プロフィール

イダ釣り名人

埼玉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/4 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:19
  • 総アクセス数:311036

QRコード

重いです

  • カテゴリー:日記/一般
そのピカピカ感に思わず喰いつきました。
ABU1500CA。
いやあ、びっくりするくらい重いです。
ただ、7.5fの改造竿に付けて投げてみると、15gくらいなら片手で普通にキャスト出来ます。もちろん、”力こぶを外旋”して
ストロークでしっかり竿を曲げることが必要ですが。。。

続きを読む

蘇ったカルカッタ

  • カテゴリー:日記/一般
大分前にジャンク扱いの100XTをリサイクルショップで見つけて激安で手に入れましたが、どうやら水に漬けたようで、シャリ感があり、何度かOHしましたがベアリングが少し固着気味で、軽いルアーを付けるとおそろしく飛びません。
そこでこれの出番です。
フライのドライドレッシングを入れていたアルミ削りだしの容…

続きを読む

正解は?

  • カテゴリー:日記/一般
○○に入る漢字は外旋です。
肘から先の向きを変えずに、『チカラコブ部分を柔らかく右にひねる』、すると右肩が暴れずにトップが決まります。
竿の先で建物の軒先などを使ってティップを真っ直ぐ引く練習をするときに、グリップ・バット・ティップで作る平面を如何に維持するか?が成否を決めますが、ほとんどの人は肘か肩…

続きを読む

昨日の答え

  • カテゴリー:日記/一般
それは、マスターズに出場する、ロリー・マキロイなどのように、右肩が低く収まって、後方線上から観ると、ヘッドとシャフトが左に決まっている、レイド・オフという近代的トップの形にあります。
両手と肩をワンピースに上げて行くと、最後の段階で右の肩甲骨が上がって、普通は担ぎ上げるようになってしまうものですが、…

続きを読む

正しいロングストローク

  • カテゴリー:日記/一般
ベイトキャスティングにおいて、ロングストロークにバックキャストして、頭上にルアーが通過するときまでに身体の加速運動を終えておいて、そこから先を竿に任せると、まず、バックラッシュはしません。
また、同時にルアーが回転しにくい。
竿が硬くても、柔らかくても、同じ。
一方、ショートストロークでは竿とルアーの…

続きを読む

1601Cを分解

  • カテゴリー:日記/一般
なぜかドラッグを弄ると、調子がイマイチ。
おかしい。
やっと探し当てたAmbassadeur1601C IARの分解図と睨めっこして原因を考えます。
おいおい、#5131のスプリング・ワッシャーの向きを前回間違えた気がする。
写真撮るのを忘れて確認するとそうでした。
腹合わせにしないと駄目なのを同じ向きで入れてました。
つ…

続きを読む

ゼブコ11Lが来た

  • カテゴリー:日記/一般
アメリカのオークションで落とした11レガシーが予定より1週間早く着きました。
11マイクロと同じ大きさ。
おいおいベアリング何処にあんの?
どおりで巻きが重いです。
で、お掃除。
うーん、巻き変わらず。また落ち着いて。。。
でも、マイクロの圧勝。
ところで、改造竿が完成。
3本繋ぎのエクセンスS906M/…

続きを読む



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!