プロフィール

ファンキー山岡

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アーカイブ

2017年12月 (5)

2017年11月 (4)

2017年10月 (4)

2017年 9月 (1)

2017年 8月 (2)

2017年 7月 (4)

2017年 6月 (1)

2017年 5月 (6)

2017年 4月 (3)

2017年 3月 (6)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (4)

2016年12月 (4)

2016年11月 (5)

2016年10月 (6)

2016年 9月 (1)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (2)

2016年 6月 (5)

2016年 5月 (6)

2016年 4月 (6)

2016年 3月 (5)

2016年 2月 (4)

2016年 1月 (4)

2015年12月 (4)

2015年11月 (4)

2015年10月 (9)

2015年 9月 (8)

2015年 8月 (5)

2015年 7月 (4)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (2)

2015年 3月 (1)

2015年 2月 (2)

2015年 1月 (2)

2014年12月 (3)

2014年11月 (3)

2014年10月 (4)

2014年 9月 (6)

2014年 8月 (4)

2014年 7月 (5)

2014年 6月 (4)

2014年 5月 (6)

2014年 4月 (5)

2014年 3月 (3)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (7)

2013年12月 (7)

2013年11月 (5)

2013年10月 (5)

2013年 9月 (6)

2013年 8月 (5)

2013年 7月 (6)

2013年 6月 (6)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (9)

2013年 3月 (6)

2013年 2月 (3)

2013年 1月 (7)

2012年12月 (8)

2012年11月 (8)

2012年10月 (10)

2012年 9月 (12)

2012年 8月 (8)

2012年 7月 (4)

2012年 6月 (11)

2012年 5月 (15)

2012年 4月 (14)

2012年 3月 (8)

2012年 2月 (7)

2012年 1月 (12)

2011年12月 (10)

2011年11月 (9)

2011年10月 (11)

2011年 9月 (13)

2011年 8月 (7)

2011年 7月 (22)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (10)

2011年 3月 (12)

2011年 2月 (11)

2011年 1月 (9)

2010年12月 (5)

2010年11月 (5)

2010年10月 (7)

2010年 9月 (5)

2010年 8月 (15)

2010年 7月 (15)

2010年 6月 (7)

QRコード

5fsz6mvuyfxn5oerk3j7-26b33424.jpg
EoGDYPO96ZYXJBEhxHdc-0802ad12.jpg
75wtEgxmUYa8Nty9W7ZW-debf5a1a.gif
2iRE9fOG7EwYJ7KBwPvL-14102887.gif
MmRyvpODO2zLdPAEWUG3-52999a6c.jpg
9zabokej2xdesuoefdum-407eeef5.gif
atdtd5jvu2z2i74x4tp9-e4c90735.gif
FiOLswg4iADPAgigDxeJ-add84847.gif
n7ZFUCciwjzF2KtKTBmK-2be34ad2.jpg

キャッチ&キャッチー

  • カテゴリー:日記/一般
釣った魚は自分で〆て自分で捌いて家族に食べさせて
「旨いか?」と訊いて
「旨い!」と返事が帰ってきて
家族で「ごちそうさまでした」の感謝の言葉を言うまでが釣り。
とどこかに書いたことがあります。

「いただきます」が抜けていました。
「いただきます」は、
われわれが生きて行くためには絶対に必要な感謝の言葉です。
無念ではありますが
このように文書では抜けてしまうことがあっても
実際の食事の時や〆る時には
感謝を忘れてはいけません。

さておき

俺が魚を捌けるようになったのは
先輩の言葉があったからです。
その言葉は
「魚を捌けるようになったら一人前の釣り師」
スポーツフィッシングって言葉が有ったか無かったか?
くらいの時代の先輩ですから
リリース前提のスポーツフィッシングならば
「針の穴以外のダメージを与えずにリリース出来て一人前」
とかになるんでしょうね。
しかも
「下手なファイトでフックホールを広げるなかれ」
とか言い出すでしょうね。

俺はキャッチ&イートですから、
命を頂いて生きる感謝を忘れないようにしています。
もう1匹もう2匹、釣れるほどの時間をかけて
丁寧に魚の休める様な環境のタイドプールを見つけて、
例えば日陰とか!
じっくりアミノ酸値の回復を待ち
完璧な〆、血抜きをします。
同じ頂くなら最高に美味しく頂きたいからです。
ちなみにアカン血抜きの魚はいくら新鮮でも不味いです。
俺の経験だけで言って申し訳ないですが
「血の扱いが悪い捌きは旨さを半減させます」
と言うことは現場でしっかり血抜きをした魚は!
「めっちゃ美味い」のです。

完ぺきに
完ぺきに
と考えていると必要以上にキープしないどころか
釣っている時間がなくなります(笑)

魚屋さんと魚料理屋さんに俺の魚を食べさせた事が
ありますが
「卸してくれ」と頼まれました。
答えは、お断りしました。
というより無理です。
一匹一匹丁寧にしますから
「経営」の足引っ張る日が来ますし
それに俺は漁師さんじゃないですからね
「釣りのプロ」とジャンル分けされる所に居ますが
俺は「プロモーション」の語源の方だと思っています。
それにここ5年ほど俺の名刺には
「フィッシングパフォーマー」
と肩書きしてあります。
雑誌に出させていただいたり書かせていただいたり
その他、色々とさせていただいて感謝です。
話がずれましたが

最近プロやテスターを目指されている方から
メッセージが来て
「どうしたらいいですか?」
みたいなのが多いです。
俺は必ずこう答えます。

『釣りニュース』さんに投稿しなさい。

毎週毎週欠かさず書かせてもらいなさい。
旬な情報を
人様の生活が掛かった所で責任を持って書く
お金をだして買われる読者の皆さんの前に出す。
それは俺が釣りニュースさんから始めたからで
他の方法は知りません。

俺は一流ではありませんが
こうして続けていれる事は
皆様への感謝と
釣りニュースを書いたこと
勿論そのまえからブログは書いていましたけどね。

ながながと書きましたが
みなさんも
釣りニュースさん

ルアーニュースさん

週替わりの超スピード社会で
「おもいっきり旬な原稿」
挑戦させていただいたらいかがでしょう?

あ!原稿の
文章は抜けないように注意してくださいね。
それと
原稿のタイトルは
編集部さんに任せたほうが良いですよ♪
めちゃ「キャッチー」なタイトルにされますから!
それを勉強させと頂くつもりで!

そう!そう!
俺は休ませて〆血抜き!

ですが。。。
クーラーや移動中の魚のことも
気にしているんです(笑)
そして
捌いて!
盛り付け・・・
この盛りつけが。。。
この盛りつけが・・・。
いつまでたっても下手なのです。無念。
シソの位置が悪かったり
並べ方がアカンかったり
バランスがどうも。。。
超美味い魚ですから
盛りつけなんてもんはぁ!
て・・・ことはないんです。
感謝の気持ちでちゃんと飾ってやらんとあきません!
修行します!

去年
地球丸さんのSALTWATERに
「麦わら帽子で楽しいラ」
「楽しいな」と「シイラ」
夏は麦わら帽子・・・
夏だ!シイラだ!楽シイラ!
俺の渾身のタイトル・・・

アカンかったです(泣)

まそんな感じです。

ではでは!











 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!