリが泳がせでポツポツらしいって話聞いたらジギングでガツンッ!と行きたいじゃ無い?

田の浦近辺仕様のジギングタックルはULクラスのMAX60g前後のロッドにPE1.2号、リーダー25lbクラス。
これで10kg級が掛っても獲れるのは獲れます。間違いない。
ジギングはリーダーを長めの4ヒロ程、約6mほど取っているので余裕なんですが、時間が掛るのは必至。

せめてPE2号に40lbのリーダーなら瞬殺!まで行かずとも魚の向きを変えるやや強引なやり取りも可能。
リールは中型のファントムJ系のリールで充分なんだけど、そうなるとそのクラスの竿が薄いんよなぁ。

肉厚の粘る竿・・・ジグMAX100g前後のややマジなジギングロッド・・・ゴールデンミーンのサーベルダンス SDC-60L か、パームスのエルア・メタルウィッチ MWGS-634B か。

取りあえずイケる道具はあるねんけど、いつ行くかだな。
次の日曜日は潮廻りも良いし・・・朝マズ目狙いで!

そう思っておりますが、やっぱり朝は苦手で夕まず目狙いに変更の寝坊での繰り返しかと (笑


さて、昨夜の船が激行きの深場狙いのボートアジング。
今までボートアジングでは殆ど使った事の無かったキャロを使用した訳。

jnw34dnmx5oedatvfogo_480_480-d6172da3.jpg
無浮力材のストン!と落ちるタイプ。2、3、4、6、8gの5種類

使用の理由が12m以深~20m超えのラインまで探ったからなんですが、行き足の着いた状態のボートからのキャロ、実は凄く、物凄く感覚が掴めてませんでした。

これは、ジグヘッドの釣りと同じように潮上、風上方向に投入し、船で曳かせるジグヘッドの巻かない釣りの感じで展開しようと思ったんですが、深場狙いで尚且つ船が行く時はコレやっちゃ駄目だね。

4gのキャロでも15m~の底が取れなくなるんです。
糸が出れば出るほど抵抗が大きくなり浮き上がるキャロ・・・送る・・・抵抗増える・・・浮く・・・

この繰り返し。

重くするって手も有ったんだけど、ここで一つ学んだ。

キャロは風下、潮下に放り込んでいち早く底取り、ドンドン巻いて手返し重視で行く方が良いと。
気が着いたのはソロソロ帰港の時刻が気になりだした頃。

ジグヘッドで潮、風下に放り込むのは考えられませんが、沈下が早く、飛距離も出るキャロは潮、風下に投入やな。
これ、次回からも生きて来ますよ~。

キャロ投入するかどうかは疑問ですが (笑


脳内で次回の釣行の妄想が加速中、早くアジングに行きたいですなぁ。
いやいや、新鮮なアジが喰いたいですなぁ!が正直なところです。

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!