プロフィール

佐藤 恭哉

鳥取県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:22
  • 昨日のアクセス:146
  • 総アクセス数:256761

QRコード

ボトムに着く良いサイズのメバル。

大型のスズキを狙えるハイシーズン。


だけど、メバルも良いサイズが期待できるのも今の時期。


いつもなら、間違いなくスズキの方を狙っている。


だけど、この日はメバル。


たまにはまったりと釣りを楽しむのも良い。


釣行頻度からスズキ〉メバルと思われてしまうかもしれないけど、メバルも大好きな魚。


経験はまだまだ浅く下手くそだけど、それでも楽しくやってるつもり。


さて、潮は若潮。


漁港での釣りでは、個人的には満月大潮よりもやりやすい。


潮の動きより月明かりの話し。


満月だと明暗も薄くなりますからね。


後は、毎日釣りに行けるわけじゃないから、潮がどうだとかは考えすぎないようにして、その日の状況に合わせていくことを考えているつもり。


さて、いつものようにポイント確認。


先ずは岸際の確認。


見えないところは軽くライト照らして確認することもあります。


魚が居るか居ないかわかるだけでも、情報量がだいぶ変わる。


先ずは上から。


リッジ35fでゆっくり引いてはじわ~っと浮かせてアプローチさせていく。


小型をメバルのチェイスがあるもののちょっと違う感じ。


続いてジェイドを巻かず1枚下を見せて漂わす。


カツンと金属的なバイト。


ランディングでポロリ。


その後もバイトはあるものの、レンジが合っていないのかフッキングに至らない。


次はレンジを一気に下げてボトムを責める。


スパッシュワームにジグヘッド3グラム。


明暗の境目にキャストしボトムを軽くバンピングさせてアプローチ。


ボトムを責めて1投目。


ドン!


重くトルクのある引きを堪能させてもらった。



尺には届かなかったけど、このエリアでこのサイズならオッケーでしょ。


続いてワームを交換して。


ボトムまで沈めてゆっくり漂わす。


巻きすぎないことを心掛け、流れに乗せてあげるだけ。


これもなかなか良いサイズ。


やっぱりレンジを合わせる事が本当に重要で、プラグで攻めたレンジをワームで通しても、同じようにバイトはあるがフッキングまで至らない。


着いているサイズの違いもあるけれど、メバル釣りは本当にレンジを攻略していくことがキモだと思う。


最後はカサゴ。


カサゴは裏切らないね。


〈タックル〉
ブルーカレントll 74
セオリー2004
山豊テグス PEライトゲーム0.3号

コメントを見る

佐藤 恭哉さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!