vytfhvwicuba9knthgk8_180_59-87ea59fe.jpg

o5m2bi8wihxzgk8xee8m-44dc6f70.gif


5ifd79yc6zfz8d599ea3-d63d86c6.jpg


プロフィール

赤塚ケンイチ-KEN

北海道

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/7 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

:

アーカイブ

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:493
  • 昨日のアクセス:627
  • 総アクセス数:4063549

QRコード

極北カナダ釣旅⑤北極イワナ

極北カナダ釣旅⑤

①はこちら


アークティックチャー(北極イワナ)への挑戦の時間が迫ってきた。
あの鮮烈に赤いスポットが見たくてここまで来たんだ。




泊まるロッジがコレ

fxzvnv7wu6ncuwx4ub7r_480_480-0e8d10f3.jpg


中はベッドが4つだけど、2人で使う。
僕はドイツから来た男と同室。
英語が堪能な人なのでコミュニケーションはとれた。

buvih5i4ctbrifk5pibm_480_480-0070cdf5.jpg




昼食

北極イワナの燻製
ビックリした
期待してなかったのにすごく美味い。
燻製という処理をしているからとかではなく、身にしっかりとした味がある。

しかも赤身である。

dwi4gyijjh7whgdu6hik_480_480-293ff503.jpg





ボートで激流を上る。

川幅のある広瀬の真ん中にアンカー撃ち、両サイドを釣る。
ご当地の35gくらいありそうな、ひらべったいスプーンでアップクロスキャスト。ボトムを取りゴンゴンゴンと感触を聞く。流しきったら回収して繰り返し。


ifkfsxxfvhypk2vo6i33_480_480-d4e1c73b.jpg


今年の遡上数はどうなんだろうか。
北海道でも河川でサーモン釣りが出来る川が数本あるが、その年によって、または天候によっても遡上数は増減する。

雨が少なく渇水気味では川への寄りが悪いし、雨が多く水温が例年よりも低かったりしたら、遡上は早い。

ここは例年と比べてどうなんだ。



水はとても豊富に見える。
そしてかなり冷たい。10℃~12℃だろう。
良さ気な感じはする。


肝心なアタリはどうかいうと、数投、十数投なにもない。

これだけ広い川幅だ。
じっくり刻んでいこう。


しかし風がないと暑い。
汗をたらふくかく。
汗をかくとアブやブヨや蚊が寄ってくる。

蚊にはあんまりやられないが、アブやブヨにはやられる。
この釣れない短時間にも結構やられた。
ジャングルなどに行くときも虫除けは持っていかないので、持ってない。まいったな。



ゴン!


おおお、き、来たぞ




間もなく回収かという位置で食ったから、この厚い流れも手伝って重く引く


この川での使用ロッドはBeams7.8Mプロト

kf2mbngntb7fcsdj3w32_480_480-dcb28fd0.jpg



大きくはないが、初アークティックチャー

ずっとずっとこの手に持ちたかった魚だ

感慨深い

hxdf777n2b5zzzohovgr_480_480-6d0dff65.jpg

メスだ。釣りたいのはオス。
しかしスポットの色が出ていない。
嫌な予感。もしかして今回の釣行、時期が早かったか・・!
(濃いピンクや真っ赤や濃いオレンジのような色)



陸っぱりでやるのか、ボートからやるのかという情報が無かったので一応ウェーター一式は持っていった。今回はパズデザインさんで揃えた。


ehfxyspcoye9k9ne8npj_480_480-80d4a6c7.jpg



あまり激流エリアではボートを置いて陸っぱり。上のウェーダーを持ってきておいて良かった。

oiek6ie3rg4ctg9g344t_480_480-2d171787.jpg




こんな風に流れはかなり強い。北海道でいうならば台風後の大荒れの川のようである。しかしここは水が綺麗なので、これが普通なのだろう。凄まじい。ここに住んでいれば、そりゃ良質な筋肉ができあがって引きが抜群の魚になるわな。

kds7xg7fbtuacztufw6y_480_480-98b5ba00.jpg



avm5zbg45456a8bvzgg9_480_480-0de2f10d.jpg



あまりに流れが激しすぎるエリアは高巻き

iz3zfwy842a8swj6v739_480_480-94061f69.jpg

ここもかなり強い

あの強い流れにスプーンが飲まれ、力強くハンドルを巻き脱出を試みたタイミングで、あそこから魚がスプーンを見にでてきた。残念ながらバイトにはいたっていないが。
信じられないけど、あの中や脇にいる。
見た目はアメマスそのものだが、モノが違う。

so8gf2j73gabroetg9vn_480_480-79c7ebd9.jpg



午後からの釣りはあっという間に終了。

なんとこの釣り、明日の午前中しかできない。午後にはセスナでレイクに戻らなければならないスケジュールなのだ。

なんとか攻略しなければ。



⑥に続く



 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!