アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:45
  • 昨日のアクセス:91
  • 総アクセス数:592021

プロフィール

川端浩二

宮崎県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

QRコード

最新のカメラすげー


α7IIIと言うフルサイズカメラ。
これが凄まじい性能で驚愕しています。
AmazonなどのECサイトでは当日届くものから2日ほどで届くものまで世の中の物流は短く、近くなっているにも関わらず、あまりの人気振りに約1か月ほど納期待ちに我慢した価値はありました。

広ダイナミックレンジで明暗差のある場面でもシャドーやハイライトが潰れる事無く残ってて今までの現像作業が何だったんだと。
今までがAPS-Cだったから比べれるはずも無いのだけど豊富なRAWデータの情報量に伴ってレタッチ耐性も凄まじい。

ソニーがうたう常用ISO感度は「51200」(拡張は50-204800)でボディ内手振れ補正も素晴らしく夜間撮影での低速シャッターもブレなくイケます!三脚を使う場面は星空や花火程度でスナップ撮り的な夜の街撮りなんかはもう要らないかもです。


撮像エリア全体の約93%をカバーする693点像面位相差AFセンサーに加え425点のコントラストAFも。
それに瞳AFもググっと追従するわけです。もう、子供を映しまくりたい親としては文句なし!

動きまくる子供に追従するAFでベストショットを逃がさない秒10コマの連射性能で感覚的には10枚中8枚がダメなものが逆転するくらいです!
7Riiiは値段も画素数も跳ね上がるけど高画質ゆえの夜間撮影の難しさであったり編集の大変さを考えるとこれで十分です。

α7iiiは動きまくる子供を記録する武器と言う意味では世界最高峰か?!



増水前の釣り

ベイトは変わらず順調に入ってきてはいる。

だけれども4月の雨は遡上するにはあまりに少ないくらいで2、3回降ったかなという程度。
小さな流れ込みは枯れ果て本流が細く流れる。
この条件下ではパターン的にストックする場所を打つ釣り。

1~30m範囲内で小場所用の5.10LHか中小場所のリプラウト78MLで行くか迷う。

どちらでもいいエリアだけどちょっとしたランガンにはリプラウトの方が汎用性は高い。
ロッドはリプラウトにしよう。
リールはメンテをしてキュルキュル音は無くなったけどたまーに逆回転する個性を持った愛しいカルコン201をセット。

落ち込みに向かってブローウィン125Fをアップにキャストして巻いてくるとガン!とこれまた黒い居つきのような鱸が釣れた。

evz7we6a3r4tnkik2crz_480_480-cb8fa1a3.jpg


毎年環境の変化にビクビクする稚アユ付きの鱸だけど今年も確実に入ってくる個体に安心しました。

コメントを見る

川端浩二さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!