プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/10 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2018年 9月 (15)

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:89
  • 昨日のアクセス:484
  • 総アクセス数:13923902

常識は破る為にある・・

常識や固定概念って・・

破った時の快感ってスゲー気持ちイイ!

「飛ぶルアーは泳がない・・
       良く泳ぐルアーは飛ばない」

この常識を覆したのが「AR-Cシステム」を搭載したサイレントアサシンシリーズ。
初めて使った時は身体に電流が走りました。

そして今回・・またもやシマノがやらかしました。

「X AR-Cシステム」

「飛ぶルアーが、もっと泳ぐ」という新しい形。
外殻が発泡素材になりました・・・と書くと、別に昔からあるじゃん!という事になるんですが、ただの発泡ウレタンじゃないんです。樹脂の発泡なんです。ここ・・とっても大事。浮力があって軽量な発泡素材は、当然ながら飛びません。飛ばす為にはたっぷりとウェイトを入れないといけません。なので、必然的に多くはシンキングなんですね。

でも・・それをフローティングで、しかもたっぷりとウェイトを入れているにも関わらず、総重量は一般的なルアーに比べて軽い。

まあまあ・・夢のような素材です(笑)
n3ejhd4eaet94pf3r9js-434aeeab.jpg
上がAR-Cシェル、下が同じサイズで作った従来のソリッド成形。
試すだけの為に作っちゃった訳ですね(笑)
これをフローティングにしようとすると・・・

6awomnnjz7wum42nzz2h-6af3929e.jpg
搭載出来るウェイトがこれだけ違うんです(笑)

まあ・・ウェイトの半分はボディの重量って言われてますしね。
これを重心移動量で表した訳です。

同じ条件でならば飛距離は大幅にアップしますが、正直飛距離には限界があります。向かい風の中で生じるロスが最も少ないのがAR-Cシステムだと思うので、もうここらが終着駅的な感じがするんです。
なので私が言いたいのは「飛距離」ではなく、その「泳ぎ」の秀逸さです。ウッドのバルサ素材を見ても解るように、軽い素材は良く動きます。恐らくシンキングにしても動いちゃうでしょう(笑)

それが・・素材で個体差が出てしまうバルサと違い、安定した発泡成形素材を使い、更にAR-Cを搭載する事で、スンゲー!事になっちゃう訳ですね。

8kby3kd4u7xf7t9n66bd-4c444def.jpg

a9gfdfsafs8mhwftjekj-4f6c032c.jpg

着水時、水平浮きするAR-Cシステム。普通の重心移動はルアーがたっちゃいますよね。つまり泳ぎ出しは元々早いんです。特にリップ形状を変えたアサシンシリーズは早い。
でも今回はもっともっと早い訳です(笑)
ドリフトで明暗に流し込んでいく釣りで、短距離で誘いの必要がある場合、これ以上のシステムはしばらくは出てこないでしょう。

何もしなくても、ただリールのハンドルを巻くだけでいきなり100%の泳ぎを出せるのは、現時点でこのX AR-Cのみです。

vixgbotxzw6mbtzd8fiz-f16baf1c.jpg
新しい世界のドアを開いたX AR-Cシステム。

もう次の次の次も見据えたルアーです♪


 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!