プロフィール

イカリーダー

大分県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:479
  • 昨日のアクセス:901
  • 総アクセス数:1757859

QRコード

余裕の1kgを超えてる   ~エギング

そろっと港をうかがい見ると今日は居てはりませんな。
よし、ちょっとチョイチョイっとイカ釣って帰るね。

思いつき釣行でデジカメ持参しなかったので画像は無い。

いつもの新子時期のタックルでの一投目。
スススゥ~っと入って行くラインが ”ポンッ!” と跳ねたと思う間もなく ”シュッ!” っと走ったので即アワセ。

”ドスッ!・・・・グィ~ングィィィ~~ンッ!”

緩めのドラグがカララッ!っと出るほど引くのでてっきり種イカの残り、600~700gクラスのモイカ来た!
遠い所で掛けたので存分にイカの引きを味わいながらようやく見えてきた魚影・・・・いやイカ影、何でか知らんけど白黒シロクロしながら上がってきたけど?
水面に浮いてからも盛大にバッシュゥ~ンッ!バッシュゥ~ンッ!ってイカジェットを繰り返すイカ、余裕の1kgを超えてるモンゴウイカじゃねぇか!

まぁ、加熱調理したらモイカより美味しいので有り難く釣獲したいところだったんだけれど、産後の死滅に向かって一直線の完全に枯れた個体。
産卵時期の闘争で甲は齧られ、エンペラも数か所噛み千切られて満身創痍。
しかもガリガリに痩せてしまい身は固くてとてもじゃないが食べられないのでそっと水面でエギを外してリリース。
過去何度も産後のコウイカ類を持ち帰ったけど美味しくないので無駄な殺生はしないに越した事は。

大気中に引きあげる事なく足先に掛かったエギを外してやると如何にも疲労困憊していると言わんばかりにユックリと静かに水中深い所に沈んで行きました。

あのモンゴウイカ、餌を取る体力も無くなりもうすぐ自然死、甲だけが海岸に打ち寄せられる運命。
子孫を残すがために繰り広げた死闘の跡も痛々しかったモンゴウイカ。
この時期まで生き残って天寿を全うしてもうすぐ自然に帰るんだと思うとよく頑張ったな!って。

あ、もうメートル上がり過ぎでナニ言うてんのかよく分からなくなってきたでぇ。

 

コメントを見る

イカリーダーさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!