プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

2018年 8月 (1)

2018年 7月 (3)

2018年 6月 (15)

2018年 5月 (10)

2018年 3月 (1)

2018年 2月 (2)

2018年 1月 (6)

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:452
  • 昨日のアクセス:617
  • 総アクセス数:13902369

モノホンのペンシルベイト

古参アングラーにとって、ペンシルベイトと言えばTDペンシル、レッドペッパー、そしてチャムペンでしょう。

そのチャムペンのDNAを受け継いだのがマングローブスタジオ社の
「マヒペン」。
まあ・・・チャムペン作った人が作ったので当然ですね(笑)

このチャムペン、元々はシイラ用で売られていたのをシーバスで流用していました。アクションは教科書通りの「ドッグウォーク」。
付けたあだ名が「海ザラ」。その水押しの強さは先に挙げたペンシルの中では群を抜いています。

過去にあらゆるエリアでこのペンシルを使ってきましたが、ベイトの種類を問わず、抜群の釣果を約束してくれました。

夏休みに行った中海や宍道湖でも、チャムペンの意思を受け継いで大爆釣でした。
当時はナイロンラインの時代でしたので、PEで操作すると若干ですがフィーリングが異なるように感じますが、そこをキチンと理解するとアクションの付け方も精度が向上します。

zy885kbytova86sz8s9n-68512058.jpg

394sxyoyb9c47eb7ckzs-8331a13c.jpg
107Fが16g 127Fが28gと標準的なシーバスロッドでも対応可。

cvcderkogfo3i2odej4r-27c713ee.jpg
元々付いているフックは外洋対応のST56です。シーバスにはSPMHを装着します。これだけでフッキング率は向上します。

9bp7pfr79ejjcc7v5ay9-2018cc60.jpg
メーカーに確認したら、今年分のメーカー在庫はもうほとんど残っていないようです。
シーバスハイシーズンなのに、お店で並んでいるものだけですね。
ちなみにこのマヒペン。シーバス用カラーもラインナップです。

mcdh2ua358mj5segdgcj-2dc7d9a1.jpg
藻が多い宍道湖〜中海では、デイ&ナイトでペンシルベイトの出番が多いエリアになります。

もし見つけたら即買いでしょう!


ちなみに今年の宍道湖は127Fの方が当たりルアーになってます!

 

コメントを見る

嶋田仁正さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!