プロフィール

川本 斗既@ガチ

島根県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

タグ

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:79
  • 昨日のアクセス:28
  • 総アクセス数:639069

QRコード




とある10月末の話


今回はRED氏・森テシター氏の両名がシーバスマガジンの取材で島根県入りという事でご一緒させていただく事となりました。


自分の住んでいる県西部ではなく東部の出雲・松江エリアという事もあり、ガイドというよりはかなり?いや、ほぼアウェイのゲスト状態。


今回はシーバスマガジンの取材だったのですが何が大変だったってとにもかくにも台風


そう台風・・・・・


よく嵐を呼ぶ男という表現がありますがどちらがそうだったのでしょう?(笑)


というくらい連れて来て連れて帰りました(爆)


今回、台風の雨やそれに伴う増水や濁りにゴミ、爆風と大抵の悪条件が揃う中


そこそこシーバスの顔が拝めたのは良かった?のではないでしょうか。


ホームではないので何が正解で何がダメだったのか皆目検討もつきませんが


たとえ悪くても良し!としておきたい所です(笑)


ホントのところもう少しどうにか出来たのかな?という思いも多少ありますが


あの状況と情報の中ここまでやりきれたのも、各所でサポートしていただきましたローカルアングラー


夏風邪さんや梶谷さん含め多くの皆さんのお陰にほかなりません。


本当にありがとうございました。m(__)m


今回唯一心残りがあるとすれば森テシターの罰カレーが最後まで続かなかった事でしょうか?(爆)


旅の回想だけでは面白くないので現地での1コマからルアーの話でも


取材3日目か4日目だったのでしょうか?


とあるポイントに入った時の事


ベイトはサヨリ・イナッコ・あと黄色っぽい尾びれのが見えたからサッパ?かな


RED・森テシターの両氏が同じポイントへエントリー


私はベイトチェックがてら違うポイントを点々と


ふと両氏の方を見るとRED氏がトゥイッチやジャークを織り交ぜ軽快に掛けています♪


バグラチオンかランダムトゥイッチャーでも使ってるのかな?


なんて思いながら見てました


勿論、森テシターはバラしまくりです(笑)


私の居たポイントはベイトは居るものの何をどう通してもシーバスからの反応は得られない


そこで両氏の元に戻り脇を撃っていた時の事


R) ホイッまたきたよ~♪


と掛けています


何を使ってるのかと見るとスケアクロウ


私はスケアクロウを持っていなかった為それらしい動きの出せそうな


サイレントアサシン99Fのリップ折りやシンペンを通すも不発


????


もう居ないのか?


なんて思っていると森テシターが


森) あっあっあの~しっ師匠すっすっスケアクロウを1つ私目にお譲りいただけないでしょうか?


R) グェッヘヘヘ~いいけど現地売り¥5000ねっ


森) たった高いのではないでしょうか?


R) じゃまけてやるよ¥4980ねっ


森) いっいやぁ~~~っまだ高くはないでしょうか?


なんて会話の後になんとかスケアクロウをゲットした森テシター氏


その数投目


森) あっあぁぁきっきましたぁwww


よもや悲鳴か?


というよな声で叫んでいます(笑)


8fanritb44yvxhon773z_690_920-4579cbe7.jpg


スケクロすげぇなぁなんて思いながら写真撮影中に横からかすめ捕ってやろうと


下心満載で森テシター氏が出したポイントを撃ちますが何故か出ない


流石にもう居ないか?


なんて思ってるとRED氏が


R) グェッヘヘヘ~またきたよwwwこれはもうパターン入ったねぇ♪


zmamn67g9r8mrfv6bcfp_920_690-6c58fdf5.jpg


なんて言って写真撮影


・・・・・・


_| ̄|○


居ない訳じゃないのか?


するとRED氏が


R) 川本さんスケアクロウ持ってないの?


川) 持ってないっす


R) 森君ボックスの中にもう1つあるから川本さんにあげて


川) アザぁ~~っす 支払いは森君のつけでお願いします♪


なんて会話の後


さっきから叩いてるポイントへキャストし馴染んだら軽く一発ジャーク


その後ステイ


で、ドンッ


ドンッ???


先程まで散々色んなルアーを通して出なかったのに


スケアクロウなら出る


正にドハマリな状況


なんとRED氏とのスケアクロウのダブルヒット


久々にスゲェ~~って思った瞬間でした


写真はシーマガの方に載ってるかな?


ナチュラルライクなルアーの為サーチベイト的な存在ではありませんが


ひとしきり釣りきった後のフォローにかなりの威力を発揮します


皆さんも新たな一手として如何?でしょうか


その後どしゃ降りのどちゃ濁りの中ひたすら振る森テシターを横目に


vurrkz7hud939shtkfci_920_690-2edff175.jpg


B-太80SR(残念ながら製造休止中)がどハマリな状況に遭遇したり


ws2h4gcstrfoyw2498jp_920_690-99378594.jpg


9stixy6p9673nnoi6ey9_920_690-bb2ba3da.jpg


KomomoⅡ90が爆ったり


xowae85hjgf6ng9m6vgi_920_690-e3434c3e.jpg


安定のSasuke120裂波で鬼のようなセイゴ地獄に遭遇したり


4ecoceo4sregpaxcdn36_920_690-92b3bc7f.jpg


イナッコ着きで安定釣果のmolmo80で何故か釣ってはいけない人がランカーだったり(苦笑)


6mwgjtjmnyzhm9ki939n_690_920-07f29a34.jpg


最後の最後まで振り抜きました


s549m7d8aatfsmtoksdy_920_690-22272827.jpg


ドタバタではありましたが新たな友も出来楽しい取材となりました♪





皆さん本当にありがとうございましたm(__)m








オマケの1コマ


普段、変顔の多いRED氏の真面目な?顔を拝んだり


i2szycfrpimkh4ytin87_690_920-68b185d3.jpg


撮られてる事に気付かず爆睡する森テシター


2epvxyjb549x7g2z5kwm_920_611-6df18a6b.jpg


そして撮られてる気配に気付いて寝起きにもかかわらず変顔サービスを忘れないRED氏(爆)


x6taxbderxc2f8w2pgmx_920_611-b158684d.jpg






お知らせ






シーバスマガジンにも書かれてましたのでお知らせなのですが

pbtjmi3ey5kx9vs7a7r6_690_920-81c0f8bf.jpg

まぁお知らせというと少々大袈裟ですが

2012年に1年間imaモニターをさせていただきましたが

この度縁ありまして2014年よりima アムズデザインさんにテスターとして加わらせていただく事となりました

皆さんもご存じのようにimaと言えば、シャローに革命をもたらしたkomomoや

タックルオブザイヤー2012でV4を達成したsasuke120裂波など

数々の名作ルアーを世に出しているメーカーです


そして多くの錚々たるテスターの方々が在籍しておられます


テスターというとなんだか仰々しく自分に何が出来るか分かりませんが

自分の気持ちとしてはコアなimaフリーク

imaヘビーユーザーといった感じで

その地区のimaファン代表として皆さんとメーカーとの橋渡しになれればなと思っています

そして、ユーザーの皆さんがima商品の購入を検討される際の目安や

ima製品を通してルアーフィッシングの楽しさ等をお伝え出来ればと考えておりますので今後ともよろしくお願いいたします

それとこの機会にプロフィールなどの紹介でもしたいと思います

生活圏といいますか活動範囲は島根県西部を中心に県東部から広島、山口を主に釣りあるいています

釣り自体は物心ついた頃から小学校時代は川でハヤやコイ、フナなどを釣ったり

一時間ちかく自転車を漕いで渓流にヤマメやゴギ、イワナを釣りに行ってました

中学生になるとバスに目覚めひたすらダムに通う日々を過ごしました

高校に上がると何故か釣りはせず、バンドやったり

バイクを乗り回したり♀のケツを追い回す日々で色々とお世話を掛けたものです(笑)

社会人になってバス熱が再開するのと同時に車という物を得た為行動範囲が拡がり

シーバスや青物に足を運ぶようになる訳ですが

その当時のルアーといえばラパラのCDシリーズやロングAといった物が主流で

しばらくしてシーバスハンターやザファーストやK-TENなどが出て来る訳ですが

今考えるとほとんどのルアーがまぁ飛ばない(笑)

そういう意味では重心移動システムは革命的だったのを良く覚えています

だからあの手この手でルアーに細工をしたり

届く所に行けばいいのだと、鎌と鋸とロープを持って日々ポイントの開拓をしたものです

まぁ今も鎌と鋸とロープを持ってやってますが(笑)

そして現在に至る訳ですが

現在はというと春はアジングとかフライでトラウトをしたり稚鮎着きのシーバスやイワシ着きの青物をやり

夏はほぼ鮎にベッタリ

秋は広島へコノシロ着きのシーバスに通い

冬はメバリングやアジングというサイクルで1年を過ごしています

因みにガチというハンネの事をよくどういう意味で?

と聞かれるのですが、特別理由がある訳ではないんですが

どんな魚ともガチンコで真正面から向き合って勝負したいという気持ちから

ガチンコのガチを取ってハンネにした訳です

時々街中で突然ガチさん!

って呼ばれる事があるんですが、そんな時は大抵恥ずかしいから聞こえないフリしてムシします!(笑)

だから街中で呼ばないで下さい!(爆)


コメントを見る

川本 斗既@ガチさんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!