プロフィール

藤沢 周郷

兵庫県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:11
  • 昨日のアクセス:79
  • 総アクセス数:3032069

QRコード

【ジギングドレスアップハンドル】

今年は、良い時期というのがあまりなかった、ジギング。

目ぼしい物と言えば、太刀魚ぐらいか。。。

あとは、来月のブリ祭りに期待するぐらいかなぁ。。

なんとか、例年どおりに釣れてほしいと願うばかり。

そんな、パワーゲームに新しいアイテムが追加♪



MEGATECH
BJ-75-83


66-74というモデルもあります。

この数字は、シャフトの長さで、ショートかロングかというだけ。


現在ロングが付いていますが、自
分のジガー1500には、ショートを付け直そうと思ってます。


仕上がり具合は、見ての通り、リールとのバランスも美しく、
何と言っても、「軽い」
チタンという材質を上手く使いこなしています。

そして、目を見張るのは

この部分。

75-83これは、長さの微調整ができる幅なのです。

自分が一番使いやすい長さに調整が出来るという、優れモノ!

これはホントに有難い。

ジギングしている人なら、必ずハンドル付け変えた時に感じる
長さの違和感。
ハンドル形状が変われば、そのシャフトの長さが少し違うだけでも
物凄い違和感を感じるぐらいシビア。

特にベイトリールは、ハンドルを手首で回すのではなく、
肘や肩をギアとして使用する人が多いため、
一番小さな円を回す「手首」の幅が変わると、
全部の関節に、その違和感が伝わり、本当に気持ちの悪い回転になる。


ベテランになれば、その違和感も一瞬で克服する事が出来るだろうが、
あまり、釣りに行かない、サンデーアングラーにとっては
ハンドルを変えてから「釣りにくい」「釣れなくなった」
そんな話が出るぐらいシビアな物。

それが、このハンドルであれば、まったく違和感なく
今まで通りに近い、巻き取り・アクションが可能だという事。


細部にわたり、グリップ感を追求した凹みや凸

パワーゲームも視野に入れた設計となっています。


Megatechは色んなハンドルを出していますが、
とりわけ、コレだ!という、自分に合ったどんピしゃ商品は
声を大きくして、書いたりしてますw


コレはその一つです(・´ω`・)


自分に「合う合わない」
必ずありますからね。


まぁ、とりあえず、騙されたと思って、
一度手にとってご覧くださいませ。

きっと気に入ると思いますよ♪




秋・・
なんだか、色んな新製品が仕上がって来て、
釣りに行ってこいや!
と、後ろからシバかれてる感が・・・^^;

そうですね・・ジギングで美味しい物もGETしたいですし、
関東のイベントと、ロケ、関西の雑誌取材が終わり次第、ジギングにも行ってきます♪


そう言えば・・村上さん。。連絡ください><b
あにき・・イベントの打ち合わせしたいのに連絡取れません^^;

11月は・・何かとバタバタしそうで。。。やばいです

が・・頑張らねば。。。

11/07 追記

旧ジガー1500にも装着可能です♪
自分が付けてみましたのでUPします



コメントを見る

藤沢 周郷さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!