プロフィール

ジャークマン

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/9 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:8
  • 昨日のアクセス:114
  • 総アクセス数:969110

QRコード

死の恐怖!

  • カテゴリー:釣行記

GW前半、後半と結構数は釣れました。
先に結果から言うと

サクラマス  10  本
アメマス   80弱 本

最終日はアメマスとホッケ
サクラは手前で1バラシのみで終了・・・

という結果でした。

結果はどうでもいいんですが、この最終日、死を感じた出来事ありました。


「死の恐怖」



それは突然やってくる。


油断すると皆さんのもとにもやってくるのである。


皆さんの記憶にも新しいmacoronの交通事故
9bp8fk7yu3mcofojjg3w_480_328-64e678fd.jpg
sfoshbe4zejf93nnowmh_480_290-c947c56b.jpg
この時は首の痛みが少しあっただけで済んだ。

しかし・・・これから俺の負の連鎖は
始まった・・・
これは序章に過ぎなかったのだ!


GW、実際釣りというものを十分楽しんでいた。
だからこの最終日は疲労もピークに達しているため
無理やり行かなくても良かったのだ。

が、まぁくん、329がこのGWは一本もサクラを釣っていない。
サクラどころかアメもそんなに釣っていないのである。

TEAM549のリーダーとしてはこの現状を無視するわけには
いかず、彼らのガイド役になるために魚探をフル稼働させ、
ポイントを探したのだ。

睡眠時間は1時間半。
運転は自分。
疲労はMAXなのは言うまでもない。

ポイントには結構早く着いた。
仮眠したかったがなんだかんだやっていたらそれも出来ず
結局いい時間になり磯をヘッドライトを照らしながら降りて
行ったのである。

海を見ると結構大きなうねりがある。
まだ周りは薄暗い
状況がまだはっきりとは読めないでいたが、この場所で出来ないほどのうねりではないことはわかった。

ここの磯は海面まで高さ4Mほどであろうか、腰をかがめて

11ftのロッドが届かないのでそんなものでしょう。

明るくなりアメマスがポツポツ釣れだす。

左側の磯にまぁくんを移動させ、329君は自分の右側。
こういうポジションで釣っていた。

まぁくんにも10回目の正直?の魚がHIT
とりあえず彼のボーズ記録を回避できたことに僕は満足
していた。

釣り始めてから1時間ほど経過したころだろうか、
うねりが少し大きくなり、時折磯伝いに波がスネあたりまで
上がってくる。

足をすくわれそうに何度もなる。
まぁくんが隣の磯でそのやり取りを煙草を咥えながら
ニヤニヤとハプニングを期待しているかのような眼差しで
見つめている。

俺はそんなヘマはやらね~。
まぁくんには悪いけど、その役目はmacoronが適任なのである


とはいえ、このキャストを最後と決めて
フルキャスト!

いい感じで飛んでいく。

半分までルアーを回収したところ、大きな
うねりが自分を襲った!

そのうねりはみぞおちの高さまで上がり

まるで車にはねられたかのような衝撃で
いとも簡単に俺を吹っ飛ばしたのだ!


その時は、まだRODを手放さなかった。
放してなるものか!この間買ったばかりの
モアザンAGS109+08STELLASW4000XG

このセットが無くなるの痛すぎる!
が、竿を握ったまま海中に引きずり込まれる俺・・・・・

すぐに命の方が大事と竿を放した。。。

ゴボゴボと沈んでいく俺・・・

「やばい・・非常にやばい展開だ・・」

正直、どこを向いているのかわからない

波に揉まれて、目を開けると泡だらけ

冷静さを失ってはダメと自分に言い聞かせ

辺りを見渡した。

頭の上が明るい!

そっちか!

一気に上を目指す

頭が海面に出た!

油断は禁物である。
何せ外海に引っ張られるほどの波がある。すぐに這い上がらないと!

目の前に捕まれそうな岩があった。

すぐに腕をからめ引き波に抵抗した。

視線を上げるとまぁくんが呆然と立ち尽くしている。

半笑いだ!(怒)


こっちは命からがら這い上がってきたんだ!笑うなんて失礼な!

でも、陸に上がったことで安心したのか
何だかわらけてきた。

ロッドを探すと運よく陸にありましたよ。

しかし・・・


ガチャガチャ・・・・ちーん

まぁ、命が助かりこれくらいで済んでよかった。

去年磯から落ちた時に、ライフジャケットを
買ったんだけど、やっぱり動きづらくて
着用してなかった。

前回も今回も助かった理由に、ウェダーの
腰ベルトをしっかり締めていたために、
ウェダーの中に水が進入しなかったので
沈むことはなかったんだよね。

しかし、今回は奇跡的なことで、もし海に
落ちる際に頭を岩に打ち付けていたら
意識でも失いかねない状況でした。

そうなったらサヨナラですね。

指の爪は一部剥がれて爪も何か所か割れてました。

現在はアバラが痛いのと、背中が痛いです。

その時は必死だったので良くわからないですが、岩に体を打ち付けていたんですね。

アバラはキャストすると痛いです。

たぶんヒビ入ったかも。

早朝から海にダイビングして頭からずぶ濡れ状態。
しかも、何時もは着替えをどっさり持って行くのだが、今日に限って車に積んであった凄腕Tシャツのみ・・・・

無いよりましなので着替えて、329君のパーカーを借りることに。

でも、風も強く寒い!

ロッドはガチャガチャだが問題なかった。
見た目は汚くなったが機能はしている。
ひとまず安心。そのうち保障で交換しよう。

こんな状態じゃ、釣りにも集中できず、
キャストしてもアバラ痛いし。

そんで途中、タラの芽採って遊んでた。
ちなみに10ステラ4000XGのハンドルが
前回の釣行の時に回していたらポロ・・
はっ?なんじゃこりゃ、こんなこと起きる?
別にぶつけたわけじゃないよ。
スコント折れましたというより分離しました(笑)

タラの芽採っているときに小さな川を発見。
o3fy6ttha2tcafb5hgnv_480_270-781ae882.jpg

おりゃっ!
壊れかけのモアザンにSW4000XG
PE1.2号ショックリーダー30lb
付けたルアーはバフェット7gヤマメカラー

もう、メチャクチャなタックルでやってみると
3投目でHIT!

一同「まじかよ!」

本当にいるとは思わなかった。
釣れたのはこれだ!4ekpntdjnebcp6iwfk36_480_270-36ae4484.jpg
尺越えイワナ♪
36センチぐらいかな。
しかもプリスポーンのプリプリしたやつ。
これは完全にイワナちゃんでしたね。

今年初の渓流釣り?がこんな形で始まりました(笑)

死にそうになって怪我をしてもあきらめない
この精神が必要です!

死ぬ目に合わないようにすることが一番大事なんですけどね。

まぁくんに魚をいじめすぎて海の神が
怒ったんだと言われました。

そしてタラの芽、行者にんにく、ウドを乱獲した僕には、次は山の神が怒りました。

山の神が怒った内容はまだ誰も知りません。

それは次回。

ジャークマンの不幸は家に帰ってからも
続くのであった・・・・悲惨








コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!