プロフィール

嶋田仁正

広島県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (2)

2017年10月 (10)

2017年 9月 (10)

2017年 8月 (7)

2017年 7月 (5)

2017年 6月 (10)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (10)

2017年 3月 (11)

2017年 2月 (10)

2017年 1月 (13)

2016年12月 (6)

2016年11月 (6)

2016年10月 (5)

2016年 9月 (7)

2016年 8月 (4)

2016年 7月 (6)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (8)

2016年 3月 (16)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (3)

2015年12月 (10)

2015年11月 (10)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (10)

2015年 8月 (9)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (8)

2015年 2月 (12)

2015年 1月 (10)

2014年12月 (13)

2014年11月 (12)

2014年10月 (15)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (14)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (13)

2014年 5月 (14)

2014年 4月 (11)

2014年 3月 (13)

2014年 2月 (11)

2014年 1月 (17)

2013年12月 (8)

2013年11月 (8)

2013年10月 (13)

2013年 9月 (18)

2013年 8月 (9)

2013年 7月 (10)

2013年 6月 (5)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (6)

2013年 3月 (7)

2013年 2月 (14)

2013年 1月 (11)

2012年12月 (8)

2012年11月 (14)

2012年10月 (15)

2012年 9月 (13)

2012年 8月 (11)

2012年 7月 (13)

2012年 6月 (15)

2012年 5月 (8)

2012年 4月 (15)

2012年 3月 (12)

2012年 2月 (6)

2012年 1月 (13)

2011年12月 (11)

2011年11月 (14)

2011年10月 (17)

2011年 9月 (17)

2011年 8月 (13)

2011年 7月 (12)

2011年 6月 (9)

2011年 5月 (14)

2011年 4月 (11)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (10)

2011年 1月 (13)

2010年12月 (17)

2010年11月 (21)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (12)

2010年 8月 (20)

2010年 7月 (19)

2010年 6月 (7)

2010年 5月 (13)

2010年 4月 (11)

2010年 3月 (9)

2010年 2月 (10)

2010年 1月 (14)

2009年12月 (12)

2009年11月 (14)

2009年10月 (11)

2009年 9月 (14)

2009年 8月 (9)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (14)

2009年 5月 (10)

2009年 4月 (12)

2009年 3月 (17)

2009年 2月 (13)

2009年 1月 (11)

2008年12月 (14)

2008年11月 (12)

2008年10月 (17)

2008年 9月 (13)

2008年 8月 (12)

2008年 7月 (17)

2008年 6月 (15)

2008年 5月 (10)

2008年 4月 (15)

2008年 3月 (17)

2008年 2月 (16)

2008年 1月 (18)

2007年12月 (17)

2007年11月 (15)

2007年10月 (17)

2007年 9月 (12)

2007年 8月 (9)

2007年 7月 (12)

2007年 6月 (15)

2007年 5月 (15)

2007年 4月 (15)

2007年 3月 (19)

2007年 2月 (13)

2007年 1月 (19)

2006年12月 (20)

2006年11月 (17)

2006年10月 (15)

2006年 9月 (14)

2006年 8月 (21)

2006年 7月 (11)

2006年 6月 (16)

2006年 5月 (11)

2006年 4月 (9)

2006年 3月 (10)

2006年 2月 (13)

2006年 1月 (21)

2005年12月 (8)

2005年11月 (9)

2005年10月 (13)

2005年 9月 (11)

2005年 4月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:295
  • 昨日のアクセス:504
  • 総アクセス数:13625481

五里霧中

  • カテゴリー:日記/一般

いや~・・・・・甘くみてたっす(汗)

つい数日前、LOOP山陰のハマキョーから・・

ハマキョー:「昨日エニグマでコチが爆でしたよ~チヌ狙いで。ホント邪魔ですわ」

嶋田:「なぬ!いいじゃん別に。んでサイズはどんなんや?」

ハマキョー:「別に計ってないっすけど、フックが外れないんで仕方無くランディングしたのは3本。60アップばっかですよ。コチは全然引かないからやっぱチヌがいいです!」

嶋田:「おいおい・・贅沢な・・山陽のアングラーが聞いたら泣くぞ・・」

所変われば何とやら・・・・

嶋田:「コチな~・・・・たまにはやるかな~今日は小潮で潮動かんだろ?水道は釣りしやすいけど、コチ食うか??」

ハマキョー:「外道ですから・・・本気で狙ってというのは・・でも潮がタルんだら食いますから、潮は動かん方がいいんじゃないですかね」

嶋田:「来週の土曜は仕事だしな・・・明晩は時間あるし、んじゃ行くわ」

って事で・・・・・

完全ボウズでした(笑)コチどころか・・・ジャガタやエイすらバイト無し・・・チヌは潮が動かんと食わないからいいとしても・・・

だけど収穫が一つ。色んなポイントをランガンしましたが、エニグマでロストは「有り得ん」感じでした。要は「外し方」です。特に外江周辺は切れたラインがウジャウジャ。それにルアーを持っていかれるようでしたが、それも外し方にコツを見出しました。半島側の溶岩帯で投げない限り、ほぼ回収可能でしょう。

さて・・・このエリアで活躍する「プレデター」。その理由が幾つか挙げられていますが、単純に考えればその項目の全てで「エニグマ」の方が上まっているでしょう。それでも実績はプレデターが上という事は・・・・

何か他に理由があるに違いない・・・・・

例えば・・・プレデターはディープダイバー故にMリグ仕様にしてもかなりのリアクションをするはずです。それでも釣れるというのは、山陰のように個体の競合が少なく、釣れるエリアが絞り込まれるポイントでは、山陽と違い大きな「アクション」が釣果に影響する可能性があります。また長いリップでボトムをキープする為に、ルアー自体が縦姿勢になり、ラインもアングラー側に1直線になりがち。って事は・・・ムフフ

新しい可能性を山陰チヌに感じます。

実はこのハマキョー。松尾君から3年前、このMリグを聞いた時に指名した「Mリグ開拓特別部隊」のメンバー(笑)なのにサボってたハマキョー(笑)強制的にではありますが、今年の春前からコツコツとポイント開拓して貰いました。

献上君が山口方面・・・片寄君が山陰サーフ・・・ハマキョーが中海方面・・・そしてワタシが市内河川。確信が得られたのは献上君のキャッチ報告。コレでモチベーションが上がりましたね~

んで釣行・・・

やべ・・・このままではボウズじゃ・・・・

仕方無いので、セイゴを戯れる(笑)

画像ですか?え~・・デジカメを持っていきましたよ。当然。ですが・・・・

メディアが入ってないと写せんとです(泣)

深い霧の中・・・一人寂しく帰路へ着いたとさ・・・・

 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!