プロフィール

ジャークマン

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/9 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:12
  • 昨日のアクセス:114
  • 総アクセス数:969114

QRコード

GW釣り後半戦アメマス爆の巻

  • カテゴリー:釣行記



後半戦、暦通りの休みですので3日・4の釣行。
一日空けて、6日は番外編とします。

まずは3日の状況。
この日はソル友の鱒夫がまたもリベンジで来るというので
一緒に釣りをすることに。

あえて、前回とは違う場所に釣れていく。

最初に入ったポイントはまたもや爆風。
とんでもない風が吹いている。
30分ほどやるが反応もないし、なんか釣れる気がしないので移動。

風裏と思われるところを目指す。

まぁ、少し風は違うようだ。
ここは正面からの風が強くなったり、背後から吹いたり、横から来たりと
風が巻いている。
その風の強さは突如狂暴になり、海に投げ出されそうなほど。

でも、今日の天気はこうなんだから仕方がない。
この中でもやるのがキチガイアングラーでしょう。

磯から落ちそうになりながらもキャスト、キャスト、キャスト!
魚の反応は悪くない。

アメマスが飽きない程度に釣れてくる。
そんでサクラも釣れた。
56センチ・・
でも太っちょ君だったので満足。

写真はあんまり太って見えないね。
でも太かったのよ~。ぷりぷりしてました。
それでアメマスドーン!
63センチ
ドーンってサイズではないけど(笑)
んで、サクラドーン!
サイズ忘れたけど58センチくらいかな。
もう一匹ドーン!
んでアメマスドーン!

65センチ
んでドーン!
62センチ
他にもアメマスが沢山遊んでくれました。
アメは細く見えるけどそこそこ太ってましたよ。
何食べてるのかな?

春らしく冬の間はどこにいたのかランカーサイズが釣れてくる。
春だね~。

フィーモメジャーはプレート折れました。
魚が磯で暴れるためバッキバキ・・・・
ポリカ仕様とかにしてもらえないかな?
あと、蝶番が錆びる!


時折吹く爆風と竜巻が海上でいくつもできる状況。
岩場に座り込んでしがみつかなければならないくらい風が強かった。
一度竜巻が我々の上を通過した時はあり得ないくらいの暴風。
しがみついてなければ海にボチャンでしたね。
雨も強くなり海はこんな状態。

ド茶濁り・・・

そんな状況でもやり続ける。
アングラーはほとんどいません。
そりゃそうですよね。

さらに50チョイのサクラを抜きあげようとして海にポチャ・・・
まー今日は沢山釣れたんでいいでしょう。
鱒夫は・・・ボでした・・?サクラを2回ほどバラシたと言ってました。
残念、リベンジならずでした。
また来年頑張ろうぜ!

それで本日は夕マズメをやらずに終了。

次の日、この日も爆風。
予想は凪でしたがそんなのはハズレてひどいことに。
前日の雨で磯しか出来ません。

昨日と同じ磯に立つ。
雨と風がひどい

アングラーはいない(笑)
でもやる。
3キャスト目に本日初HIT!
磯際まで来たの50チョイのサクラちゃん。
波が高く、風も強い。
タモなんか使ってられないので、抜きあげてやる。

一回目失敗、2回目も失敗・・・あれ?まだへばりついてる。
3回目、デカい波に合わせてよいしょっ!
外れました・・・・相棒がタモですくうよって待っててくれたのに、
いらないと言ったがためにさようなら~

まだ釣れるだろうと粘る。
その後もHITしたが、波と風が強すぎてあえなくフックアウト。
アメマス62センチ追加してその場をやめることに。

風裏探して大好きな磯に向かう。

するとそこには喜組と書かれたステッカーが貼ってある車発見♪
先こされたぜ~・・・
ならば違う場所に移動する。

ここでアメマス大爆発!
わずか1時間半くらいの間に19本
正直釣れすぎて嫌になりました・・
サクラの跳ねを発見してもキャストするとアメ・・・
狙ってるのはサイズアップのサクラ。
掛かるのはアメ・・
どこから湧いてきたんだ?

最大67センチ

口からかなり流血してます・・
でもちゃんと帰ってくれました。
60台は4本ぐらい釣れたかな。
一番大きかったのしか写真撮りませんでした。

サクラが釣りたいのにアメマスが邪魔します。

それでやっとサクラが一本獲れました。
小さいながらこの天候でのこの一匹は嬉しかった。
50センチ
これを釣った後はもう帰ろうかと思ったが、隣の面白アングラーが
良型さくらをあげた。
なんかこれでまたまた火がついた。
なんで面白アングラーかというと、何故か二人とも同じブルーのジャンパーを着ている。
おまけに背中には渓流用のカービングネットを下げている。
この場所は渓流ネットですくえる高さではないし、その小さなネットでは
40センチがギリギリサイズなのである。

また、ホッケがかかっても、ものすごいポンピングと強烈な喜びようでガッツポーズ。見ていてワラけてしまった(笑)

そんな面白アングラーが恐らく57,8センチのサクラを釣り上げてしまった。それもかかってる時はお決まりののけ反りポンピング。
俺はあんなことしても外れないフッキングにただただ感心していた。

それで問題のランディングだが、渓流ネットですくうのを期待していたが、さすがにタモを隠し持っていた(爆)


ランディングも幾度となく失敗していたが、そのたびにコミカルに、オーバーリアクションで二人とも「あちゃー」とか「うわー」とか言いながら
楽しそうにやっていた。
よくバラさないよね。何度もテンションフリーの時はあったのに。
ある意味凄腕でしたよ。

俺もあのくらいの余裕があればもっと獲れているのかな(笑)

その後一時間ほどやり2時くらいにやめましたとさ。

帰りは中山峠が通行止め。
ひどい状況でしたね。
川は普段の3倍量くらいに流れていて恐ろしかったです。

この休み中の累計サクラ10本
最終日に数をさらに伸ばせるかな?
では・・・6日最終日番外編


コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!