プロフィール

山田直樹

石川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:10
  • 昨日のアクセス:53
  • 総アクセス数:1101951

QRコード

HUNT88

  • カテゴリー:釣行記
HUNT88を使う釣行が続いています。
と、言うか僕自身HUNT88しか使わないでおこうと決めて釣行しています。
流れの有無、水深の有無、陸っぱり or ウェーディング等々、関係なくHUNT88を使っています。

HUNT88はシンキングのため、中層~ボトムレンジの探査はお手の物。
なのに正反対のシャロー域も割と得意なルアーです。

河口域などに見られるイナやサヨリがベイトの場合は表層近くをスイミングさせ、中流や上流域などに見られるアユがベイトの場合はボトム付近をゆっくりとスイミングさせます。

vingxxpvfc2um72zj36i_920_518-b52941f4.jpg
この季節ですから、シーバスが潜んでいる場合にはクチを使ってくれる確率が高いはず。

4x7a83u3m9sviz4268ap_920_517-64ff0d56.jpg
たぶん、どんなルアーでもレンジが合っていれば釣れると思いますが、例えばフローティングミノーで水深3mを攻めろと言われればかなり辛いと思います。
更に水深5mを攻めろと言われれば極めて困難だと思います。

pd9ui3hybkfm8gy8pkb4_920_517-de16c0aa.jpg
だけど、HUNT88は前述した通り、トップ以外の全レンジ対応です。

5rswnu6dojsnocwas4wc_920_517-700f734e.jpg
スローリトリーブやエギングの様な激しいシャクリの後、艶かしいフォールアクションによって深いレンジをキープでき、ミディアムリトリーブやロッドを立てながらのリトリーブで上のレンジをキープさせます。

HUNT88は、シャローランナーとシンキングランナーの二役をこなすルアーなので、フィールド特性に関係なくHUNT88だけを使った釣りの組み立てが出来るのです。
そして、上も下も攻めることが出来るので、双方に潜んでいるサカナにアピール出来ることから良い釣果が得られています。

シンキングミノーなら全部そうだろ?
と、思うところですが、リップ付きのシンペンまたは、ややウェイトのあるシンペン(浮上能力が小さい)以外に真似は出来ないと思います。

HUNT88は名の知られていない片田舎の人間が作ったルアーですが、個人的な釣果は有名メーカーのルアーと同等です。
釣れるルアーとはどんなルアーなのか答えなどなかなか出てこないと思いますが、個人的にHUNT88は少しだけ釣れるルアーの要素を備えている気がしています。(どんなルアーもそうだと思いますが)
そんな要素を生かすも殺すも使い手次第になるのではないでしょうか。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!